ホーム > mixiユーザー(id:1471688) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:1471688)

日記一覧

皆様、お今晩は。本日より来年の3月16日迄国立新美術館にて開催中の驚愕の大展覧会「日本・ハンガリー外交関係開設150周年記念 ブダペスト国立西洋美術館 & ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵 ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」展に行

続きを読む

皆様、お今晩は。本日より来年の3月16日迄国立新美術館にて開催中の驚愕の大展覧会「日本・ハンガリー外交関係開設150周年記念 ブダペスト国立西洋美術館 & ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵 ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」展に

続きを読む

冬の間閉鎖されるホテルに、作家志望のジャック一家が管理人としてやってきた。そのホテルでは過去に、管理人が家族を惨殺するという事件が起こっていたのだが……。『ドクター・スリープ』予習の為鑑賞致しました。今から40年近く前の話なのに実は初見でして

続きを読む

ある日、未来から来たターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナさま)が、メキシコシティの自動車工場で働いている21歳の女性ダニー(ナタリア・レイエス御嬢様)と弟のミゲルに襲い掛かる。ダニーとミゲルは強化型兵士のグレース(マッケンジー・デイヴィス御嬢

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「やきもの入門 ―色彩・文様・造形をたのしむ」(11月23日(土)

続きを読む

2009年、感染者をゾンビ化するウイルスのパンデミックが発生。コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグさま)、タラハシー(ウディ・ハレルソン御大)、ウィチタ(エマ・ストーン姐さん)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン御嬢様)は、32項目におよぶ生き残るため

続きを読む

皆様、お今晩は。江戸東京博物館にて来年の1月19日迄開催中の驚愕の大展覧会「大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」の前期(12月15日迄)を鑑賞致しました。その感想です。当館では、2014年(平成26)1月に、開館20周年記念特別展「大浮世絵

続きを読む

映画と展覧会の一日
2019年11月24日20:23

皆様、お今晩は。本日は朝から活動開始でして、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて9時50分の回の『ゾンビランド・ダブルタップ』を観て、その後『ターミネーター・ニュー・フェイト』を鑑賞。ウディ・ハレルソン御大は十年経っても若々しくて羨ましい限り。今回も

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」(11月16日(土)〜2月16日(日

続きを読む

皆様、お今晩は。『ブルックリン・ナイン・ナイン』シーズン5全22話を鑑賞致しました。その感想です。今回のシーズンでは、誰か抜けているなぁと思ったら、事務員のジーナが欠員。シーズン後半になって産休で休みだったと明かされるのですが、本当だったりす

続きを読む

皆様、お今晩は。深緑野分さまの『戦場のコックたち』創元推理文庫刊を読了致しました。その感想です。1944年6月、ノルマンディー上陸作戦が僕らの初陣だった。特技兵(コック)でも銃は持つが、主な武器はナイフとフライパンだ。新兵ティムは、冷静沈着なリ

続きを読む

皆様、お今晩は。東京国立博物館東洋館にて来年の2月9日迄開催中の「人、神、自然−ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界−」展に行って参りました。その感想です。古代の人々は、自分たち自身をどのように表現したのでしょうか。神々や死後

続きを読む

皆様、お今晩は。『深夜食堂 Tokyo Stories』セカンドシーズン第三話『小梅のおにぎり』を鑑賞致しました。その感想です。ふらりと訪ねて来た老人は、なんとストリッパーのマリリンの恩師だった。さらに当時マリリンを嫌っていて無視していた元同級生まで現

続きを読む

皆様、お今晩は。山種美術館にて12月22日迄開催中の「【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】東山魁夷の青・奥田元宋の赤 ―色で読み解く日本画―」展に行って参りました。東山魁夷(ひがしやまかいい)の青、奥田元宋(おくだげんそう)の赤―。ある特定の色

続きを読む

皆様、お今晩は。『深夜食堂 Tokyo Stories』セカンドシーズン第二話『ささみチーズかつ』を鑑賞致しました。その感想です。星占いを信じるライターの男とホステスは、ささみチーズかつを縁に距離を縮めていく。男は彼女への思いを募らせ、占いを利用して勝

