ホーム > mixiユーザー(id:1471688) > mixiユーザーの日記一覧 > 【美術】玉石混交の面白さ「未見の星座 −つながり/発見のプラクティス」展

mixiユーザー(id:1471688)

2015年02月18日19:53

366 view

【美術】玉石混交の面白さ「未見の星座 −つながり/発見のプラクティス」展

皆様、お今晩は。東京都現代美術館
にて3月22日迄開催の「未見の星座
−つながり/発見のプラクティス」展
を観て参りました。


ふだん何気なく見過ごしている日常、
疑いもなく受け入れている常識―本
展でご紹介するのは私たちの認識を
変えてくれる7作家の7つの物語。
美術館近隣の眠れる水の歴史を汲み
上げる志村信裕、普段見られない美
術館の奥へ裏へとつながる架空回廊
を立ち上げる北川貴好、未知なもの
とつながろうとする人間の精神を見
つめる山本高之………7つの作家の
世界はどこかでつながり、響き合う。
つながりを発見し、展示室であなた
だけの「未見の星座」を眺めるひと
時を。

これですが、本展示だけ観て帰って
しまうと人に因っては激怒しかねない
代物でして、一言で言えば「玉石混
交」なのであります。

全然期待値ゼロでしかも、タダで観
ているので悠長に構えていられるの
かも知れないですが、ブックオフの
108円コーナーの前に立っているよう
な「どんなものがあるんだろうか?」
と言うバクチ的な要素が強いのであり
ます。(爆)

文句なしに感動したのは太田三郎さ
まの作品群でして「その手があった
のか!」と眼を見張らされました。

あと展示室の最後で「泥絵」を仕上
げた浅井裕介さまの展示は文句なし
のものでしたし、ここだけ撮影可能
なのが粋な計らいです。

志村信裕さまの「Dress」も幻想的
で良かったし、疲れた向きには大
のぶゆきさまの映像展示が寝るには
絶好の立地なので枕持参で行くのも
面白いかも知れません(^_^;)

「木場」と言う場所に着目した北川
貴好さまの迷路空間も中々面白い
ものがありました。

http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/constellations.html
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年02月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728