ホーム > mixiユーザー(id:1471688) > mixiユーザーの日記一覧 > 【美術】初期作品に圧倒された「草間彌生 わが永遠の魂」展

mixiユーザー(id:1471688)

2017年03月12日08:01

343 view

【美術】初期作品に圧倒された「草間彌生 わが永遠の魂」展

皆様、お今晩は。5月22日迄国立新美術館にて開催されている「草間彌生 わが永遠の魂」展に行って参りました。その感想です。


世界を舞台に活躍する前衛芸術家、草間彌生(1929年−)。1950年代後半に単身ニューヨークに渡って以降、絵画、彫刻、インスタレーション、映像、さらには小説に至るまで、広範な活動を展開してきました。デビュー以来一貫して時代の最先端を走り続け、今なおその創作意欲はとどまるどころか、さらに加速しています。近年では欧米、中南米、アジア、そして日本など世界各地で大規模な個展を次々と成功させており、今や「日本が生み出した最も傑出したアーティスト」といっても過言ではないでしょう。本展では、2009年から草間が精力的に取り組んでいる大型の絵画シリーズ「わが永遠の魂」のうち日本初公開作品約130点を中心に据え、初期から現在に至る創作活動の全貌を約270点の作品によって総合的にご紹介します。

会場に入るといきなり極彩色の洪水が飛び込んできて、落ち着いて室内を見渡すとあちらこちらで写真を撮っている観客があちこちに。これは連作集である『わが永遠の魂』132点が一同に展示され草間先生の御好意でこの一番大きな展示スペースの全作品が一眼レフ・三脚・動画等を使わなければ写真撮影可能と言うことで皆様お撮りになられております。何作品か良いのはあったのですが、本当に撮りたかったのは20世紀の初期作品→ニューヨーク時代→帰国後の作品群でして、今の作品には今二つブレて水増しした感想しか持てないのですが20世紀中の作品は刺さるのであります。

本当に初期の作品である『稔り』は何と1945年の作品でして、戦後70年間誰にも売らずに大切に取っておられたのでありまして、この初期の作品の殆どが「作家蔵」であったことに驚くのであります。ニューヨーク時代の作品では東京都現代美術館が所蔵している『死の海を行く』が大きな目立つ作品なのに静謐さを湛えておりますし、帰国後の作品で圧倒されたのは戦争三部作の『戦争の津波』、『無名戦士の墓』、『戦争』でして全てが東京都現代美術館所蔵作品なので、小池現東京都知事が都議会で明言された通り「美術館での写真撮影可能」と言う事が実現されれば東京都現代美術館のMOTコレクション展の時に写真撮影出来ると言うことになるのでして、一日も早い公約実現を心待ちにしております。


http://kusama2017.jp/
4 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月12日 22:57
    初期作品が作家蔵は、推測ですが草間氏が若い頃から精神疾患だった事も関係あると感じます。
    長年、大学病院で暮らしているようです。
    病を持っていること、その個性が、大きな認められるアートへ開いた方で、一日中でも夢中で描けるそうです。
    水玉の小さいオブジェは持っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月13日 05:28
    アリエル夫人、おはようございます。そうした事情があったのですか。コレクターの精神科医の高橋龍太郎先生がそれとなく触れられていたのはこの事だったのですね。草間作品をお持ちだとは凄いです。 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月15日 16:35
    先ほど、ブログに昨日の夕刊の草間のデッサンを入れました。
    作家蔵の若い頃の作品です。
    展覧会にあったでしょうか?
    十代から幻覚、幻聴、統合失調系の障害、離人症などと読んだ記憶です。
    揺れ動く精神で、強い作品、うったえる物を描き続けています。
    感服します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月15日 20:18
    アリエル夫人、お今晩は。この作品も出展されておりました。小品ですが非常に印象深い作品でありました。それに比べるとやはり21世紀に入ってからの作品は冗長に感じてしまうのであります。 

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年03月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031