mixiユーザー(id:13658569)

2020年03月27日06:37

93 view

<近年のAOR系、オススメ盤(シングル編)>

更なるリクエストを頂きましたので、続編です。

今回はアルバム・アーティストに特化というより、単曲に焦点をあてます。
勿論、中にはアルバム自体が高品位の場合もありますが・・
また、AORというより都会的な雰囲気・・アダルトコンテンポラリーのテイストで、
どちらかというと“シティポップ(日本のそれとは少し違う)”という感じかも。
ミディアム〜スロウで味が出ている、ジャジーな雰囲気を纏うものにもスポットを。

●「When It Comes To Lovin' You」 by Bart Brandjes ft Jessy J
https://amzn.to/2UF5McB

オランダの男性シンガー。スムースジャズ系女性sax奏者“Jessy J”を起用。
欧州の街並みをほんのりイメージさせるナンバーです。


●「Forever」by Workshy
https://amzn.to/2Jeb2ia

イギリスのポップユニット。
スィングアウトシスター、マット・ビアンコ、バーシア・・この辺りと同系統ですかね。
その中でも彼らの方がより洗練、大人っぽさが頭一つ際立つ印象。
アルバムも地道に、そこそこの枚数を出してますがどれも方位が定まり、
よく纏まっているので、一枚まるごと流していても苦にならないのが多いです。


●「Free」 by Lindsey Webster
https://amzn.to/2UzUmaa

NYをベースに、近年着実に評価が高まっているシンガー。
しっとりと、地に足のついたアダルトなテイストから、コンテンポラリーJazz/R&B・・
という広めのフィールドに跨っていますね。けれどベースはやはりポップス。
声質的に“ダイアナ・クラール”と被りますけど、彼女の方が確実にポップス寄り。
そういう意味では寧ろ万人受けするタイプでしょうね。
アルバムも数枚リリースされておりどれも高品位。間もなく新作が出る予定です。


●「Angela」by Slim Man
https://amzn.to/2UGAHFo

出自がイマイチ不明のシンガーで、元々はソングライターのようですが・・。
都会的な雰囲気の楽曲が多く、ジャジーなテイストをほんのり織り交ぜながらの
落ち着いたサウンドの傾向に特化しています。アダルトコンテンポラリー。
その言葉が一番しっくり嵌る感じ。楽曲の出来も中々。
近年はジャズスタンダードやクリスマスアルバムに割りと集中してるので、
アルバム自体は少し前の頃がポップですかね。


●「More And More」 by Camera Soul
https://amzn.to/3dyNUcj

イタリア発の、女性メインボーカルを立てたソウルジャズファンクバンド。
どちらかと言えば、キャッチーで軽快なアップテンポナンバーが特長ではありながら、
スロウな楽曲の品質が実はいいんですよね、彼ら。
陽だまり系のバラッズ、都会風味のアダルトなスロウ・・どれも良い旋律。
リリースされているアルバムは、総じてアップナンバーとの配合が良く、
ダンサブルナンバーも決して尖ってなく、イージーメロディが多く聞き疲れしない、
その点では“万人向け”かと思われます。


●「Afternoon」by Andre Solomko
https://amzn.to/2vQrMJe

ウクライナ出身のサックスプレイヤー/プロデューサー/クリエイター。
フィールドや分類はクラブジャズ辺りとなってますが、独特のテイストからは
フュージョン〜シティソウルみたいな、スモーキーなテイストが特長。
東欧ロシアの血由来なのか・・といった印象ですね。


●「You Just Don't Know People」by Rumer
https://amzn.to/3an0N75

パキスタン生まれ、イギリスに活動拠点を置くシンガー。
聞けばおわかりのように、一瞬で「カレン・カーペンターが蘇った!」
と思うほどクリソツ。楽曲もバカラックの旋律や傾向が所々に顔を覗かせる感じ。
ですが、完コピというわけでもなく、現代のポップシーンによく馴染み、
上質で落ち着いた雰囲気は、まさに「現代のシティポップ〜AOR」・・
キャロル・キングとかニコレット・ラーソン辺りにも通底する気がします。


●「Your Way To Say Goodbye」by Till Bronner
https://amzn.to/2UkUGdV

ドイツ生まれ、今や押しも押されもせぬ存在にのし上がった、
コンテンポラリー系のジャズトランペッター。ペッターでありながらボーカルも。
広くには寧ろボーカリストとしての認知が高いかもしれませんね。
ペッター兼シンガー・・といえば“チェット・ベイカー”。
デビュー時、現代のチェットという異名が付けられもてはやされましたが、
もはや完全に定着した感があります。

甘いボイスが特長的で、欧州発からか、ヨーロピアンボッサの香りを纏った楽曲も多く、
ライトで洒落た感覚は、あの“マイケル・フランクス”を彷彿させる印象。
取り上げる楽曲はまさにフランクスのそれそのもの、といった感じです。


●「Fire Of Love」by Gabriela Anders
https://amzn.to/3bqOwyE

アルゼンチン発のシンガー。
カテゴリーとしてはポップス/ジャズ/ボッサ といった複合的な立ち位置。
その辺、やはり南米の血という感じですかね。若干のコケティッシュ感を纏い、
キュート印象をも感じさせますが、かといって浮足立つものはなく、
完全にアダルトコンテンポラリーな色合いに齟齬はないと思います。


というわけで、楽曲単位だけでみていけば星の数ほどありますので、
取り急ぎ今回はこの辺で。ご要望に応じてまた挙げていきたいと思います。。
0 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月27日 17:26
    Workshy良いですね。聴いた瞬間にまさに好みの音楽です。バーシア、スイングアウトシスターズ好きでした。シャーディとか。Lindsey Webster も好きです。まさにこんな感じ!ダイアナ・クラール”も大好きでアルバム4枚持ってます。AORから外れるけどローラフィジーとか。女性ボーカルも低音で深みのある感じ好きですね。昔は行きつけのレコードショップの方にオススメ教えてもらったり行きつけのバーでかかってる素敵なアルバムを教えてもらったりしたもんです。いつから洋楽も聴かなくなったのかな?なかなか自分の興味持てる音楽って知る機会少ないですね。最近は韓国ドラマのOST ばかりです。好きなメロディラインとか雰囲気が韓国に多いせいでしょう。
    Camera Soul って言われなければイタリアって感じしませんね。心地よい曲調で好きです。Rumerも良いですね。バートバカラック好きです。
    Till Bronnerってマイケルフランクスに雰囲気似ていてビックリです。
    Gabriela Anders も好きです。あまり南米って感じでもないけど。バリバリアルゼンチンってのも聴いて見たいですね。キューバとか。今回ご紹介頂いたアルバム、まさしく私好みで嬉しいです。youtube で聴いて見ます。ご紹介ありがとうございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月28日 20:16
    ブラックコンテンポラリーも好きですね。ホント昔はドラマやCM で耳にして気になったりというのもありましたね。バブル期のドラマに使われていた曲っておしゃれな感じがしました。若い時はCDの発売が待ち遠しかったですね。今はそんな気持ちになるアーチストもいないですね。ラジオも聴かなくなり、飲みにも行かなくなり、音楽に関心も無くなって。聴くのはもっぱら自分の好きな昔の曲ですね。今度YouTubeの貼り付け出来なくなってしまって残念。URLだけなんですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月30日 11:55
    > mixiユーザー なる程、確かに昔はタバコやお酒のCM多かったかも。最近は薄暗い酒場と言うよりも明るく爽やかな居酒屋のビールのイメージが強いですね。昔はロマンチックな雰囲気にぴったりのムードある音楽が沢山あったのに。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!