ホーム > mixiユーザー(id:1471688) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:1471688)

日記一覧

皆様、今年も色々と愚痴や不満を読んで頂きまして有難く思っております。思えば今年は色々とありました。人生二度目の入院を筆頭に施設警備二級受験→落第、そして止めは財布が未だに見つからないことですが、新年になったら腹を決めて銀行のキャッシュカード

続きを読む

皆様、お今晩は。年末と言う事で今年の締めくくり2015年度展覧会ベスト10を選出致します。今回は必ずしも5つ星展示ばかりでは無く4つ星も入れています。1.「黄金伝説展 古代地中海の秘宝」現在、西洋美術館にて開催中の展示が「グエルチーノ」展を抜いて一位

続きを読む

大晦日の悲喜こもごも
2015年12月31日12:58

皆様、おこんにちは。元日より仕事なのでありますが、前の職場と違って去年も書いたとおもいますが、ホントに今日から三が日まではやることが無いのであります。考えているのは塩野七生先生の『ローマ人の物語』が10巻分揃ったのでそれを通読するか、或いはラ

続きを読む

大掃除に関して先程は否定的な内容を書いてしまったのですが、やらないよりはやった方が良かったのでして若干ではありますが、図録の山が低くなったのとゴミや不用品も併せて捨てたので床回りに少しだけ余裕が出て参りました。(;'∀')とは言え一か月に一度は

続きを読む

皆様、御今日は。ブックオフの宅配引き取りサービスが来たのですが、実質上は宅本便と変わらず大半の図録が処分出来ない侭となりました。今回最初に思っていたイメージは業者の方が部屋に来られて根こそぎ本を持っていくと言うイメージだったのですが、地道に

続きを読む

皆様、お今晩は。大野佐紀子先生の『アーティスト症候群』明治書院刊を読了致しました。その感想です。なぜ人はアーティストになりたがるのか。なぜ誇らしげにそう名乗るのか。その称号をもてはやすのは誰なのか。「誰かに認められたい」欲求によって“一億総

続きを読む

皆様、お今晩は。来年の3月6日迄Bunkamura ザ・ミュージアムにて開催中の「英国の夢 ラアファエル前派展」に行って参りました。ロセッティ、ミレイ、ハントらがラファエル前派を結成し活躍した19世紀中頃のリバプールは、造船業や様々な工業によって、また

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。それとは別に青い日記帳のTakさまが「気になる年末年始の美術館開館状況【第12回】

続きを読む

皆様、お今晩は。渋谷区立松濤美術館にて来年の1月31日迄開催中の「最初の人間国宝 石黒宗麿のすべて」展に行って参りました。その感想です。陶芸界で最初の人間国宝に指定された石黒宗麿(1893〜1968)は、特定の師を持たず、中国・日本・朝鮮・ペルシャな

続きを読む

皆様、お今晩は。先日日記に書いた図録処分の日ですが、本日ブックオフより連絡があり、29日の12:00〜15:00の間に行う事になりました。幸いなことにこの日は休みでして、しかも前日から晴れと言う嬉しい塩梅。と……申しますのは、雨が降ってしまうと作業スペ

続きを読む

皆様、御今晩は。高木慶子先生の『悲しんでいい―大災害とグリーフケア』NHK出版新書刊を読了致しました。その感想です自分が抱えた悲しみから目をそむけず、人の悲しみからも目をそらさず、悲しみを希望に変えるにはどうしたらいいのか?人間の弱さに共感し、

続きを読む

皆様、お今晩は。林荘一さまの『アメリカ下層教育現場』光文社新書を読了致しました。その感想です。アメリカ在住ノンフィクションライターである著者は、恩師に頼み込まれ、高校の教壇に立つことになった。担当科目は「JAPANESE CULTURE」(日本文化)前任者

続きを読む

皆様、御今晩は。 本日決められれば良いのですが、現在図録で部屋の行き来も出来ない異常事態となっております。通常のブックオフ宅本便だともうラチが明かないので「最終手段」として業者任せの「出張買取」で現在の図録の内、本棚に入る分を上限にして一度

続きを読む

皆様、おはようございます。阪本啓一さまの『ゆるみ力』日経プレミアシリーズを読了致しました。その感想です。あなた本来の姿(能力)は力を抜いた自然体から。「〜のせい」は不幸のもと。嫉妬心は風に飛ばせ。部下の強みは褒めて、褒めて、褒めまくるー。カ

