mixiユーザー(id:1471688)

日記一覧

皆様、お今晩は。SONPO美術館開館記念展である「珠玉のコレクション−いのちの輝き・つくる喜び」に行って参りました。その感想です。 新美術館のオープンを飾る本展では、当館のコレクションの中でも際立つ優品を集め、フランス近代絵画の中でも人気の高い

続きを読む

皆様、お今日は。ネットフリックスにて『愛の不時着』や『梨泰院クラス』と共に人気を集めているネットフリックスオリジナルアニメ『日本沈没2020』シーズン1全10話鑑賞致しました。2020年、平和な日常が続く日本を襲った突然の大地震。都内に住むごく普通の

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「開校100年 きたれ、バウハウス ― 造形教育の基礎 ―」(7月17日

続きを読む

皆様、お今晩は。去年の11月17日よりネットフリックスにて配信中の英国王室ドラマ『ザ・クラウン』第三シーズン全10話鑑賞致しました。その感想です。時代は変わる。公務は残る。エリザベス2世 (オリヴィア・コールマン) が英国の急速な変化に向き合う一方で

続きを読む

皆様、お今晩は。本日は、9番画伯こと藤村幸生画伯の個展である「花鳥風月」展に行って参りました。前回よりも自分的には好みの作品が揃った印象でして、つぶやきにも載せた『風のマテリアル』や山のカラスを念頭に置いたという『THE RAVEN』や今回のメインヴ

続きを読む

皆様、お今日は。三井記念美術館にて7月29日迄開催中の「開館15周年特別記念展 三井家が伝えた名品・優品 第一部 東洋の古美術」展に行って参りました。その感想です。三井記念美術館が、三井本館7階に開館したのは、平成17年(2005)10月8日のことでした。

続きを読む

皆様、おはようございます。大倉集古館にて7月26日迄開催中の「日本絵画の隠し玉―大倉コレクションの意外な一面」展に行って参りました。その感想です。大倉コレクションには数々の名品に埋もれて興味深い作品が静かに再評価を待っています。本展では日本絵

続きを読む

皆様、お今晩は。ネットフリックスにて『ホームランド』第七シーズン全12話を鑑賞致しました。その感想です。キャリーとフラニーはワシントンに住む姉のマギー一家の元に身を寄せていた。一方、暗殺計画に関わったとして拘束されたソールや連邦職員たちは未だ

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「珠玉のコレクション――いのちの輝き・つくる喜び 」(7月10日(

続きを読む

皆様、お今晩は。つい先程、ネットフリックスにて『ホームランド』第六シーズン全12話を鑑賞したところです。その感想です。昨シーズンで、ベルリンのテロ計画を未然に防いだキャリー。アメリカに帰国した彼女は、不当な扱いを受けるイスラム教徒たちを保護す

続きを読む

皆様、お今晩は。馳星周先生の最新作である『四神の旗』(中央公論新社)刊を読了致しました。その感想です。武智麻呂、房前、宇合、麻呂。父・藤原不比等の遺志を継ぎ、四人の子らはこの国を掌中に収めることを誓う。だが政の中心には、生前の不比等が唯一恐

続きを読む

皆様、お今日は。東京国立博物館にて8月23日迄開催中の魅惑の大展覧会「きもの KIMONO」展に行って参りました。その感想です。日本の美意識を色と模様に表わした「きもの」。その原型である小袖は、室町時代後期より、染や刺繡、金銀の摺箔などで模様

続きを読む

皆様、お今日は。日明恩さまの武本・潮崎シリーズ第3弾『やがて、警官は微睡る』双葉文庫刊を読了致しました。その感想です。]横浜みなとみらいに新規オープンしたホテル、ハーヴェイ・インターナショナル横浜で立て籠もり事件が発生した。犯人は正体不明の多

続きを読む

皆様、お今晩は。一昨日の話になりますが、ネットフリックスにて『ホームランド』の第五シーズンから第八シーズン迄の配信が開始されておりましたので久々に第五シーズン全12話を鑑賞し終わりました。シーズン4の衝撃のラストから2年後。CIAを退職したキャリ

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「開館10周年記念 画家が見たこども展」(2月15日(土)〜9月22日(

続きを読む

1966年8月18日未明の南ベトナム。ヌイダット地区にあるオーストラリア軍司令部の基地がベトコン部隊による砲撃を受ける。ハリー・スミス少佐(トラヴィス・フィメルさま)率いるオーストラリア軍の部隊が発射地点を突き止めるため偵察に向かうが、農園地帯のロ

