ホーム > mixiユーザー(id:1471688) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:1471688)

日記一覧

皆様、お今晩は。上野の森美術館にて6月7日迄開催中の「日経日本画大賞展」に行って参りました。その感想です。「東山魁夷記念 日経日本画大賞」は、次代の美術界を担う新進気鋭の日本画家を表彰する制度として日本経済新聞社が2002年に創設したものです。本

続きを読む

皆様、お今晩は。6月7日迄東京国立博物館平成館にて開催されている一大イヴェント「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」の後期に行って参りました。平日朝なのに140分観るのに時間が掛かった「鳥獣人物戯画」甲巻の話題は抜きにして語りたいと思います。誰もが一

続きを読む

皆様、お今晩は。竹橋にて昨日から開催されているMOMAT コレクション展に行って参りましたが、気合の入り方が半端じゃありません。今回画像を敢えて載せないのは先入観を持って欲しくないからなのであります。今回驚いたのは全館の配置替えを断行している事で

続きを読む

皆様、お今晩は。宮内庁三の丸尚蔵館にて6月21日迄開催中の「鳥の楽園」(後期)に行って参りました。本展では,当館が所蔵する19世紀から現代までの作品を中心に,国内だけでなく,海外のものも含めて,鳥を主題とした作品の数々を紹介いたします。美しい宝石

続きを読む

皆様、お今晩は。三井記念美術館にて6月10日迄開催中の激渋展示「日本屈指の経営史料が語る三井の350年」展を観て参りました。三井文庫の財団設立50周年、三井記念美術館の開館10周年を記念する記念特別展の第一弾として、「三井の文化と歴史」展を開催いたし

続きを読む

皆様、おはようございます 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 上半期終了間近です *****************************

続きを読む

皆様、お今日は。佐野眞一さまの『私の体験的ノンフィクション術』集英社新書を先日読了致しました。その感想です。新世紀になろうと、IT時代に突入しようと、人間が生きるうえで調査し、情報を集め、それらを評価して自分のものとする道筋に大きな変化はない

続きを読む

皆様、おこんにちは。密林で罵詈雑言の嵐になっている美月ありこさまの『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』祥伝社刊を随分前に読了致しました。その感想です。 私は日本とイギリスの航空会社に合計16年間、キャビンアテンダントとして勤務し、多く

続きを読む

昨日・今日と……
2015年05月21日12:31

皆様、おこんにちは。本日は快晴でしかも休みなのでありますが、昨日夜に椅子が壊れたので机に座ることも出来ず、今朝一番にてホームセンターでパイプ椅子を購入し、更にヤフーショッピングにて代わりの椅子を注文したのでどこに行く気力も無く部屋の掃除をし

続きを読む

皆様、おはようございます 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 もうそろそろ一段落する時期ですねぇ…… *******************

続きを読む

皆様、お今日は。5月17日迄となった練馬区立美術館30周年記念展覧会「没後100年 小林清親展 文明開化の光と影をみつめて」に遅ればせながら行って参りました。幕府の下級役人の子として生まれた小林清親(こばやし・きよちか1847〜1915)は、江戸幕府の崩壊

続きを読む

皆様、お今晩は。東京国立博物館平成館にて6月7日迄開催されている特別展「鳥獣戯画−京都高山寺の至宝−」展に行って参りました。誰もが一度は目にしたことのある、日本で最も有名な絵巻、国宝・鳥獣戯画。墨線のみで動物や人物たちを躍動的に描いた、日本絵

続きを読む

皆様、お今晩は。本日東京藝大にて開催されていた夢の浮世絵展覧会である「ハイカラ」最終日と東京国立博物館平成館にて開催されている「鳥獣戯画 京都高山寺の至宝」展の再見に行って参りました。今回の鑑賞は「オリジナルよりも良い模倣」と「何時行っても

続きを読む

皆様、おはようございます 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 GWが明けてラストスパートが掛かるものが多くなっております。 ********

続きを読む

東京藝術大学美術館では「ダブル・インパクト」をやっていて本日再見したのですが、限りなく4ツ星に近い三ツ星半と言う評価なのでありますが、陳列館でやっている無料展示「ハイカラ」と併せれば堂々の4ツ星進呈できます。まさかスポルティングコレクション(

続きを読む

皆様、おはようございます。6月28日迄渋谷Bunkmura ザ・ミュージアムにて開催中の驚愕の大展覧会「ボッテチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」を観て参りました。今回は展示品について語る「後編」です。15世紀、花の都フィレンツェでは、銀行家でもあ

続きを読む

皆様、おはようございます。6月28日迄渋谷Bunkmura ザ・ミュージアムにて開催中の驚愕の大展覧会「ボッテチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」を観て参りました。今回はお勉強も兼ねて前編です。15世紀、花の都フィレンツェでは、銀行家でもあったメデ

続きを読む

皆様、お今晩は。5月24日迄渋谷区立松濤美術館にて開催されている特別展「いぬ・犬・イヌ」展の後期展示に行って参りました。渋谷というと、誰もが思い起こすのは忠犬ハチ公の像です。イヌは、主人に誠実な性質から、「人間の最良の友」と称され、最も人に親

続きを読む

皆様、お今日は。山種美術館にて6月21日迄開催の特別展「松園と華麗なる女性画家たち」展に行って参りました。「一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香(かおり)高い珠玉のような絵こそ私の念願とするところのものである」と語った日本画家・上村松園

続きを読む

皆様、おはようございます。5月17日迄根津美術館にて開催中の特別展「燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密」展に行って参りました。2015年は、享保元年(1716)に59歳で没した尾形光琳の300年忌にあたります。それを記念して、当館が所蔵する「燕子花図屏風」

続きを読む

皆様、お今晩は。泉屋博古館分館にて5月10日迄開催中の「小川千甕 縦横無尽に生きる」展を観て参りました。その感想です。小川千甕(おがわ・せんよう 1882〜1971)は、明治末期から昭和期までの長きにわたって、仏画師・洋画家・漫画家・日本画家として活

続きを読む

皆様、おはようございます。首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 GWに入って凄い展覧会が終了間近、お見逃しなく!**************

続きを読む

皆様、お今晩は。5月6日迄三井記念美術館にて開催されている「三井の文化と歴史(前期)茶の湯の名品」展に行って参りました。三井記念美術館収蔵の茶道具は主に北三井家、室町三井家、新町三井家から寄贈されたものですが、蒐集された経緯や道具の趣は家によっ

続きを読む

皆様、お今晩は。6月21日迄宮内庁三の丸尚蔵館にて開催中の「鳥の楽園−多彩,多様な美の表現」の中期に行って参りました。(中期:4月25日(土)〜5月17日(日))本展では,当館が所蔵する19世紀から現代までの作品を中心に,国内だけでなく,海外のものも含

続きを読む