ホーム > mixiユーザー(id:1471688) > mixiユーザーの日記一覧 > 【美術】「【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】東山魁夷の青・奥田元宋の赤 ―色で読み解く日本画―」展

mixiユーザー(id:1471688)

2019年11月17日22:34

15 view

【美術】「【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】東山魁夷の青・奥田元宋の赤 ―色で読み解く日本画―」展

皆様、お今晩は。山種美術館にて12月22日迄開催中の「【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】東山魁夷の青・奥田元宋の赤 ―色で読み解く日本画―」展に行って参りました。


東山魁夷(ひがしやまかいい)の青、奥田元宋(おくだげんそう)の赤―。ある特定の色が画家の名と結び付けられ、代名詞のように語られることがあります。絵画の中の色は、作品のイメージや画家本人の世界観を伝えるうえで、重要な役割を担っているといえるでしょう。このたび山種美術館では、近代・現代の日本画から印象的に色が表された作品を取り上げ、画家と色の密接な関わりをひもとく展覧会を開催いたします。
明治時代に入り、日本は様々な分野で西洋の影響を受けましたが、絵画の色も例外ではありませんでした。元来、日本美術の伝統的な絵具は、群青は藍銅鉱(らんどうこう)、白は胡粉などに見られるように、鉱石や貝殻をはじめとする天然素材が主に用いられてきました。そのため、表現できる色数も限られていましたが、近代以降、多彩な合成顔料の流入や、新たな人造の岩絵具が開発されたことなどにより、色の種類が増加していきます。
このような画材の広がりは、日本画家に刺激と表現の多様化をもたらしました。画家たちの間では新たに開発・輸入された合成絵具や西洋の色彩学などを取り入れて制作を試みる者がいる一方で、天然岩絵具を中心とした伝統的な彩色表現が日本画の神髄とみなす者もおり、それぞれが日本画ならではの色の可能性を追求しながら、バリエーション豊かな作品を生み出しています。
本展では、《年暮る》で雪降る京都を青色で静謐に表した魁夷、《奥入瀬(秋)》で紅葉した奥入瀬渓流を赤色で鮮麗に描いた元宋をはじめ、竹内栖鳳(たけうちせいほう)、奥村土牛(おくむらとぎゅう)など色を効果的に取り入れた日本画家の作品を約50点展示します。画家が自らの芸術を創造するため、どのような色を制作に活かしたのか、それぞれの言葉や、社会的背景などを踏まえながら、色を通じて見えてくる画家たちの軌跡をご紹介いたします。

う〜む。所蔵作品を色で分別するのは、中々面白い試みだとは思いますが、如何せん残念なのは既に観たことがある作品ばかり並んでいて新味に欠けると言う事なんです。これが通常の展示であれば黙って見過ごすことも出来ましょうが、【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】と銘打って通常展よりも200円高い1200円となれば文句の一つも言ってバチは当たらないだろうなぁと思うのであります。

岩絵具の展示もされておりますが、これも前にも見たことがあるし、ホントに新味が無いんですよね……。初めて山種美術館に行く人にとっては良い企画かも知れないですが、自分としては得るところが無かった展覧会でした。



http://www.yamatane-museum.jp/exh/2019/kaii-genso.html
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月18日 22:21
    なるほど。うん。そうなるかもしれませんね。でも何度見てもいい作品はいいので行きたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月20日 15:35
    ぎょえんのまりさん姐さん、お今日は。確かに何度観ても良い作品は良いのですが、今回はどうも今二つピンと来ないものばかりでゲンナリしてしまいました。好みは人それぞれなので気に入った作品に巡り合えると良いですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年11月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930