mixiユーザー(id:13658569)

日記一覧

昨日の続きになるけれど・・。この事案、報じられる内容やボリュームに相当程度の「落差」「異なり」があるのね。一言で言って「被告の医師側に優位性があるかのような」状態でここまで来た、と。一方で、原告被害者側における事実関係を照らし合わせていくと

続きを読む

以前購入した「100均の中華鍋(実際は500円だけど)」。チャーハンや肉料理をすると妙にこびりつくことから、「安物だからか!?」と思いつつ、何度か試行錯誤を繰り返し、ようやくコツを掴んだと思っていたのですが・・しかし、その後またこびりつく現象が発

続きを読む

今までなら、災害から間もなく現地に入るなんてことを殆どやって来なかったのに、今回ばかりは突如として行き出す・・なんてのは、毎度の批判を恐れてではなく、一般論で言う所の「政治的アピール(政治的プラス効果)」でもなく、「これ以上の支持率下落は抑

続きを読む

確か、一審判決時にも書いたような記憶があるのだが・・その際妙に引っ掛かったのが、記事表題にある「せん妄」。亡き父が晩年、入退院を繰り返した時大いに悩まされたのがこのせん妄症状。その経験からして、本件で争点になっていた項目の内のこのせん妄につ

続きを読む

催事関連における、法的側面での各種リスク事情について、とある件でちょっと調べてた最中なのだけど・・。そのさなかでの本件・・。これ、催事主催者にとって「どえらいリスク」を背負わないといけない、実にヘビーな選択を強いられると思うが。感染症法に纏

続きを読む

なんか取り憑かれてるみたいですが・・(笑)あれこれ考えているうち、迷路と言うか思考があっちこっちに・・。で、都市部の投票率が上がる方法について、稚拙な所がありながら、けれど凄くシンプルで原理的な所に行き着いた。結論から言えば・・【都市機能を

続きを読む

とある論考を観て、ちょっと興味深いなと思ったのだが・・。詳細の数字まで不明だけど、前回同様「女性票」が多く、圧勝劇の基盤はここにある・・との見立て。前回はコロナがなかったことと、今よりもまだ女性の政界占有度が少し低い情勢下、また“猪瀬や舛添

続きを読む

取り急ぎ、候補者個別の論評はさておき・・。言及すべくは、毎度選挙のたびに避けて通れない「投票率」。55%、とのことだが。。さてはて。今般は前例にない「コロナ騒動下」という条件が大きく立ちはだかった・・との項目を置いた上で、尚どう捉えるべきか。

続きを読む

つくづく「善良で正しい知識を得ようとする都民」が可哀想に思えて来るわけで。徹底した検査や隔離、追跡等の態勢を取らないばかりか、情報開示の姿勢をも相変わらず取らず、隠蔽を尽くす小池都政・・その被害者がいつまでもダラダラと出続ける構図。にも関わ

続きを読む

日本語は難しい・・いや、変に難しいかのようにしてしまった人達によって、世間大衆は一層混乱に陥るの巻・・という感じですかな。「第二波」・・。ん、まあそういう解釈も“無理やり”出来なくもない、って感じですかねぇ。そもそも。最初の拡大期にあった病

続きを読む

いやいや、無理でしょう。何故なら。国は「本気で感染拡大阻止をいの一番に考えてはいない」ことが判明したんだから。手前のご都合に合わせて収束傾向なんぞとし、緊急宣言措置を解除し、その理由背景として「経済優先」を事実上選択したわけだ。あえて乱暴に

続きを読む

条例〜刑事罰適用における詳細な規定まで網羅出来ていないので、この短い記事だけで言及するのは困難だが・・それはともかく、一般概念や通念として広く考える時。いわゆる“表現自由”との関係性は別にして、恒常的な差別問題を基にすると、「根絶」という文

続きを読む

レベルを下げて言うならば・・。「強力な武器らしき権限を持ち、振る舞ったはいいが、付随する大きな責任の意識が端からなかったせいで、後で押し寄せて来た跳ね返りに辟易して来た(責任が取れなくなった)」 ってことでしょうよ。一言でいえば「みっともな

続きを読む

ふむ・・・。ここまでは、表面的な人事面での「政権VS検察」劇として、事実上“検察側の勝利”・・とみて大きな間違いはない、と思われ。当初の予定通り、稲田氏は林真琴氏への総長移行が完遂する道筋を付けての辞任となり、今後も今まで同様の“慣例”が継承