続きを読む

皆様、おはようございます。昨日パソコン通信時代から綿々とお付き合いさせて頂いているお二人の結婚披露宴があったのですが、会場の入り口にあったのは新郎であるs先生の愛蔵の映画コレクションでして、幾つか頂いて帰ったのでありますけれども、その内の一

続きを読む

皆様、お今晩は。サントリー美術館にて来年の2月7日迄開催中の驚愕の大展覧会「水 -神秘のかたち」の1月11日迄開催の上期を観て参りました。その感想です。水は、あらゆる生命の源であるがゆえに世界中でさまざまな信仰を生み、祈りの対象ともなりました。特

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回は東京国立博物館にてお馴染みの「博物館にて初もうで」と「黒田記念館 記念

続きを読む

皆様、お今晩は。21_21 DESIGN SIGHTにて来年の2月7日迄開催中の「建築家 フランク・ゲーリー展」に行って参りました。その感想です。世界的に活躍する建築家 フランク・ゲーリーは、世の中に衝撃を与えたビルバオ・グッゲンハイム美術館をはじめ、昨年開館

続きを読む

皆様、お今晩は。東京都現代美術館にて来年の2月14日迄開催中の「東京アートミーティング6」に行って参りました。その感想です。東京オリンピック・パラリンピックを2020年に控え、東京は文化都市としてどのような姿を見せているのでしょうか?デジタル化、商

続きを読む

皆様、お今晩は。東京都現代美術館にて来年の2月14日迄開催中の「MOTコレクション」展に行って参りました。その感想です。東京都現代美術館の常設展示「MOTコレクション」では約4800点の収蔵品の中から、毎回およそ100点を選び、多角的な視点により、戦後・現

続きを読む

皆様、おこんばんは。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回は、来年にパナソニック汐留ミュージアムにて開催される「イングリッシュ・ガーデン

続きを読む

皆様、おはようございます。12月23日迄山種美術館にて開催されている「村上華岳ー京都画壇の画家たち」の後期に行って参りました。2014年に山種美術館が所蔵する《裸婦図》が、村上華岳の作品としては2件目の重要文化財に指定されたことを記念し、その画業を振

続きを読む

皆様、お今晩は。静嘉堂文庫美術館にて12月23日迄開催中のリニューアルオープン展第一弾「金銀の系譜 ー宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界ー」展に行って参りました。国宝 俵屋宗達「源氏物語関屋・澪標図屏風」、重要文化財 尾形光琳「住之江蒔絵硯箱」が、こ

続きを読む

皆様、お今晩は。来年の2月14日迄東京都現代美術館にて開催中の「オノ・ヨーコ 私の窓から」展に行って参りました。60年にわたり多彩な分野で異なるものを繋ぎ、新たな回路を作ってきたオノ・ヨーコ(1933年−)。本展は、これまで主に戦後アメリカ美術のな

続きを読む

皆様、おはようございます。会期が今週日曜日の12月13日となってしまいましたが、たばこと塩の博物館リニューアル・オープン記念展「浮世絵と喫煙具 〜世界に誇るジャパンアート〜」展に行って参りました。たばこと塩の博物館は、1978年11月3日に渋谷区神南

続きを読む

皆様、お今晩は。三井記念美術館にて来年の1月23日迄開催中の特別展「三井家伝世の至宝」展に行って参りました。平成27年度は、公益財団法人三井文庫が、昭和40年5月14日に財団法人として東京都中野区上高田に開設してから50周年の年に当たります。また、同財

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の追加事項、横浜美術館のスケジュール「複製技術時代」の美術家たち ー富士

続きを読む

皆様、おはようございます。上野の森美術館にて来年の1月17日迄開催されている「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵 美の競艶」に行って参りました。アメリカ・シカゴの日本美術収集家ロジャー・ウェストン氏所蔵の肉筆浮世絵は個人コレクションと

続きを読む

皆様、お今晩は。五島美術館にて12月6日迄開催中の開館55周年特別展「一休 -とんち小僧の正体-」展に行って参りました。破戒の禅僧、一休宗純(いっきゅうそうじゅん 1394〜1481)。社会への鋭い風刺に満ちたその奔放な書画や詩は今も人々を魅了し、一方「

続きを読む

皆様、おはようございます。宮内庁三の丸尚蔵館にて12月9日迄開催が延長になった「1920sー30sモダン・エイジー光と影の造型美」展の後期に行って参りました。1920年代から30年代にかけての時代は,各国に大きな傷跡を残し深い影を投げ掛けた第一次世界大戦

続きを読む