ホーム > mixiユーザー(id:1471688) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:1471688)

日記一覧

皆様、お今晩は。東京国立博物館本館特別4室並びに特別5室にて12月1日迄開催中の「住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」」展に行って参りました。その感想です。公益財団法人住友財団では、文化財の維持・修復の費用を助成しています。その

続きを読む

皆様、お今晩は。泉屋博古館分館にて10月27日迄開催中の「住友財団文化財助成30年記念 文化財よ永遠に」の後期展示に行って参りました。その感想です。今に伝わる文化財は、その時代の修復や保存技術によって守られ、長い間の劣化や天災による損傷をくぐり抜

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(11月1日(金)〜2月2日(日

続きを読む

皆様、お今晩は。東京国立博物館平成館にて11月24日迄開催中の「御即位記念特別展「正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―」 」展に行って参りました。その感想です。天皇陛下の御即位を記念し、正倉院宝物を中心とした飛鳥・奈良時代の国際色豊かな造形文化

続きを読む

皆様、お今晩は。渋谷区立松濤美術館にて11月24日迄開催中の「日本・東洋 美のたからばこ〜和泉市久保惣記念美術館の名品」展に行って参りました。その感想です。大阪府和泉市にある和泉市久保惣記念美術館は、明治時代から同地で綿業を営んできた久保惣株式

続きを読む

皆様、お今晩は。来年の1月13日迄上野の森美術館にて開催中の「ゴッホ展」に行って参りました。その感想です。豊かな表現力と鮮やかな色彩で人々を魅了し続ける画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。彼が画家として独自の画風を確立するまでには「ハーグ派」

続きを読む

競泳選手の大学生ヘイリー(カヤ・スコデラーリオ御嬢様)は、巨大ハリケーンの後、父(バリー・ペッパーさま)と連絡が取れないと聞いてフロリダの実家に戻る。地下で大けがを負い気絶していた父を発見した彼女は、突如何者かによって地下室の奥に引きずり込まれ

続きを読む

2015年に開催された日本初となる大規模な春画展の開催までの道のりを追ったドキュメンタリー。15年9月、東京の小さな私立博物館・永青文庫で開幕した春画展は、国内外で秘蔵されてきた貴重な春画約120点を一堂に集めて展示し、3カ月の会期中21万人もの来場者

続きを読む

皆様、お今晩は。本日は台風に祟られた三連休最後の日と言う事もありまして、通常の祝日よりもどこも人で溢れかえっていた気が致します。まず向かったのは、東京国立博物館本館特別第四、第五室にて開催されている「住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化

続きを読む

皆様、お今晩は。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」(11月22日(金)〜3月8日(日

続きを読む

皆様、お早うございます。国立新美術館にて12月16日迄開催中の「カルティエ、時の結晶」展に行って参りました。その感想です。カルティエの作品は1995年、2004年、2009年の展覧会を通して日本で紹介されてきました。1989年以降、日本だけでなく世界各国の主要

続きを読む

皆様、お今晩は。横浜美術館にて来年の1月13日迄開催中の「横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」展に行って参りました。その感想です。横浜美術館開館 30 周年を記念して、オランジュリー

続きを読む

皆様、お今晩は。大倉集古館にて11月17日迄開催中の「大倉集古館名品展」に行って参りました。その感想です。二階ではリニューアル特別展示として「桃源卿展 ‐蕪村・呉春が夢見たもの‐」の展示をしておりますが、同時開催されているのが一階で展示されてい

続きを読む

皆様、お今晩は。5年ぶりにリニューアルした大倉集古館にて11月17日迄開催中の「桃源郷展 ‐蕪村・呉春が夢見たもの‐」に行って参りました。その感想です。本展では、新収品の呉春筆「武陵桃源図屏風」(江戸時代・18世紀)を本邦初公開し、本作の創作の原

