ホーム > mixiユーザー(id:14378644) > mixiユーザーの日記一覧 > 【第44期 囲碁 棋聖戦七番勝負第2局】

mixiユーザー(id:14378644)

2020年01月22日01:47

36 view

【第44期 囲碁 棋聖戦七番勝負第2局】

■井山3冠が2連勝=囲碁・棋聖戦
(時事通信社 - 01月21日 19:30)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=5943785

1月20、21日、埼玉県川越市の「蓮馨寺」では第44期棋聖戦七番勝負(主催:読売新聞社)・第2局が、井山裕太棋聖と河野臨九段によって行われた。
結果は、白番の井山棋聖が198手まで中押し勝ちを収め、2勝0敗となった。
終局は18時25分。
持ち時間8時間のうち残り時間は黒番の河野が10分、白番の井山が11分だった。
第3局は、2月1、2日に長崎県西海市「オリーブベイホテル」で行われる。

● 河野九段、連敗スタートで苦戦 ○
https://www.yomiuri.co.jp/igoshougi/kisei/20200121-OYT1T50230/
https://kisei.yomiuri.co.jp/kisei/44th/top_7ban02.htm

前半戦のヤマ場である本局、黒番の河野九段は2連星に対して白番の井山棋聖が星と小目でスタートした。
黒は左下へケイマに掛かり、白はコスミツケから一間トビした。
最近、井山棋聖が比較的採用している布石である。
白は右上へケイマに掛かり、黒は反対側へケイマに受け、白はツケていく。
黒は、割り込みから白を這わせて厚みを築き、右下をケイマに締った。
右辺の大場へ回って、黒模様の拡大を目指す。
白は左上を一間に締った。
黒は左辺の配石を活かすべくケイマに掛かっていく。
白は左辺の大場へ打ってある石へツケて分断を図った。
黒は中央の模様を拡大させて、下辺の大場へ回ったところで、白は肩から入って模様を消しに行く。
黒は隅へ滑った後に左辺の石との連携で白を攻める作戦を採った。
白は黒が下辺を受けなかったので、打ち込んで一団を封鎖した。
ただ、黒模様の中だった為、整形しながら補強を図っていく。
そして、右上の石を一間に跳んだ手が左上から左辺が白模様化していた為、大きな一手となり、黒は即、上辺へ浅く打ち込んだ。
白は低く受けると利かされと見て手抜きし、下辺から切って黒模様の中へ入って戦いを起こした。
続いて、右辺と右上との間へも肩から侵入していく。
盤面の右側で戦火が拡大した。
右辺で白はモタレて黒を低く抑え込み、黒は下辺で切りを入れて厳しく反発していく。
黒は大きく荒らされてしまい、右辺の白を攻めながら、反撃を狙って行った。
その後に上辺へ大ゲイマに深く打ち込む。
中央の攻め合いが双方共にダメ詰まり状態になって、局面が更に難解化していく。
白も断点が数多く有って、アジが悪く振り替わりが起こる可能性が続いた。
中央の黒は上辺へ打ち込んだ石との連絡からの凌ぎを目指した。
そんな中で白は左下と右上で着々とヨセて白地を拡大させていく。
そして、上辺でも白地を拡大させた。
黒は下辺でケイマに打って地を拡大させるものの、差が一向に縮まらず、遂に投了へ追い込まれてしまった。

これで、井山棋聖は連勝スタートとなって防衛へ向けて前進した。
一方の河野九段は苦しくなってしまった。
次が正念場の一局になりそうだ。
今期シリーズは井山棋聖の優勢で中盤戦へ突入していく。

4 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月23日 14:44
    #山棋聖、やらかしたのに勝っちゃったみたいですね…これは8連覇が濃厚でありましょうかおじいさん
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月23日 23:07
    > mixiユーザー

    四天王系の棋士は手の内を知り尽くしているという点で井山さんは、打ち易いんですかね?→若手は、そういう訳には行かない

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する