ホーム > mixiユーザー(id:14005590) > mixiユーザーの日記一覧 > 子育てが一番大変な時期を水木さんへお願いしてました。

mixiユーザー(id:14005590)

2019年09月25日14:23

17 view

子育てが一番大変な時期を水木さんへお願いしてました。

子どもを持って分かったことってたくさんあるけど、一番分かったことは「子どもってかわいい存在だったんだな」ってことかな。
子どもの良さが分からなかった頃は動物のほうがカワイく思えていたので、正直子どもなんてどーでもよかった(笑←非道い)。
ところがどういうわけか、自分の子どもが「カワイイ」と感じ出した頃から(およそ生後3か月経った頃)よそのお子さんもメチャンコ気になりだしてかわいく思えてきたから、親になるって不思議だよねー。

ところで気になって読んでみた記事の中で見つけた「かわいいが更新していく我が子」っていう言葉にふと思わされることがありました。
昨日より今日、今日より明日、子どもの可愛さは今日この瞬間で終わるものではなくって、ゴールがあるわけでもなくって、成長するたびにその可愛さは日々更新されていく。親からしたら子どもってそんな存在だよね、いくつになっても親は親だし、子は子。その関係は変わらないものだもんね。
そして一番可愛さを感じられて更新しているのが分かるのが産まれたての時期からのほんの数年の間なんだろうけれど、そんなカワイイ時期に親父さんは鬼太郎さんと一緒に生活できなかったのが不憫だなぁ、と思ったんです。
目玉の姿になってしまったから生活能力がなければ元から金もない親父さんは鬼太郎さんを育てていくことができなかったので、たった一人の知り合いである水木青年へ産まれたばかりの我が子を託し鬼太郎さんの成長を陰ながら見守っていました。親父さんが一体どんな思いで見つめていたんだろうと考えると切ない泣き顔
ちょっと前までの姿だったら、病気ではあったけれども我が子を抱きしめることもできたし我が子に降りかかる災難からもその手で守ることができただろうに、今はただ見守るだけしかできないの。
それどころかカワイイが更新していく時期に一緒にいられない。
これは切ない泣き顔
鬼太郎さんの姿を窓の外から眺めていた親父さんが人間に気付かれそうになってどんぶりの中へ逃げ込んだらどんぶりを重ねられて潰されてしまう(笑)親父さんの見守り方が切なくもありましたが、

「あの子の成長を見届けるのだ」

とペチャンコになっても頑張る親父さんの気持ちには心を打たれるのでした泣き顔

そうして水木家から出てからはずうっと一緒の鬼太郎親子。
カワイイが更新していく時期には一緒にいられなかったけど、成長がほぼ止まってしまってからの我が子とは永遠に一緒にいられるようになりましたぴかぴか(新しい)
いずれは高校生くらいには成長する鬼太郎さんだけど、この50年はほぼ変わらない子どもの姿のままですね。
いつも見ると感慨深く思える3期のOPでの、寝ている鬼太郎さんを茶碗風呂から見つめている親父さんの様子。あのシーンダイスキなんだ、本当に「親子」って感じがヒシヒシ伝わってくるんだヨネ。わたしは3期の親子感が一番スキだよ泣き顔ぴかぴか(新しい)小さい頃は一緒にいられなかったけれど、今はこうして我が子の寝姿をずっと見ていられる、一緒にいられる、幸せな瞬間だろうなぁと思います。父さん、ヨカッタね泣き顔ぴかぴか(新しい)

もしも歴代父さんが本当は一人だけだったとしたらさ(田の中バージョンのみで考えるとして)、およそ10年ごとに息子が変わったのを成長だと捉えるとしたら、父さんにも人間の親と同じような子どもの成長を味わうってことをさせてあげられてたのかもな、と思いました。 ←「5大鬼太郎」で歴代鬼太郎さんが揃ったときはまさにそんな感じだったか!父さん一人に対して息子5人…いやこれだと単なる兄弟勢ぞろいのパターンか…うーん、でも鬼太郎さん5人が兄弟それでもいいなぁ(笑)うれしい顔兄弟設定だったら6期も入れるし!ぴかぴか(新しい)末っ子沢城いたほうが面白いし!(笑) ←話の趣旨が変わってきているけど





0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する