ホーム > mixiユーザー(id:1471688) > mixiユーザーの日記一覧 > 【映画】『否定と肯定』

mixiユーザー(id:1471688)

2019年12月07日22:44

38 view

【映画】『否定と肯定』

1994年、イギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィング(ティモシー・スポールさま)が唱えるホロコースト否定論を自著「ホロコーストの真実」で否定していたユダヤ人の女性歴史学者デボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ姐さん)は、アーヴィングから名誉毀損で提訴される。やがて、法廷で対決することになった彼女のサポートのためイギリス人による大弁護団が結成され、歴史の真実の追求が始まり……。

デボラ・E・リップシュタット教授の著書『否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる闘い』(ハーパーBOOKS刊)を基に、英国最高の劇作家だと信じているデビッド・ヘア先生の脚本で描かれた法廷劇。
アイヒマン裁判の傍聴記録を雑誌『ニューヨーカー』誌に発表し、そのパッシングを描いた傑作『ハンナ・アーレント』も物凄い作品でしたが、本作品も法廷での言葉のボクシングが炸裂し、実にスリリングな映画となっております。

原告であるデイヴィッド・アーヴィング氏が、裁判を英国で行ったのには訳があって「ホロコーストがあった」と言う立証責任が被告側であるデボラ・E・リップシュタット教授にあることでして、彼女たちはその事を立証する為に遥々アウシュビッツ迄行って現場検証をしなくては為らない。本作で意外だったのは当時存命だったホロコーストの生存者を証言台に上げないと言うことでして、映画の中でも描かれているのですが生き残りの一人から法廷に立たせて欲しいと博士がお願いされるのですが、弁護団によって阻止されてしまうと言う事も描かれております。

本作品、アマゾン・プライムビデオで観たのですが、こうした骨のある作品をドンドンと配信して欲しいと強く願い、観れて良かったと思った一本でございました。


https://www.youtube.com/watch?v=htRyepLg7To
(『否定と肯定』予告編)
3 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月07日 23:00
    普段は良い人役が多いティモシー・スポールが、偏狭なレイシストを演じているのが見応えありましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 00:02
    ぼのぼのさま、お今晩は。ホント憎々しいまでに見事な芝居でした。原作の方も読んでみようかと思います。
     
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 20:11
    歴史改竄主義者の手口が国の東西を問わずほぼ同じ、ということを改めて教えてくれる作品ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月10日 22:13
    マルさま、御返事が遅れて申し訳ございません。確かにこれが実話だと言う事に驚きました。歴史は人の数だけあるんだななぁと身が締まる思いがしました。 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月21日 00:58
    デボラの台詞に「どんな意見を持つのも自由だけれど、それなら、嘘と説明責任逃れをしてはいけない。」というようなものがあって、全くその通りだと、いくつもの顔が浮かんだ覚えがあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月21日 01:08
    ヤマさま、お今晩は。コメントありがとうございます。今の政府関係者に一度観て「他人事ではない」ことを自覚して頂きたいものであります。 

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031