ホーム > mixiユーザー(id:13658569) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:13658569)

日記一覧

本件に特化する限り、労働力不足については幾つもの要因が複雑に絡み合ってのこと・・というべきものだけど。スーパーに限らず、広い分野でもう様々な影響が及んでいる実態に際し、改めて浮き彫りになったのは・・やはり「昨今の経済体制〜新自由主義体制」の

続きを読む

事態やここまで断片的に表れている情報からして、「喫煙リスク」や伴う「禁煙の啓蒙」を促進する事そのものは妥当性や受容されやすいとは言えるものの。医学界の一部がタバコの生産や流通、販売といった「経済領域」に踏み込み、半ば強制的な提言とするには、

続きを読む

レジェンド、逝く。。
2020年04月06日15:13

不覚にも、この訃報を後で知った。呆然・・実際、じゃあビルの大ファンで彼の音楽に夢中となった・・とまでも言い切れないんだけど、どうにも寂しさが募って仕方ないのね。ビルはどっちかというと「アーティスティックなソウルシンガー」という感じで、何処か

続きを読む

一応、こっちにも貼っておくか・・。https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1975256377&owner_id=13658569上記の通り、既に小池百合子は、東京の「繁華街」をターゲットに、密かに改定された「感染症法」を使って「強制封鎖」を行う可能性がある。盛んに「飲み屋

続きを読む

先般も書いたし、一部では把握している向きもあろうものの。依然としてきちんと報道&正しく解説されておらず、広く周知がされていないことが。「インフル特措法」に伴う、一見して私権制限のないように見える同法の緊急事態宣言は、3月26日、インフル特措法

続きを読む

未だに北海道の対応を「一元的に」評価する向きが絶えないが・・。実態は「その限りではない」ことを、この際留め置くべき。何より。北海道は言うまでもなく「広大」である。広い北海道における行政管轄としては、「宗谷」「留萌」「網走」「根室」「釧路」「

続きを読む

さて・・。正式運用開始以後、着陸向けの新ルート運用は今日が初。ルート適用開始以後の状況を観る限り、コロナによる大幅減便と、国際線による事実上の壊滅状態を前提に、運用機材の比率は概ねB737やA320等の小型機クラスが多かった・・という要素を一つ踏ま

続きを読む

「ロックダウン」だの何だのと、唐突な動きになっているのは、五輪延期決定、あるいはNYのクオモ等の首長、為政者らを踏襲してのこと、と思いきや・・なんとなんと。またしても政府は知らん間に勝手なことをしでかしてた、というじゃないか。何なんだこれ。。

続きを読む

およそ7年あまり、あらゆる誤魔化しと抽象論でのんべんだらりと政権に居座った、安倍晋三と滑稽・愚劣な仲間たちの正体を。「国民を守る」とか「国を守りぬく」なんぞと耳障りの良いフレーズで国民庶民を、国の有り体をことごとく破壊して来た集大成が、今回

続きを読む

石破氏による森友関連での発言。これはこれとして、与党内部唯一の光明ではあるものの・・。しかし。改竄問題は、言ってる通り「新事実が満載」ではあるけれど、赤木さんの手記による衝撃度があまりに大き過ぎることによって、これにて「一気に森友問題の核心

続きを読む

何度か指摘して来たこの問題。記事の内容に特化して記す。既に当問題についての重大な懸念を呈し続けてきた、元パイロットの杉江弘氏も言及しているが。新ルート開設にあたり、米軍側と協議の結果設定された本コースは、記事通り「最終的な詰めの段階で、米軍

続きを読む

師匠・・・。
2020年03月30日15:09

小学生の頃。参観日に、親の前で「将来の夢」ってのを作文で発表する機会があって。皆大抵は「パイロットになりたい」「プロ野球選手に」「美容師さんに」・・こういう子供らしいのが殆どの中。自分・・「カトちゃんの弟子になりたい」と・・。当時来ていた母

続きを読む

前回に引き続き、更に少し範囲を広げて挙げていきたいと思います。。●「Sensation That」by Papik Smooth Experience https://amzn.to/39njOFnイタリアのアーティストプロジェクト。クラブ系ユニットとしての位置づけですが、展開する楽曲はヨーロピアンボッ

続きを読む

誤解を招く恐れを承知の上で言うが・・。『実にグッドタイミングで落としてくれましたね』。いよいよ本日から「羽田新ルート」運用が始まる。新ルートで指摘される問題点は、 々匐機による着陸進入角度の危険性◆〕邁縞の危険性 騒音問題主にこの3つ

続きを読む

「国」である前に・・。
2020年03月28日22:46

〜愛国心は育てるものではなく、自然と育つもの〜といった当然中の当然な言説、解釈が所々に見受けられるのは、今のおかしな風潮の中で、一筋の光明を観る思いがするものの。それはそれとして・・。もっと重要なこと。国(国体)を基礎づけるのは、他でもない