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「美の競演 静嘉堂の名宝」(6月27日(土)〜9月22日(火)静嘉堂文庫

続きを読む

皆様、お今晩は。本日念願叶って10月18日迄国立西洋美術館にて開催中の「ロンドン・ナショナル・ギャラリー」展に行って参りました。その感想です。ロンドン・ナショナル・ギャラリーは、1824年に設立された、西洋絵画に特化した世界屈指の美術館です。本展は

続きを読む

1980年の韓国。ソウルで11歳の娘を一人で育てながらタクシー運転手をしているマンソプ(ソン・ガンホ御大)は、大金に目がくらみドイツ人記者ピーター(トーマス・クレッチマンさま)を乗せて光州に向かう。マンソプの機転で見事に検問をくぐり抜け、二人は光

続きを読む

皆様、お今晩は。東京都現代美術館にて6月21日迄の会期となってしまった「ドローイングの可能性」展に行って参りました。その感想です。本展は、線を核とするさまざまな表現を、現代におけるドローイングと捉え、その可能性をいくつかの文脈から再考する試み

続きを読む

皆様、お今日は。会期が6月23日迄となってしまったパナソニック汐留美術館の「ルオーと日本」展に行って参りました。その感想です。20世紀フランスを代表する画家ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。およそ100年前、パリでルオーの作品に衝撃を受けた梅原龍三

続きを読む

皆様、おはようございます。いよいよ、非常事態宣言が解除されてから首都圏での美術館も続々再開しております。日時予約制を組んでいるところや、会場に入る際の検温やマスク着用が義務付けられているところが多々ありますが、三カ月ぶりの再開を素直に喜びま

続きを読む

皆様、お今晩は。観る人を幸せにするリアリティショーである『クィア・アイ』第5シーズン全10話鑑賞致しました。その感想です。毎回、悩みを抱える依頼人を心身共に変身させる“ファブ5”のプロフェッショナルぶりと、陽気な5人との心の交流が魅力。シーズン5

続きを読む

皆様、お今晩は。馳星周先生の『雨降る森の犬』集英社刊を読了致しました。その感想です。父親を病でうしない、母親との確執を抱えた女子中学生の雨音(あまね)は不登校になり、山岳写真家の伯父・道夫のもとに身を寄せた。道夫はバーニーズ・マウンテン・ド

続きを読む

皆様、お今日は。宮内庁三の丸尚蔵館にて7月12日迄開催中の令和2年6月臨時展示である「皐月,水無月,文月〜夏めく日本」展に行って参りました。その感想です。今春,これまでに経験のない外出制限の中,何時もよりも身近な自然の中に春らしさを感じて過され

続きを読む

皆様、お今日は。本日は東京ステーション・ギャラリーにて6月28日迄開催中の「神田日勝 大地への筆蝕」展を観て参りました。その感想です。北海道の大地で、農業に従事しながら絵を描き続けた孤高の画家、神田日勝。2020年は、神田日勝の没後50年にあたりま

続きを読む

皆様、おはようございます。いよいよ、非常事態宣言が解除されてから首都圏での美術館も続々再開しております。日時予約制を組んでいるところや、会場に入る際の検温やマスク着用が義務付けられているところが多々ありますが、三カ月ぶりの再開を素直に喜びま

続きを読む

皆様、お今晩は。砥上 裕將さまのデビュー作であり、第59回メフィスト賞を受賞した『線は、僕を描く』講談社刊を読了致しました。その感想です。両親を交通事故で失い、喪失感の中にあった大学生の青山霜介は、アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖

続きを読む

皆様、お今日は。江戸東京博物館にてコロナ感染拡大対応の為閉鎖を余儀なくされていた驚愕の大展覧会「奇才 江戸絵画の冒険者たち」(惜しくも会期延長為らず。6月21日(日)迄)に行って参りました。 江戸時代には、従来の常識を打ち破り、斬新で個性的な表

続きを読む

皆様、お今晩は。悩みに悩んだ【ブックカバーチャレンジ7日/最終日】は、東京国立博物館平成館開館記念特別展「金と銀」の図録です。1999年10月12日発行。何故この図録にしたかを語る前に、最終日の候補作だけ挙げさせて下さい。有吉佐和子先生の『複合汚染』

続きを読む