ホーム > mixiユーザー(id:13658569) > mixiユーザーの日記一覧 > 「法の内側」と「法の外側」を整合させるための術は・・

mixiユーザー(id:13658569)

2019年09月18日15:56

84 view

「法の内側」と「法の外側」を整合させるための術は・・

この内容とはちょっと違うけれど、昔あった光景をふと思い出した。

昭和の何時までだったか、ジュースやビール等の空き瓶を集めて商店辺りに持ち込むと
1本あたり10円換金してくれた(時節によって変動してたと思う)。

自分もそうだったが、子供らはあちこちに捨てられてるような空き瓶を見つけては集め、
纏まった本数で相当額の買い物したり、小遣いとして貯めたり、
あるいは10円で買えるものに即あてがったりしてた。
そういやぁ、当時アイスキャンデーが一本10円だったから、自分の場合
即キャンデーに換えてたっけ(笑)。

子供のみならず、大人だってそうやってた人は多かったわけで、
まぁ時代の描写ってことではありながら、しかし一方で昭和は
“戦後の高度経済成長時代・・”なんてフレーズで、一括りに華やかな時代とか
景気隆盛の時代みたいなもので一元的に解釈されるものの、
庶民生活の場面に目を凝らせば、決して裕福な事情が覆っていたわけではなく、
その一端がこの“空き瓶”でもあったりするんだな。

横に逸れたけど・・
このご老人がここまで、どのような経済事情にあったのかや、
どういう生い立ちを過ごして来たのかなどの背景がわからないが、
お金に対する価値観や捉え方は、年齢と共に付随する“時代の習慣性”が晩年まで
身体から離れずに都度の時代を迎える・・ってことは往々にしてあり、
それは今の世代が後の時代で何某かのこうした弊害を目の当たりにする・・
ってことも有り得る話なのよね。

その上で言うなれば・・。
時代は変わって諸処のシステムや人びとの慣習も変わり、
それぞれ適応していかなねばならないものであるのは言うまでもないのだが、
時々の弊害にあたっての「修正や是正」については、自助努力で行う面と
他者や社会が補完する面と両方があって、そこに個々の能力差や適応力の問題が
加わって来るので、尚更「相互補完」しなきゃならない所がある、と。

その観点でいえば、この場合一応店側は「次からは、お断りします」との猶予を
与えてるし、一度は受容しているので擁護出来る所ではある。
ただし、「営業妨害になります」という文言は、場面や相手次第ではかなり
「エッジが利き過ぎて」逆にすんなり理解されるものがそうならない恐れを秘め、
その結果がご老人による“立腹”に繋がってるわけでね。

ご老人が、冒頭のような時代背景を経緯したならば
「1円でも立派な金に変わりない」とし、その正当性を持って行った行為かもしれない。
だとすると、法の下に成立している法治国家に属する国民市民とて、
時代毎に変質する倫理観や概念性に対して、万度に適応するかはその限りではなく、
時代に外れたその倫理観や概念は、個人で届かない部分を社会的な補完で
収めていかねばならないもの・・それが「公共性」たる所以なんであって。

「営業妨害」・・。
法基準に則って、正確な言葉や定義で用いるならそんな言葉になるのだろう。

がしかし。「法の内側で、法に則ったニュアンスでコミュニケートして済むもの」と、
「法の内側にあることを、法の外側で体裁を整えつつコミュニケートすること」によって
良好な社会コミュニティが醸成されるならば、公共性の概念からすると
後者は寧ろ好ましい態様にある・・と言えるんであって。

昨今、サービス業を中心にして・・いや、もはや日常全般に言えることだが、
人とのリアルコミュニケーションが巧くない場面が目立つと感じるのね。
いわゆる「クレーム処理」の問題にもその一端が見て取れるけれども・・
相手の資質を読んで適応することが求められるが、そこには相手方の年齢や
言葉の端々から汲み取るべき、生活や諸条件への「想像力」・・。

これらがないと良好なコミュニケーションにはならないばかりか、
Q&Aマニュアルだけでは決して完遂出来ないものなわけだから。

本件に関しては、折角「次回からは・・」と猶予を与えたことをもって
店側によるある種の“懐の広さ”を見せたのに、「営業妨害だ」と突き放す文言によって
プラマイゼロに・・いや、寧ろマイナスポイントの方が上回ってしまった、
と思うんだな。

早い話、店側が巧く諭すことが出来たなら、一人の貴重なお客様を今後も繋ぎ止め、
売り上げに何某かの貢献を果たす可能性があったものを、コミュニケーションを
誤ったことによってそれを失うことになったんだから、店側だけでも単純に「損失」。
他方のご老人はご老人で「公共社会に対する不信や絶望感」しか残さない・・

これ、双方にとって「不幸」なことなのよね・・。

■新聞投稿「1円玉の悲しみ」が話題 75枚払い、店員に「営業妨害」といわれ立腹
(弁護士ドットコム - 09月18日 10:41)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=149&from=diary&id=5792559
2 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月18日 18:19
    とはいえ、一応法律上はアレって拒否っていうありますしね。なんだかなーとは思いますが・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月18日 19:02
    はじめまして。
    紙幣は金貨と同じ正貨、金貨でないコインは補助通貨だそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月18日 19:20
    > mixiユーザー 
    >>およそはコミュニケーション、対応力の範疇

    正に、仰る通り。僕も同感です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する