続きを読む

更なるリクエストを頂きましたので、続編です。今回はアルバム・アーティストに特化というより、単曲に焦点をあてます。勿論、中にはアルバム自体が高品位の場合もありますが・・また、AORというより都会的な雰囲気・・アダルトコンテンポラリーのテイストで

続きを読む

昨夜散発的に連ねた内容を纏める意味でも、改めて記そうと思う。本日発売の文春が「スクープ第二弾」。前回の手記はもちろん「核心部分」ではあるけれど、一度で全て出し切るなんてのは凡人のやること。これまでのパターン同様、隠し玉・・というか、重要な部

続きを読む

さてと・・。延期措置が決定の運びとなり、その時期が約1年後と。改めて冷静に、冷徹な視点で見る必要が増したわけで。先ず真っ先に浮かぶ疑問点。【来年の開催時期、日本はおろか世界中で、コロナが終息してる保証はあるか?】今年のスケジュールが、そのま

続きを読む

はてさて。色々な見方が出てるけれども・・。中止か延期かの最終決定はともかくとして。開会式・閉会式を主にして、使用される音響機材や照明、レーザー等のいわゆる“特殊効果(特効)”、LED関連、映像、大小小道具、動力系装置関連のエキップメント・・多

続きを読む

安倍晋三も麻生太郎も、重大な失態をここで犯しているのね。ご遺族が求めている内容は「なぜ亡くならなければならなかったのか」が主旨。その理由は、現段階で「不明」だからこそ「再調査」して欲しいとし、野党側の要求もその意思に基づいてのもの。がしかし

続きを読む

ここんとこ・・いや、もう何年もかな、憤るニュースとか社会情勢とか、そんなんばかりで、それに対する物言いを書き殴り続けてますけど・・元はと言えば、好きな音楽や雑ネタについてツラツラ記してたわけで・・日常的にはその間、音楽で浄化する行為は続けて

続きを読む

巨星、墜つ・・。
2020年03月22日17:26

いやはや、昨夜目にしたこの報せ・・この度もご多分に漏れず、驚いた。ケニーは元来“カントリーシンガーの大御所”ではあるけれど、やはり大ヒットを連発し、次々と多彩なアーティストと共演、グラミーの舞台や、“総帥クインシー”による「USA FOR AFRICA」

続きを読む

衝撃の手記と遺書は、もう既にあちこちで取り上げられ、雑誌やweb紙面で内容を観た人は多いだろうと思うが・・その部分もさることながら、看過し難い事実が、相澤記者によるルポによって克明に書かれている。当ニュース記事に関連し、その点について指摘する

続きを読む

このニュースを見て、実に暗澹たる思いに駆られてしまったのであり・・。いわゆる、日本のアイドルグループ程度が世界一の売り上げを記録したことに対する「妬み」の類の、感情論みたいな表面的理由ではなく。『世界一を記録したアーティスト(タレント)が、

続きを読む

衝撃の手記公開から2日程度経ち、未だ激しい怒り、憤り等々が全く収まらず、平静を保つことが尚難しい状態だが、ここは少し抑えつつ記したい。「再調査しない」・・。安倍晋三としても、政権としてもそりゃそうだろう。そういうしかない、“苦しい立場”なん

続きを読む

改めて・・。購入し読了。読んでた車内で、途中何度内張りドアやシートを殴り続けたか。ホントにね・・ふざけるなこの野郎!何でこんな亡くなり方をしなきゃならなかったんだよ!佐川。貴様、何様のつもりだてめぇ!以下幹部連中、お前らもだこの野郎!麻生太

続きを読む

何につけ、催事で一番のハードルが演者らのブッキングと小屋抑えですからね。どっちが欠けても成立しないが、ブッキングが成功し、尚且つ仮に、内容や収支らを度外視出来たとしても、開催場所が決められねばそこで「ジエンド」。そういう意味では、小屋抑えを

続きを読む

この前も触れたけど、改めて整理しようと思う。先ず前提として、絶対に揺るぎない事実。それは【改正前の特措法でも、緊急事態宣言は発令出来る条件にあった】 ということ。従って、報道ベースにある「緊急事態宣言が可能となる改正案」という表現は、思いっ

続きを読む

3年ほど前のこと。12月中旬時期に父が他界。身内だけの葬儀とはいえ、しかしそれがゆえ、手続きや準備等々大半を自分が中心で走り回り、睡眠不足やら何やらで疲弊してたわけで。一週間程経った辺りで、インフルエンザの流行で蔓延する老人施設に勤める親族と

続きを読む

意外と・・いや、人間って(日本人って!?)、ちょっと前のことすら忘れる、「喉元すぎれば・・」が常だったりするんだけども。この件もまさしくそうだと思うわけですよ。僅か9年前。3.11が起こった直後から暫く、やはり「自粛ムード」が続いた。もう少し前

続きを読む