ホーム > mixiユーザー(id:1471688) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:1471688)

日記一覧

皆様、お今晩は。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「實業と美術 たば塩コレクションの軌跡」(3月23日(土)〜5月12日(日)たば

続きを読む

皆様、お今晩は。銀座三丁目のシャネル・ネクサス・ホールにて4月7日迄開催中の「ピエール セルネ&春画」展に行って参りました。その感想です。シャネル・ネクサス・ホールでは2019年3月13日から4月7日まで フランス人アーティストのピエール セルネの写真作

続きを読む

皆様、お今晩は。三羽省吾先生の『JUNK 毒にもなれない裏通りの小悪党』双葉文庫刊を読了致しました。その感想です。抗いがたい力によって掏摸を続ける男が掏摸集団にスカウトされる。そこで出会う個性豊かな人間たちとは…「指」。失業中かつ恋人の部屋に居

続きを読む

皆様、お今晩は。三羽省吾先生の『刑事の血筋』小学館刊を読了致しました。その感想です。キャリアの兄とノンキャリの弟は、刑事だった父の汚名を雪げるか?警察庁の刑事局組織犯罪対策部薬物銃器対策課に所属していた高岡剣は、異動で故郷・津之神市に戻って

続きを読む

皆様、お今晩は。ミランダ・ジュライ様の『いちばんここに似合う人』新潮クレスト・ブックス刊を読了致しました。その感想です。水が一滴もない土地で、老人たちに洗面器一つで水泳を教えようとする娘(「水泳チーム」)。英国のウィリアム王子をめぐる妄想で頭

続きを読む

皆様、お今晩は。4月1日迄渋谷ヒカリエ8Fの小山登美雄ギャラリーにて開催中の柏原由佳 展「Polar Green」に行って参りました。その感想です。この度、8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryでは、柏原由佳展「Polar Green」を開催いたします。 柏原の絵画制

続きを読む

1970年代のメキシコ。メキシコシティ近くのコロニア・ローマ地区で医者のアントニオ一家の家政婦として暮らすクレオ(ヤリッツァ・アパリシオ姐さん)は、4人の子どもたちにも懐かれている。ある日、アントニオ(フェルナンド・グレディアガさま)は会議で遠出す

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「

続きを読む

【映画】『運び屋』
2019年03月22日18:41

90歳のアール・ストーン(クリント・イーストウッド御大)は、妻(ダイアン・ウィースト姐さん)や娘(実の娘さんのアリソン・イーストウッド姐さん)を二の次にして仕事一筋に生きてきたが、商売に失敗した果てに自宅を差し押さえられそうになる。そのとき彼は、

続きを読む

皆様、お早うございます。真藤順丈先生の大作『7日じゃ映画は撮れません』実業之日本社文庫をつい先程読み終えたところです。早速ですが、その感想です。映画への制御不可能な愛と情熱が迸る圧倒的巨編! 亡き恩師からいわくつきの脚本を託された若き映画監督

続きを読む

【映画】『翔んで埼玉』
2019年03月22日07:45

東京都民から冷遇され続けてきた埼玉県民は、身を潜めるように暮らしていた。東京都知事の息子で東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂ふみ御嬢様)は、容姿端麗なアメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKTさま)と出会い、惹かれ合う。

続きを読む

皆様、お今晩は。以前にも書きましたがロンドン・ナショナル・ギャラリーの史上初となる海外展が来年東京と大阪で開催されて、ゴッホの『ひまわり』が初来日することは書きましたが、今回リニューアルされた公式HPを見て仰天。フェルメールにヴェラスケス、フ

続きを読む

皆様、お今晩は。宮内庁三の丸尚蔵館にて4月21日迄開催中の平成最後の展示となる「御即位30年・御成婚60年記念特別展「御製・御歌でたどる両陛下の30年」」展に行って参りました。その感想です。本展は,天皇陛下のご即位30年を記念するとともに,天皇皇后両陛

