mixiユーザー(id:14504999)

2020年03月30日23:28

33 view

新型コロナ闘病の志村けんさんが死去

新型コロナ闘病の志村けんさんが死去
(2020年03月30日 10:01 ナリナリドットコム)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=84&from=diary&id=6027301
『タレントの志村けんさんが亡くなったことがわかった。70歳だった。NHKなどが速報で報じた。



その他の大きな画像はこちら
https://www.narinari.com/Nd/20200359163.html

志村さんは3月17日に倦怠感を覚え、19日より発熱・呼吸困難の症状が出たため、20日に病院に搬送され入院。重度の肺炎と診断されると共に、新型コロナウイルスの検査で陽性が判明、闘病を続けていた。

志村さんは1950年、東京・東村山生まれ。1974年、荒井注脱退に伴い正式にザ・ドリフターズの一員となった。  


1985年に「8時だョ!全員集合」が終了したあとも、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」をはじめ、ヒット番組のメインとして活躍。現在も「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)、「志村でナイト」(フジテレビ系)のレギュラー番組のほか、単発で「志村けんのバカ殿様」「志村けんのだいじょうぶだぁ」(フジテレビ系)などの冠番組を持っていた。


☆生放送中に訃報、近藤春菜号泣

情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演し、志村さんとは「天才!志村どうぶつ園」と共演していたハリセンボン・近藤春菜は、訃報を聞き号泣。

声を振り絞って「何とか絶対戻って来て頂けると思っていたので、まだ志村さんに何もお礼もできていないのでちょっと受け止められない……すみません」と語った。



元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20200359163.html

志村けんさん死去 コロナ肺炎 70歳 持病なし
(2020年03月30日 10:08 日刊スポーツ)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=6027308
『ザ・ドリフターズのメンバーでタレントの志村けんさん(本名・志村康徳=しむら・やすのり)がコロナウイルスによる肺炎のため亡くなったことが30日、分かった。29日午後11時10分、都内の病院で死去した。70歳。死因は新型コロナウイルスによる肺炎。葬儀は親族のみで行う。今後親族と相談しながらお別れの会をとりおこなうか検討する。


志村さんは3月23日に新型コロナウイルス検査で陽性と判明、都内の病院に入院していた。所属事務所のイザワオフィスは同25日に報道各社に文書で発表していた。関係者によると、志村さんは今年1月に定期健診で胃のポリープが発見され摘出手術のために6日ほど入院していた。一方で、「基本的に通院するような持病もなく体調は良かった」という。


志村さんは1974年、ザ・ドリフターズに荒井注さんの脱退を機に加入。TBS系「8時だョ!全員集合」の「少年少女合唱隊」のコーナーで地元の「東村山音頭」を歌ったことでブレーク。加藤茶(77)とのコンビの「ヒゲダンス」、「カラスの勝手でしょ」、「志村、後ろ!」が大流行し、社会現象にもなった。さらに、「バカ殿様」は86年からフジテレビ系で特番化され現在まで続く名物番組となった。


85年に「全員集合」が終了後、加藤と「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」、87年からはフジテレビ系「志村けんのだいじょうぶだぁ」がスタートするなど、日本のお笑い界の代表的な存在となった。


私生活では独身を貫く一方で、プレイボーイとして、たびたび週刊誌などをにぎわせた。


◆志村けん(しむら・けん)本名・志村康徳 1950年(昭25)2月20日、東京・東村山市生まれ。ザ・ドリフターズの付き人を経て、74年、正式メンバーに。TBS系「8時だヨ!全員集合」で「東村山音頭」のギャグでブレーク。加藤茶との「ひげダンス」、「カラスの勝手でしょ」「アイーン」など次々にギャグを生む。主なキャラクターは「バカ殿様」「変なおじさん」「ひとみばあさん」など。166センチ、血液型A。


◆ザ・ドリフターズ 64年にいかりや長介さん(04年死去)をリーダーにしたコミックバンドとして誕生。他のメンバーは加藤茶、荒井注さん(00年死去)、高木ブー、仲本工事。66年にザ・ビートルズの日本武道館公演の前座を務めた。74年に荒井さんが抜けて志村けんが加入。69年にTBS系「8時だヨ!全員集合」が放送開始。77年にフジテレビ系「ドリフの大爆笑」がスタートし、コントグループとしても国民的人気となった。70年に「ドリフのズンドコ節」がミリオンヒット。ほかに「いい湯だな」「ミヨちゃん」「誰かさんと誰かさん」などの代表曲がある。』

加藤茶「コロナが憎いです」メンバー追悼コメント
(2020年03月30日 17:09 日刊スポーツ)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=6027971
『ザ・ドリフターズのメンバー加藤茶(77)仲本工事(78)高木ブー(87)が30日、新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなった志村けんさんへの追悼コメントを所属事務所のホームページで発表した。


