mixiユーザー(id:14552729)

2018年12月26日00:40

198 view

「泣き虫王子」はそのままで 〜 悲願、叶えし時 〜

記事の写真の説明から…(賞金王の記事がmixiニュースに出るのこれが初めてじゃね?)

手に掲げるは1億の賞金目録、首から下げるはGP優勝者しか手に入れる事の出来ない「GPプラチナメダル」(これだけでも相当の価値)、そして黄金のヘルメット…

フォト



賞金王決定戦…優勝は、峰竜太(からつ組)。

ここまでの道程は平坦なものではなかった。彼の経緯を追ってみよう。

2009年に九州地区戦でG1初優勝。
2011年に初めてSGレースで優勝戦進出(尼崎の笹川賞)

若い時から豪快なレース運びで話題になり、CM起用された事も…
https://youtu.be/oqz6cZopNOg

このCMでなんと和田アキ子と共演、しかも和田アキ子にハグまでされた。後に地上波放送に峰竜太がゲストで呼ばれるくらいだ。「アッコにおまかせ!」とはこんな縁がある。


「賞金王に俺はなる!」
2012年の高松宮記念特別競走(G1・ボートレース住之江)で優勝し、インタビューで峰はこう叫んだ。賞金王の前哨戦とも言われる大会で優勝したのだから…
しかし、それからが苦難の道だった。

その年の賞金王出場も決定戦には進めず…

翌年から悪夢が始まった、僅かなミスが積もり賞金王本戦出場はならず。フライングでグラチャン欠場、若松オーシャンでは優勝戦でキャビテーションを起こし振り込むミスターンで下位に沈んだ…(今回の決定戦での岡崎恭裕みたいなミス)
敗戦後、人目も憚らず号泣する峰の姿があった…あまりの悔しさに溢れた涙だった…
上のどっちかでミスが無ければ、この年の賞金王出場は当確だったのに…悔いの残るシーズンだった。

2014年、本当の悪夢が峰の行く手を遮った。
記念すべき第1回ヤングダービー(PG1・ボートレース戸田)優出1号艇で向かえたこの勝負…しかし…
https://youtu.be/PEjPURuaBNw

悪夢のフライング返還欠場…返還額は約5億9000万円…この前にからつの盆開催優勝戦でも、彼はスタートで前付けをされてフライングをしていた…同じ状況下で2度もやらかしてしまう。
これによりF2(90日の強制お休み)、そしてG1優勝戦Fペナルティ「F休み明け6か月間の、G1G2選出除外」を受けてしまった。

それでも2015年は彼にとっての最大のチャンスがあった…なんとかSG戦線へ戻ってきた峰にとって、SG取りは悲願でもあった…

第61回ボートレースメモリアル(SG・ボートレース蒲郡)優勝戦
https://youtu.be/j6dlEHCpf-o

盟友の篠崎元志(福岡)とのドッグファイトを展開するも、勝てず…
メダル授与表彰台でまたも悔し涙を流してしまった。「いい歳して泣かないの!」という声も上がってしまっていた…

翌年もFトラブルが起こってしまった…
第21回オーシャンカップ(SG・ボートレース鳴門)
予選トップ通過で12R出場、勝てばSG制覇がぐっと近づくはずだった…しかし…
https://youtu.be/iLQYk7hyExg

またしても同じ手でやらかしてしまう…前付けしてきた田中信一郎(住之江)と共にフライング返還欠場…
準優Fペナルティとして「F休み明け3ヶ月間G1G2選出除外」…そしてSGには更なる仕置きがある。「以降4節のSG競走選出除外」…たとえ出場権を持っていたとしても権利が剥奪されるのだ…

それでも腐らずに、走り続けた。前の年から「年間最優秀勝率」を取っていたのは脅威だった。

2017年、やっと報われる時が着た…
なんと前年フライングに散った開催での栄冠だった…

第22回オーシャンカップ(SG・ボートレース丸亀)優勝戦
https://youtu.be/M2hxS46RDSQ

舟から降りた峰は号泣していた、やっと掴んだタイトル…
インタビューでは「もう泣きません!」と誓っていたが…

第33回賞金王決定戦 決定戦競走(SG・ボートレース住之江)
https://youtu.be/366bk2-MB0o

そんな男がやっと掴んだ最強の称号、「賞金王」
今年の峰は強かった、出場したSG全部で準優勝戦に進んでいるのだから…
どんな時でも貪欲に着を取る、一つでも上を目指す。その走りが狂気に支配されていても、攻め続けるしかない。
トライアル2nd第3戦ではその持ち味を活かした走りを披露、これが賞金王を取れた最大の要因ではなかろうか…
https://youtu.be/4VQkbHadZfY
イン断然有利の住之江でこれである、ぐっと勝利を引き寄せた。
そして、その結果「4年連続年間最優秀勝率」という数字にも現れているのだ。


おめでとう、峰竜太…レース終わり、真っ先に駆けつけたのは直参の弟子、山田康二と上野真之輔だった。
弟子もいい感じで成長している、目標とお手本がこんなに身近にいるのだから。

佐賀、からつ上瀧組…全国制覇達成!上瀧和則もこれには喜んでいるだろう。



峰竜太が悲願のグランプリ初制覇!賞金1億円ゲット
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=5432358
1 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月26日 01:05
    一番泣いてるのは、師匠である深川真二選手だと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月26日 01:10
    > mixiユーザー 峰の師匠さんって、松尾孝明さんでしたよね…(違ってたらごめんなさい)
    まぁ、峰も深インさんを「真さん、真さん」って呼んでとても親しくしてますからね…

    佐賀支部にとっては悲願ですからね…上瀧は惜しい所までは行ったんですが…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月26日 01:38
    深川と峰は直接の師弟関係じゃなくあくまで「上瀧組」の広義でのもの(違)
    まあ、唐津はどうしても上瀧の傘下のイメージなんですよね。

    泣き虫だったり、、ヘラヘラ笑顔だったり丘では本当に唐津かと疑いたくなる部分もありますが、それは営業用。
    水面上のカチコミっぷりはまさしく唐津の激しさなんですよね…。地上波のインタでは、組子連中にいい姿を見せられた
    とか言うてましたが、30代前半で弟子三人持ち。峰組も絶賛傘下拡大中ですな。

    峰組は政治に噛んでいるところが強みで、現唐津市長が小父ですからね…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月26日 21:33
    Yahoo!ニュース(スポーツ)にもなってましたねexclamation後はクイーンズクライマックスか。来年の大晦日は、徳山だなウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月27日 09:17
    > mixiユーザー 山田は成果を出しました、上野と安河内もこれから期待できるでしょう…(先輩のみしょいが裏の大村ナイター一般出てて「後輩賞金王になったぞ」言われてましたが…)

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月27日 09:26
    > mixiユーザー 

    もっとメディアも取り上げていけばいいんですけどね…今回は、純粋に賞金王というよりも「同姓同名」ネタでしか注目されてないんですよね…

    英治がmixiニュースで名前書かれるのも、恐らく初めてでしょうね…これまでは後藤翔之や河合祐樹みたいな「嫁が芸能人」での露出がやっとでした。

    あるユーザーさんが別の日記のコメントで「どうしてmixiは競馬だけを優遇するのか、他の競技の記事も載せろや。」と運営に問い合わせした事があったそうで…
    「運営からの返事はなしだった。」という悲しい結果に終わったと…嘆いていました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年12月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031