続きを読む

皆様、お今晩は。泉屋博古館分館にて10月27日迄開催中の「住友財団文化財助成30年 記念 文化財よ永遠に」の前期展示に行って参りました。その感想です。今に伝わる文化財は、その時代の修復や保存技術によって守られ、長い間の劣化や天災による損傷をくぐり

続きを読む

皆様、お今晩は。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション―メトロポリタン美術

続きを読む

皆様、お今晩は。森センター・オブ・アーツにて11月17日迄開催中の「バスキア MADE IN JAPAN」展に行って参りました。その感想です。1980年代のアートシーンに、彗星のごとく現れたジャン=ミシェル・バスキア。わずか10年の活動期間に、新たな具象表現的な

続きを読む

皆様、お早うございます。三井記念美術館にて12月1日迄開催中の「茶の湯の名椀 「高麗茶碗」」展に行って参りました。その感想です。茶の湯の茶碗は、産地によって唐物茶碗、高麗茶碗、和物茶碗などと呼び分けられています。唐物茶碗は中国、高麗茶碗は朝鮮

続きを読む

皆様、お今晩は。上野の森美術館にて9月29日迄開催中であった「画業50年“突破”記念 永井GO展」に行って参りました。その感想です。マンガ界の鬼才・永井豪は、社会現象を巻き起こした「ハレンチ学園」、マンガ界の歴史に燦然と名を残す「デビルマン」、

続きを読む

皆様、お今晩は。12月15日迄東京都美術館にて開催中の「コートルード美術館展」に行って参りました。その感想です。ロンドンにあるコートールド美術館のコレクションから、印象派・ポスト印象派の作品を紹介します。実業家サミュエル・コートールドが収集した

続きを読む

皆様、お今晩は。東京ステーション・ギャラリーにて10月20日迄開催中の「没後90年記念 岸田劉生展」に行って参りました。その感想です。画家・岸田劉生(1891−1929)は、日本の近代美術の歴史において最も独創的な絵画の道を歩んだ孤高の存在です。明治の先

続きを読む

皆様、お今日は。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「ミュシャと日本日本とオルリク」(9月7日(土)〜10月20日(日)千葉市美術館

続きを読む

今日は美術展のハシゴ
2019年09月22日17:17

皆様、お今日は。本日は東京メトロ24時間券を使って久々の美術館のハシゴ。まず向かったのは、日本橋室町にある三井記念美術館にて開催中の「茶の湯の名椀 高麗茶碗」(9月14日(土)〜12月1日(日)三井記念美術館)http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/in

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「

続きを読む

皆様、お今晩は。サントリー美術館にて11月10日迄開催中の「サントリー芸術財団50周年 黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 −美濃の茶陶」展に行って参りました。その感想です。桃山時代には、茶の湯のためのやきもの「茶陶」が日本各地の窯で創造されました。岐阜

続きを読む

皆様、お今日は。東京藝術大学大学美術館にて9月29日迄開催中の驚愕の大展覧会「円山応挙から近代京都画壇へ」の前期展示に行って参りました。その感想です。18世紀、様々な流派が百花繚乱のごとく咲き乱れる京都で、円山応挙は写生画で一世を風靡し円山派を

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「大倉集古館リニューアル記念特別展「桃源郷展―蕪村・呉春が夢

続きを読む

皆様、おはようございます。ローレンス・ブロック編の短編集『短編画廊』ハーパー・コリンズ・ジャパン刊を読了致しました。その感想です。米国を代表する 名画家エドワード・ホッパーの 17 枚の絵画から、17人の文豪たちがストーリーを紡いだ短編集。編者 ロ

続きを読む

皆様、お今晩は。本橋信宏さまの『全裸監督 村西とおる伝』太田出版刊を遂に読了致しました。その感想です。人生、死んでしまいたいときには下を見ろ! おれがいる。前科7犯。借金50億。米国司法当局から懲役370年求刑。奇跡の男か、稀代の大ボラ吹きか。“

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「辰野金吾と美術のはなし 没後100年小企画展」(11月2日(土)〜

続きを読む