加藤は「ドリフの宝、日本の宝を奪ったコロナが憎いです。皆さんも身近に感じて、気を付けてくださるようお願い致します」。


仲本は「ドリフも順番に逝く歳になったとは思ったけど、一番若い志村が長さんの次になるとは、、、。非常に悔しいです」。


高木は「志村早すぎるよ、俺より先に逝くなんて。3年前に、久しぶりにドリフでコントやった時、『高木さんも80歳過ぎて、頑張ってるんだから、自分も頑張らなきゃなぁ』って言ってたよね。また一緒にコントやりたかったのに。心よりご冥福をお祈り申し上げます」とそれぞれコメントしている。


志村さんの死因は新型コロナウイルスによる肺炎。葬儀は親族のみで行う。今後親族と相談しながらお別れの会をとりおこなうか検討する。


志村さんは3月23日に新型コロナウイルス検査で陽性と判明、都内の病院に入院していた。』

志村けんさん訃報に追悼続々 研ナオコ「どうしよう」 山田邦子「まだ早い」 近藤春菜は絶句し涙
(2020年03月30日 10:43 ORICON NEWS)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=6027355
『新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院して治療を受けていたお笑い芸人の志村けんさんが29日午後11時10分、東京都内の病院で死去した。70歳。訃報を受け、各界の芸能人をはじめ、SNS上では「マジか…」「ショック…」「涙が止まらない」「信じられない、信じたくない」などの追悼の声が相次いだ。

【写真】いしのようこ、志村けんとの肩組みショット
https://www.oricon.co.jp/news/2025071/photo/1/?anc=112

 “盟友”の研ナオコはツイッターで「けんちゃん、駄目だった(涙)どうしよう、、」と動揺を隠せずポツリ。山田邦子はブログで「悲しいお別れです ケンさん、70はまだ早いですよ。悲しいなぁ」と心境をつづった。

 声優の神谷明は「志村けんさんの訃報に声も出ません。ボク自身を含め周り中か打ちひしがれています。こうしている今も涙が溢れてきます。今まで沢山の笑顔のプレゼント、ありがとうございました。衷心よりよりお悔やみ申し上げます」。 GLAYのTERUは「8時だよ全員集合の頃からずっと大好きでした。残念でしかたありません。ご冥福をお祈り申し上げます」と、各界からのしのぶ声が寄せられた。

 また、番組で共演していたお笑いコンビのハリセンボン近藤春菜は、同日、日本テレビ系『スッキリ』に出演。番組を中断して速報が流れると、一報に絶句し「すみません…」と涙を流しながら「まだ志村さんにお礼も何もできていないので…」(中略)「志村さんの死を無駄にしちゃいけません」と言葉を絞り出した。

 所属事務所は、今月25日に文書を通じ志村さんの病状を公表。今月17日より倦怠感の症状があり、自宅で静養(発症日)。19日発熱・呼吸困難の症状が出現し、20日に都内の病院へ搬送された。重度の肺炎と診断されたことから入院し、新型コロナウイルスへの感染が疑われたため検査を実施したところ、23日夜に陽性が確認された。25日の時点では「本日入院・闘病を続けております」としていた。

 志村さんは、1950年2月20日生まれ、東京都東村山市出身。付き人を経てザ・ドリフターズに加入後、『8時だヨ!全員集合』で「東村山音頭」などで人気を博す。“バカ殿様”、“変なおじさん”などの人気キャラクターも愛される、日本を代表するコメディアン。』

■「台湾に笑いをありがとう」 総統も志村さんにツイート
(朝日新聞デジタル - 03月30日 16:27)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6027881
『 新型コロナウイルスに感染したお笑いタレントの志村けんさん(70)が亡くなったことについて、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統は30日、自身のツイッターに、「きっと天国でもたくさんの人を笑わせてくれることでしょう。ご冥福を心から祈ります」という日本語のメッセージを投稿した。


 志村さんが出演した日本の番組は、台湾でも長年放映されて親しまれてきた。志村さんは、日本と台湾を結んだ日本アジア航空(当時)の広告キャンペーンに、俳優の金城武さんと共に出演したことがある。


 蔡氏はメッセージで、「志村けんさん、国境を超えて台湾人にたくさんの笑いと元気を届けてくれてありがとうございました」と、その死を悼んだ。


 台湾の現地メディアも志村さんの死を速報で伝え、ニュース番組で、かつてのお笑い番組の内容を紹介している。(台北=西本秀)



■海外メディア「日本のロビン・ウィリアムズ」


 海外メディアも、「日本で最も有名なコメディアンの一人」として志村さんの死を次々と報じた。


 米CNNは、志村さんを「日本のロビン・ウィリアムズとも評される」と報道。ロイター通信も、顔を白塗りにした黒い太まゆの「バカ殿」のキャラクターで知られ、1970〜80年代の日本のお笑い界を席巻した存在だったと紹介している。


 英BBCでは東京の記者が、70〜80年代に「8時だョ!全員集合」が家族向けの娯楽としてお茶の間で愛された様子を述懐。「バブル経済まっただ中のあの頃、彼をテレビで見ていた私たちにとって大きなショック」とつづり、コロナウイルスの脅威を軽視している人々に警鐘を鳴らしている。』