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「

続きを読む

皆様、お今晩は。ネットフリックスにて待望の配信となった『深夜食堂 Tokyo Stories』セカンドシーズン第一話『チキンライス』を鑑賞致しました。その感想です。養護施設で育った著名なゲームクリエーターの注文は、昔懐かしいチキンライス。そこには生みの

続きを読む

皆様、お今晩は。東京国立近代美術館にて12月15日迄開催中の「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」展に行って参りました。その感想です。東京神田に生まれ、挿絵画家として画業をスタートさせた鏑木清方(1878-1972)は、美人画で上村松園と並び称された

続きを読む

皆様、お今晩は。原田マハさまの『太陽の棘』文春文庫刊を昨日読了致しました。その感想です。終戦後の沖縄。米軍の若き軍医・エドワードはある日、沖縄の画家たちが暮らす集落。ニシムイ美術村に行きつく。警戒心を抱く画家たちだったが、自らもアートを愛す

続きを読む

複製画制作で世界の半分以上のシェアを誇る油絵の街、中国大芬(ダーフェン)。出稼ぎでこの街にやって来た趙小勇(チャオ・シャオヨン)は独学で油絵を学び、20年もの間ゴッホの複製画を描き続けている。絵を描くのも食事も寝るのも全て工房の中。いつしか趙小勇

続きを読む

人付き合いができないフィンセント・ファン・ゴッホ(ウィレム・デフォー御大)は、いつも孤独だった。唯一才能を認め合ったゴーギャン(オスカー・アイザックさま)との共同生活も、ゴッホの行動により破たんしてしまう。しかし、ゴッホは絵を描き続け、後に名

続きを読む

美術史において最も偉大な画家の1人とされるフィンセント・ファン・ゴッホ。その死後、ほぼ無名だった彼の作品に出会い、個人コレクターとしては最大規模の約300点を収集したのは、ある1人の女性だった。その名は、ヘレーネ・クレラー=ミュラー。オランダ有

続きを読む

皆様、お今晩は。原田マハさまの『モダン』文春文庫刊を読了致しました。その感想です。モダン・アートの聖地、ニューヨーク近代美術館――MoMA。ピカソ、マティス、ルソー、ワイエスなど20世紀絵画の巨匠たちの作品が綺羅星のごとく並ぶこの美術館を舞台に、

続きを読む

皆様、お今晩は。筧菜奈子さまの『めくるめく現代アート』フィルムアート社刊を読了致しました。その感想です。現代アート。その世界には、少々とっつきづらいイメージがあるかもしれません。しかし、見る者の五感を揺さぶり、価値観をひっくり返す作品の数々

続きを読む

皆様、おはようございます。『クィア・アイ in Japan』シーズン1全4話を鑑賞し終わったところです。今回はアメリカを離れて何と日本にてファブ5の面子が大活躍。一話目は、自宅をホスピスに提供して末期の患者さんに全身で寄り添う57歳の離婚歴のある女性。

続きを読む

皆様、お今晩は。八王子のはずれにある東京富士美術館にて来年の1月19日迄開催中の大展覧会「ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 ー大様式の形成と変容」展に行って参りました。その感想です。本展では、ヴェルサイユ宮殿美術館やオルセー美術館、

続きを読む

皆様、お今晩は。渋谷区立松濤美術館にて11月27日迄開催中の「日本・東洋 美のたからばこ 〜和泉市久保惣記念美術館の名品」の10月29日からの「後期展示」に行って参りました。大阪府和泉市にある和泉市久保惣記念美術館は、明治時代から同地で綿業を営んで

続きを読む

皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規追加分は、「線の迷宮〈ラビリンス〉 齋藤芽生とフローラの神殿」(10

続きを読む

皆様、おはようございます。竹橋にある東京国立近代美術館工芸館にて12月8日迄開催中の「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション―メトロポリタン美術館所蔵」に行って参りました。その感想です。日本の工芸に対する国際的な評価の高まりとともに

続きを読む

皆様、お今晩は。原田マハさまの『美しき愚か者たちのタブロー』文藝春秋社刊を読了致しました。その感想です。日本人のほとんどが本物の西洋絵画を見たことのない時代に、ロンドンとパリで絵画を買い集めた松方は、実はそもそもは「審美眼」を持ち合わせない

続きを読む