mixiユーザー(id:13658569)

2017年04月01日04:45

209 view

狂気錯乱の末の「無政府状態」。

喚問直前、元の代理弁護人「酒井氏」による突然の辞任によって
急遽弁護を引き受けた、喚問時の補佐人でもあった有能エリート弁護士、
“ヤマベン”こと山口貴士所属事務所より、先程この内容がUP。

http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/20170331kougisho.pdf

要点を纏めたこの内容、複数の専門筋からも指摘されていたように、
この度の喚問招致の動機〜喚問内容等々を含めた中での、
与党サイドに拠る「法的根拠」等の逸脱を前提にした、複数の経緯についての明確な批判と、
招致側・・とりわけ与党側に対する作為的な点について明確に指摘されている。

内容からしても当然のごとく、ざっくり結論から言えば、与党〜政府に拠る
「暴発」そのものだろう。

自民の西村氏等も挙げていた、偽証の疑いが濃厚とする主な2点についての一つ目は、
示されているように「伝聞」から派生する所の「勘違い」や「間違い」の類とする内容であり、
明確な「偽証」として扱われるまでの部類とは言えないこと。

2つ目については、喚問招致通達が成されるやいなや、冒頭にある急遽の弁護人変更の中、
実施までのごく僅かの時間内で行われた作業時間であったことに対し、
予め通達されていた予算委員会による質問事項には「100万円の振込票」
に関する質疑事項はなかったにもかかわらず、詳細な事務資料に基づいた
確認照合作業を経ることが全く出来ない上での、振込票に関する質問そのものが、
勘違いや記憶違い、誤りを誘発する基であったこと。

とりわけ2つ目については、葉梨議員に拠る「不適切な」質疑と内容であり、
突如として、また口頭のみの質問にて答弁を求めるという行為そのものに問題がある、と。

喚問が行われた後に、当日記でも雑感としてあれこれと書いたが、
葉梨議員による質疑の手法内容は、警察キャリア官僚による「悪い癖」が
表出していたことについて指摘したけども、案の定あの内容に発端があり、
あの手法は「密室取り調べ」手法の典型で、「貶める・はめ込む」ことを
前提としたものだったゆえに、こうした「間違い」を導いたもので、
結果的には「あえて誤りをもたらさんとした」、ある種狡猾な内容だったということが、
この抗議書からはっきりと掴み取れよう。

この内容であらためて明確になったことは、やはり何と言っても証人喚問の発端が
誠不健全な「総理への侮辱」という、単なる「感情論」のみで拙速に前のめりになった、
そこにそもそもの「粗があった」ということだ。

内容通り、これで偽証罪なんぞに問えるとすれば、あるいは問おうとすれば、
そりゃあもう完全に「政府の暴走」、「感情劣化による制御不能状態」と言わずして
何と言おうか・・ってなもんだ。

いや、一歩引いて冷静に考えりゃあ言うまでもなかろう。
既に第二次安倍政権が発足して以来ずっとそうであったが、
とりわけこの森友問題が発覚して以降、ことごとく滅茶苦茶な醜態を晒し続けているわけで、
その中での稲田に関する部分にしても、官僚含めた閣僚の麻生や菅その他にしても、
そして何と言ってもその最たる安倍本人に拠る、言質や挙動不審たる姿勢全般にしても、
言ってみればもはや「狂気錯乱状態」そのものだが、その果てがいよいよの、
この偽証云々の部分と、そしてここから派生しゆくであろう今後の動きに集約されるはずだ。

取り沙汰される「国政調査権」一つ取っても、その適用における建付けには
様々な要件があり、そこには憲法の条文等々も絡んだ立体構造にある・・ということを、
当の政権自体が不理解なのか、あえて恣意的に乱用せんとしているのか・・

その見境すらつかないほどに「錯乱」しているということを、
国民サイドは有無を言わずしっかり凝視せねばなるまい。
そして乱用の暁にはそれが前例となって、ひいては歴史上「大汚点」を残すことになり、
その時の「国民側当事者」として、この先次の世代から冷ややかに、
尚且つ大きな批判を浴びることを意味する。

その時「知らん顔」がどれほど出来るか・・
今の政権を、同じく錯乱状態で盲信している連中なら、死ぬまでずっと無責任に、
他人事のような顔で平然と生きていることだろう。

そりゃあそうだ。今でさえ他人とは関わりのない世界で、
自分や同じ意向の立場だけで構成せんとし、それ以外とは分断を図ることに
邁進してるわけだから。。

■「偽証」発言は名誉毀損=籠池氏側、自民議員に撤回要求―国有地売却
(時事通信社 - 04月01日 02:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=4506516
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する