mixiユーザー(id:1454372)

2020年06月17日21:27

35 view

4度目のチャレンジ

定期的に採血の必要な患者さんが数名います。

定期的にというのも、
大体2週間に一度、
結果悪ければ毎週ということもあります。

それは、飲んでるお薬の状況を知るためなんですけど。

そんな患者さんの中に
ものすごい率で採血をみんなが失敗する患者さんが一人います。

まあ、私が失敗するのは当たり前(?)として。

初期段階で、その方の採血に三回失敗しました。

その方に恐れられてしまい
その次からは「別の方にしてもらいたい」と言われるように。

ですよね。

代わったベテラン先輩、
数回後に失敗。

そしたら今度は指名してくるように。

「あの方でお願いします」

と言われた看護長、
これまた、数回後に失敗。

そして次に

「あの方でお願いします」

と指名された先輩は
結構イイ感じでやってましたが、やはり失敗。

というわけで、全員失敗しました。

今日、その患者さんの採血の日でして
私がちょうど採血当番だったので
準備をしていると、
ベテラン先輩やってきて

「あ、私は無理やけんね^^」

と。

というわけで、成功率の高い先輩にお願いしに行った。

二つ返事で受けてくれると思ったら

「今のあざみさんならできらい!やりさい!」

と。

思わず言葉が出ない私。

焦った顔してたら

「その患者さんは右手を出すけど
左手の血管を見さい、イイ血管あるけん、
大丈夫!できる!いける!」

と。

患者さんが詰所に入って来るのが見えたとき
お願いした先輩は、何かする仕草をした。
ベテラン先輩は患者さんから見えないところに位置。

というわけで、患者さんと二人きりになった。

「確認のため、お名前教えてください」

と私が言うと、
え?あなたがするの?みたいな表情になりながらも
ちゃんと名乗ってくれた。

そして、先輩の言うように、右手を出した。

左手を見せてくださいと言ったら
「えっ?」と焦って、左手を出してくれた。

駆血帯で縛って、
「親指中に入れて、ぐっと握ってください」
と言ったら、
患者さんの手が震えてるじゃないか!

こ、これは…

完全に怯えている…

そして、そんな患者さんを見た私も
すっかり怯えてしまった。

血管を探すと、確かにイイ血管発見。

しかし
消毒する手が震える。

注射器持つ手も震える。

心の中で
「まじかよ!震えるなよ!」と唱えながら
刺入。

逆血があって、

「よっしゃー!」と心の中で喜ぶものの
注射器をうまく引けないし
支えてる手も震えるし。

心の中で深呼吸しながら
なんとか採血ができ。

駆血帯も手が震えてスムーズに外せない。

針抜いてアル綿で押さえた手が
やっぱり震えている。

恐らく、患者さんはこれまでにない恐怖を感じたに違いない。

手が震える上に
緊張のあまり、患者さんに一言も声をかけることができなかった。

たどたどしかったけれども1回で採血終わったからか
患者さんのほうから

「今日、1時から診察なんです」

と声をかけてくれた。

心の中で、ありがとう。


とった血液はすぐに検査室に回さないといけないので
スピッツと伝票持って検査室に行こうとしたら
先輩がその姿を見て

「ほら、できたやん!」

と。

いやいや、できたけど震えたんですって。
とりあえず検査室に行って
詰所に戻って上記話したら
先輩に「イイ経験になったね。良かったね^^」と言われた。

先輩は今までは
採血代わってと言ったら代わってくれてたのに
チャレンジするように言ったのは
私の日々の採血を見て、
今なら大丈夫と判断してチャレンジするよう勧めて
成功するようヒントをくれて
できたら褒めてくれて。

ずっと代わってもらってたら
ずっとできないまんまだもんな。

良いタイミングですすめてくれて
先輩にも感謝。


3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する