88年には高額納税者トップに/志村けんさん足跡
(2020年03月30日 20:44 日刊スポーツ)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=6028322
『ザ・ドリフターズのメンバーでタレントの志村けん(本名・志村康徳=しむら・やすのり)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルス肺炎のため亡くなった。所属事務所が30日に発表した。


「東村山音頭」「カラスの勝手でしょ」「アイ〜ン」など数々のギャグを生み出し、国民的な人気タレントとして活躍した。葬儀・告別式は近親者で行う。


   ◇   ◇   ◇


志村さんは、小学校の教師だった父憲司さんと母和子さんの三男として東京都東村山市に生まれた。2人の兄は公務員。小学生のころから喜劇好き。中学生のときにコメディアンになろうと思い、高校に入った時にはこの道以外は考えられなかったという。教員の父が厳格だった反動もあったと後に語っている。


都立久留米高校卒業と同時に、ザ・ドリフターズにあこがれていかりや長介さんに弟子入り。最初は担任教師の紹介で由利徹さんに弟子入りするも断られ、いかりやさんの自宅前に座り込み、バンドボーイとして拾われた。


1974年(昭49)3月30日、東京・渋谷公会堂(当時)で行われた、TBS系「8時だヨ! 全員集合」の公開生放送を最後に荒井注さんが抜け、いかりやさんや加藤茶の付き人をしていた志村さんが、正式メンバーに抜てきされた。


翌31日付の日刊スポーツは「印象が薄い新参・志村」と報じている。当時の「全員集合」は高視聴率のおばけ番組で、TBSが民放の雄として存在しているのは、同番組とドラマ「ありがとう」のおかげと解説。荒井さんの降板を機に、ライバル局のプロデューサーによる視聴率は落ちるとの見方を紹介している。志村さんもすぐに番組にとけ込んだわけではなく、毎晩ウイスキーをロックで5〜6杯あおらないと寝付けなかったと話していた。


転機は76年に訪れた。「少年少女合唱隊」のコーナーで「東村山音頭」を披露したところ、バカ受け。東村山庭さきゃ多摩湖 狭山茶どころ 情けにゃ厚い、と歌う同音頭は59年に三橋美智也さん歌唱で発売されたご当地ソングだが、志村さんは、実際にはない「東村山4丁目町内会音頭」などをアレンジ。東村山1丁目 ワァーォ! ワァーォ! なども受け、志村さんの人気はうなぎ上りに。「全員集合」の視聴率も20%から30%に上昇した。


85年9月に「全員集合」終了後、翌86年1月から、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」がスタートした。このころ、一般女性やお天気お姉さん、モデルらとの熱愛も報じられるが、結婚には至らなかった。東京都内に3億円の豪邸を建設、ついに結婚かと報じられたが、87年8月にはこの豪邸前で志村さん自ら破局していたことを語った。


87年5月に公示された高額納税者番付のタレント部門で3位に。翌88年には、個人事務所との所得を合わせ、萩本欽一を抜いてトップに立った。


87年11月には自身初の単独レギュラーコント番組、フジテレビ系「志村けんのだいじょうぶだぁ」がスタート。「変なおじさん」のキャラクターがヒットし、同時期にシリーズ化された「志村けんのバカ殿様」とともに、人気を不動のものに。変なおじさんこと志村さんが歌う「ウンジャラゲ」もヒットした。


96年には、志村さんの死亡説が流れたこともあった。あまりにもうわさが広まり、志村さんがワイドショーに出演して否定する騒ぎになった。


99年には映画「鉄道員」で高倉健さんと共演し映画デビュー。同年にはビートたけしとテレビ朝日系新番組「神出鬼没! タケシムケン」で共演。お笑い界の重鎮がコンビを組んだことで話題を呼んだ。』

朝ドラ『エール』公式ツイッターで志村さん追悼 収録シーンは「そのまま放送させていただく予定です」
(2020年03月30日 13:07 ORICON NEWS)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=6027635
『新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院して治療を受けていたお笑い芸人の志村けんさんが29日午後11時10分、東京都内の病院で死去した。70歳。訃報を受け、志村さんが出演予定だったNHK連続テレビ小説『エール』(月〜土 曜前8:00 総合ほか)は30日、公式ツイッターを更新。「志村けんさん、いつまでも新しいことにチャレンジする姿に、みな『エール』をもらいました。収録したシーンは、そのまま放送させていただく予定です。謹んでお悔やみを申し上げます」と追悼した。

【写真】朝ドラ『エール』公式ツイッターで志村さん追悼
https://www.oricon.co.jp/news/2158652/embed/photo/?anc=112

 連続テレビ小説102作目となる『エール』は、「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)」「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」「闘魂こめて(巨人軍の歌)」などの応援歌の数々を作曲した、古関裕而(こせき・ゆうじ)さんと妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)さんをモデルに描く、音楽とともに生きた夫婦の物語。福島で生まれ、のちに多くの名曲を生み出すことになる作曲家・古山裕一を窪田正孝、のちに裕一と結婚する関内音を二階堂ふみが演じる。

 志村さんは、日本を代表する作曲家役で出演予定で、今月6日に収録に参加していた。最初の登場は5月1日放送予定。』
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年03月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031