mixiユーザー(id:13658569)

2018年11月23日22:29

90 view

クルマ本来の特性を考えればセダン系がベターな理由。

どこ見回してもミニバン、SUV、軽ワンボックス・・ってな状況になって
一体どれ位経つのだろうか・・

それが最近になってようやくセダンやクーペスタイルの車が復権の兆しを見せていて、
個人的には嬉しいというか安心感みたいなものが増して来たかなと。

個人差や用途の異なりもあるので一概には言えないけども、
基本線として車は「車高が低いセダンタイプ」が、「走行する車」としては
一番理想的な形にあるだろうと思いますけどね。

車高の高い車は視界面を中心に、搭乗者への配慮や荷物の運搬性等の利点がある一方で、
走行安定性という点ではどうしても劣るのが否めず・・
昨今その手の車はあれこれ改良されていて進化はめざましいものの、
“あらゆる場所を様々な条件で走行する”という基本を踏まえると、
走行性は重視されねばならないはずも、現実は「汎用性>走行性」にある印象。

なので、複数人家族がいるとか荷物を運搬する比率が高いとか、
都市部を中心に可動する率が高いとかならいいんだけど、
そこまでではない場合、車の基本的な動力特性を肌感覚で習得するならば、
やはりセダンに近いタイプの方が総合的に観て得策・・と思いますね。

一方「地域差」。
私は北国ですんでね、冬道が年のおよそ半分近くになるので、尚更走行性能や
駆動条件が選択の必須要件に入って来るわけで。

ただ厳密に言えば、これはある時期までそんなに重要じゃなかったという。
ターニングポイントは「スパイクタイヤ禁止条例」が施行されてから。
スタッドレスに拠る“ミラーバーン現象”が新たに出現したことで、FRスタイルが
途端に不利となり、発進時を中心にそれまでは特段に多くの需要まではなかった
四駆の必需性が一気に増し、最低でもFF・・のような流れに。

そうなると必然的にFRのセダンやクーペスタイルは敬遠され、
SUV系ムーブメントと合わせて一気にセダン系が風前の灯に・・という状態。

なので早い話、タイヤさえ(または道路環境)スパイクと同等程度であれば
FRで全然オッケーで、自ずと北国における車の選択肢はその分広がるんですよね。
が、依然として冬道環境が特段に改善されない以上、セダン系でも四駆タイプじゃないと
安心して乗り回せないという。

他方、タイヤ性能自体がスパイクに及ばないため、動力性能が高く尚且つ高い車高で、
おまけに「ホイールベース」が短い、または車格バランス上マッチしていない場合、
冬道でのカーブや制動の面を含めて「四駆であることでの無意識的な過信」をもたらし、
かえって危険な状況を生んでいるし、実際に冬場での事故車を僻地のような
地方でみる時、SUV系や背の高めなワンボックス系、軽タイプがよく目立つ。
ざっくり言えば「タイヤ性能と車がマッチしていない」からで。

その辺諸々考えると、車高が低めで出来るだけホイールベースが車格、
エンジン性能に対してバランスが取れているもの・・というのが本来的には
有力な選択肢になり得るはずだと思うわけです。

なわけで、冬道とは無縁な地域ならその分の考慮が不必要なので、
早い話“何選んでもさほど問題ない”という言い方も出来ちゃいますが(笑)

それは別として、北国の事情を含めてみても、年配層がセダン回帰する傾向を
前提にすると、やっぱ「ステーションワゴン」という潜在需要は本来もっとあるはず・・
と思うんですがねえ。

この辺りは毎度のように言ってますけど、現行国産車ではほぼ「レヴォーグ」の
独占的状態になってるわけだし、比較的コンパクトなステワゴが皆無な市場にあって、
「適度に荷物も積めるセダン」という需要は、セダン系の回帰傾向と依然続く
ワンボックスタイプとの両方を併せ持つわけだから、いつぞやに終焉した
ステワゴのムーヴメントは再び起こせる気がしてならないのですよ。

そんな中、トヨタのカローラワゴンが来年登場する予定で、スタイリングや
ラインナップは中々魅力的であることが判明しており、カローラという大衆クラスの
元々の需要性を基にすると、この売れ行きによって他メーカーの追従は
起こり得る気が少々しているわけで。

このクラスだと高年齢層や小家族、あるいはスタイリングの斬新さを付加させれば
その下の世代へも広くカバーされるような気がするし、その意味でも
1500〜2000CCクラスのステワゴを、同時に四駆仕様を用意すれば
全国的な需要を網羅するんではないか・・と思うんですが。。

■世代別クルマ選びのすすめ 子離れするとセダンに回帰
(AERA dot. - 11月23日 07:02)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=173&from=diary&id=5388379
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年11月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930