続きを読む

皆様、お今日は。三羽 省吾先生のデビュー作である『太陽がイッパイいっぱい』文春文庫刊を読了致しました。その感想です。大学が「おもんない」と行くのをやめた、三流大学4回生の青年イズミは、バイト先の解体業者でスカウトされ<マルショウ解体>の一員に

続きを読む

皆様、お今日は。中山可穂さまの『娘役』角川文庫刊を読了致しました。その感想です。宝塚歌劇団の若手娘役・野火ほたるは新人公演でヒロインに抜擢され、一期上の憧れの男役・薔薇木涼とコンビを組むことになる。ほたるの娘役としての成長と、バラキとのコン

続きを読む

皆様、お今日は。中山可穂さまの『男役』角川文庫刊を読了致しました。その感想です。宝塚トップになって二日目に舞台事故で亡くなった50年前の伝説の男役スター・扇乙矢。以後、大劇場の奈落に棲みつく宝塚の守護神ファントムさんとして語り継がれてきた。大

続きを読む

パタパタの近況報告
2019年03月17日15:29

皆様、お今日は。連日映画を観たり、ギャラリーに足を運んだり、その合間に読書したりとインプットは激しいのですが、木曜日と土曜日は朝まで新宿の「深夜+1」にて呑んでいる為感想が溜まっております。読んだ本は、中山可穂著『男役』(角川文庫)宝塚歌劇

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「

続きを読む

皆様、お今晩は。Netflixオリジナルドラマ『セックス・エデュケーション』ファストシーズン全8話を鑑賞致しました。その感想です。高校生のオーティス(エイサ・バターフィールドさま)は母親のジーン(ジリアン・アンダーソン姐さん)が性に対して奔放で、仕

続きを読む

皆様、お今晩は。真藤順丈先生の『庵堂三兄弟の聖職』(角川ホラー文庫刊)を読了致しました。その感想です。遺体から様々な製品を作り出す「遺工」を家業とする庵堂家。父の七回忌を機に、長男・正太郎のもと久々に次男の久就、三男の毅巳、と言う三兄弟が集

続きを読む

皆様、お今晩は。国立西洋美術館本館にて5月19日迄開催中の特別展「国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」に行って参りました。その感想です。20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887−1965)が設計した国立

続きを読む

18世紀初頭のイングランドの人々は、パイナップルを食べることとアヒルレースに夢中になっていた。体の弱いアン女王(オリヴィア・コールマン姐さん)の身の回りの世話をする幼なじみのレディ・サラ(レイチェル・ワイズ姐さん)が、権力を掌握していた。ある日、

続きを読む

裏社会屈指の始末屋、シティーハンターこと冴羽リョウ(神谷明さま)は、モデルの進藤亜衣(飯豊まりえ御嬢様)からボディーガードを依頼される。亜衣がキャンペーンモデルを務めるIT会社の社長・御国真司(山寺宏一さま)は、リョウの相棒・槇村香(伊倉一恵姐さ

続きを読む

1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン御大)は、クラブの改装が終わるまでの間、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリさま)の運転手として働くことになる。シャーリーは人種差別が根強く

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 な

続きを読む

皆様、お今晩は。東京都美術館にて4月7日迄開催中の絢爛豪華な特別展「奇想の系譜」展の前期に行って参りました。その感想です。本展は、1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づく、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版です。岩佐又兵衛

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「The 備前―土と炎から生まれる造形美―」(2月22日(金)〜5月6日

続きを読む

皆様、お今晩は。ジョーダン・ハーパー著の『拳銃使いの娘』(ハヤカワ・ポケットミステリ刊)を読了致しました。その感想です。11歳のポリーの前に、刑務所帰りの実の父親ネイトが突然現われた。獄中で凶悪なギャング組織を敵に回したネイトには、妻子ともど

続きを読む

皆様、お今晩は。真藤順丈先生の『宝島』講談社刊をようやく読了致しました。その感想です。英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染み、グスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少

続きを読む