mixiユーザー(id:13658569)

2019年08月25日13:07

60 view

正しい理解が必要。

注文してた海外からの輸入リキッド品、たった今到着しました〜!
ってことで、このニュース。。(笑)

昨日目にしたけども、どうにも複数疑義があって、その辺が殆どクリアにならないうち、
想像通りおかしな解釈のまま既に走り始めてる感じですなぁ。

とりわけ、近年急激に非難される嫌煙事情もてつだって、タバコと名のつくもの、
分類は一纏めにして鬱憤のはけ口に活用している印象で、従来紙巻き品より
色んな面でメリットが高まっている、電子タバコ系も一緒くたに・・って感じ。

電子タバコ系の話題では、事ある毎に言われることだけど、
未だに存在や分類をちゃんと把握されてないのね。

【加熱式タバコ】
〜従来紙巻たばこのように、“タバコ葉”を活用し、直移火を付け燃焼させず高温で加熱、
発生する蒸気を吸引する方式、あるいはニコチン成分の入ったカプセルを、
別の液体(植物性グリセリン等)を加熱し蒸気をカプセルに通過させ、
ニコチン入り蒸気として吸引する方式〜 →(アイコス、プルームテック等)

【電子タバコ】(通称ベイプ)
〜あらゆる食品や、お肌の乾燥等に対して用いられる“植物性グリセリン”や
“プロピレングリコール”といった、元々人体には無害とされる水質成分に、
数多のフルーツやドリンク、タバコ風味等などの「香料」を添加(リキッド)、
高温で蒸気化させて吸引する方式〜 
            ↓↓↓↓↓
<有害なタバコ成分の“ニコチン”を入れているリキッドとノンニコ品が存在、
日本国内でニコチン入り品は製造も販売流通も禁止なので、日本の業者が国内で
製造販売している製品は全てニコチンなし、単にタバコもどきの「味付き水蒸気」を
スコパコ吸っている・・というもの。他方、海外ではニコチン入りの製造販売が
認可されている国が幾つもあり、既製品は勿論のこと、液体ニコチン原液を個人が
日本から購入〜輸入し国内で使用する分には法に触れない。但し一回の輸入量制限あり>

という基本的な分類理解が必要で、多くが用い一緒くたにしている「電子タバコ」とは、
上記のように国内では「無害品」を指し、JTらが販売するニコチン入りのアイコス等は
「加熱式タバコ」と呼ばねばならず、無害品である「電子タバコ」の俗称と
混ぜこぜにすると、全てが多少なりとも有害品のように解釈され、
非常によろしくありませんね。

ここまでを先ず前提にして、件の内容を観る時。
複数に不明瞭な点があり、そこが明らかにないと正しく読み解けず、
現段階の報道内容は全体的に「かなり曖昧で誤解を生じさせる恐れが大」と思いますな。

何と言っても、まずはこれ↓

>多くがテトラヒドロカンナビノール(THC:大麻の主成分)を含む製品を
最近使用していたことを認めているとしています

冒頭で示したように、日本で流通、または手に出来る製品に「THC」なる成分が
入ったものは存在しません。というかそんな既製品の有無も、販売されている
お国の有無もよく知りませんが・・

正確には言えないけども、ビッグな米国市場では様々な製品が流通していた
可能性はある程度考えられ、当該製品は例えば王道品より逸れた位置付けにあり、
一部でそれを愛用するユーザーが居た・・とかね。

大麻やマリファナ辺りが、日本よりも手にしやすいお国柄や地域・・
ってことと重ね合わせてイメージすると、何となく見えて来る感じ。

また、もう一つ補完・示唆する内容が以下。

>死亡者は最近電子タバコを使用し、重度の呼吸器疾患で入院したあと
死亡したと州当局は発表しています

大体にして、従来の紙巻たばこにせよ、ニコチン入りリキッドにせよ、
僅か短期間でここまで重篤になるなんて考えられないし、仮にあり得るとすれば
よほど集中・大量に摂取し続けないとこうは普通ならないでしょ、と。
というか、そこに至る前に普通は拒絶反応が出てしまうでしょうから(笑)

更に。

>同州では過去1週間で、電子タバコを使用し、呼吸器系の疾患で入院した患者の
報告数が倍増したといいます

この短期間に、急激に集中してるってことはやはり「良からぬ成分製品」を
過剰に摂取した連中が一定程度居た・・と。
例えば、一地域のアングラなムーブメントによって、パーティやクラブ等で
一定期間流通していた、とかね。何となくこんな感じっぽいんだなぁ。

あるいは、「THC」成分が入った原液品を、一般的なリキッドと調合して使用。
しかしその比率を誤った、またはインパクトを求めあえて多く投入したとか。

冒頭で示した「液体ニコチンの原液」も、ニコチン含有量は各々好みで
調整が必要なわけですが・・紙巻き品で言う所の「“キツさ(辛さ)”=mg」。
この計算や投入量を誤ると辛くてむせるとか、無理して吸い続けると「ニコクラ」・・
紙巻きでもある「頭がクラクラする」症状が現れ、酷いのになると
立ってれば勝手に足がフラフラ、スッテンコロリンするぐらい、
気を失うぐらいヤバイ状態に陥りますからね。

それと似た、不適正量の過剰摂取・・って辺りも相当考えられる、と。
早い話、酒で言えば「急性アルコール中毒」。短時間に過剰に飲むから命落とす・・
と考える方が合点が行くように思いますが。

なので、この記事を見て「日本で売ってる・吸ってる連中も危ない」なんて解釈は、
冒頭の分類も理解されてない上に、リキッド製品の内訳も理解されてないので、
トンデモな大間違いをすること必至。

言わんやメディアが毎度のように、嫌煙属性が毎度のようにヒステリックな様相を
醸し出し、正しい範疇で利用や流通している環境を破壊するとすれば、
それはもうれっきとした「社会悪」と言えましょうよ。

その時、ボクはこう言うでしょう。
「貴方ら、ニコチン嫌い成分を過剰摂取したんじゃないですか?」とね。。

米国で電子タバコとの関連が疑われる肺疾患、当局が調査 死亡例も 多くのケースで大麻の成分入り製品使用
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=128&from=diary&id=5761058
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する