続きを読む

テレビというメディアが、昔は「大人の為のメディア」というか、時間帯によって子供と大人の時間を明確により分けられていた気がするのね。反面ラジオというメディアは、「若者のメディア(拠り所)」だったと思うわけで。勿論ラジオもまた時間帯や曜日毎で棲

続きを読む

厄介な事になりそう。
2020年06月27日16:04

これは今後ちょっと、色々面倒なことが起こりかねない気がするねぇ。本件を正しく理解or読み解くには、判決内容の詳細文面を精読する必要があると思われ。何より。当記事には書かれてないけども、他の記事には〜「同様の仕組みのテレビを設置して契約義務がな

続きを読む

こりゃ極めて重大な、かつてないほどの大問題。世論調査は、メディアがメディアたる所以というか、公正性や信頼性を担保する「柱」みたいなもの。それがこうして崩れたということは、単に一報道社の信頼性云々というだけじゃなく、他のメディア全てに対する信

続きを読む

しかし、いつにも増して空虚な・・いや、開き直りと焦りが入り混じった、これまでにない哀れな会見だったなと。何故か「憲法改正」の話を唐突に持ち出し、あるいは、先の横田滋さん逝去からの拉致問題、からの北朝鮮問題〜安全保障等など・・片やコロナ問題で

続きを読む

当初の見立てだと通例的に言って週末、明日の19日夕方辺りと観てたけど・・。この通り、本日だとすれば・・1日早まり、国会閉会の直後に繰り上がったのをどう見るべきか・・一部には、東京都知事選公示日と重なることで報道の分量が割かれ、その分党や政権へ

続きを読む

芸術作品に対する、時代を超越した中での価値性や変質性を、その時代毎でどのように受け止めるべきか・・類似するものは、これまで幾つかあったと思うけども。さて、本件の処遇についてどう考えるべきか。共通前提として。ここにある「人種差別」というテーマ

続きを読む

つい先日だったか、最近じゃ記憶にない「受信料のお願いチラシ」が投函されていたっけ。かつてあったのは、お役所的な定形文の地味なチラシだった記憶が朧げにあり、しかしそれもいつしか観なくなり、代わりにNHK自らのメデイア発信等に置き換わった・・そん

続きを読む

こういう、安易な「単純計算」を基に再スタートするタレントが出て来る恐れを何処かで危惧してたが・・まさか現実となるとは・・。莫迦も大概にせよ、って話だ。未曾有の事態に際し、音楽〜エンタメ産業全般にとって、死滅の危機にあることを一体全体どう深刻

続きを読む

遇に、会見の凡そを観てたけど・・。のっけから「猛烈な違和感」が。横田さんご子息兄弟による、揃っての「メディア批判」と「政権批判への批判」。これを、単に“恨み節”と括ってしまうのも少々気が引けながら、しかしてそれを超越するぐらいの「妙な引っ掛

続きを読む

地域外というのもあって、生憎聞いたことがないのでアレだけど・・なんとも、たそがれてしまうねぇ。。地域事情もわからないので、これまた正確に言及出来ないけれど、広告収入とかステーションの戦略性とかいう表面的なものではなく、ここに一つの「深刻な要

続きを読む

簡素に、あるいは少々粗雑に言ってしまえば・・。「これまでの規模は、本来的に必要な数だったのかどうか」を、今般コロナ騒動によって逆に問われている・・ということじゃないのかね。今や、何処の街を訪れても、通過してもお馴染みのチェーン店看板ばかりが

続きを読む

法人とはいえ、30町か。本州ということを考えると、大きいな・・ん〜・・今年の場合はまた予想だに出来ない事態ですもんなぁ・・とりわけ、本州の春作分新玉の場合、割りと軟性の上にこれから夏場に向けて、日持ちし難いために貯蔵にはあまり向かないのね。な

続きを読む

既に同様の見解はあるだろうが・・【謝罪するなんて、実にけしからん話だ】。よくあるように「誰でもかかってしまう病気だから」なんていう表面的な事じゃなく。「感染拡大を呼びかけていた立場」というのは、あくまで一報道人、メディアプログラムの真ん中で

続きを読む

>河井夫妻の銀行口座、政治資金などから、ばらまいた額に見合う資金の 出入金の形跡がうかがえない推測の域を出ないが、今年のある一時「検察側が捜査に煮詰まっている」との話が僅かに聞こえて来たのは、もしかするとこの部分かもしれない。当然、その段階

続きを読む

〜国民の多くは、極端に言えば、安倍首相以外ならば誰が首相になってもよい、とさえ考え始めている〜言い得て妙というか、この言説には凡そ2つの背景要素や意味を内包していると思うが。一つには、依然として日本の世論や感覚にある「政治依存(まる投げ型)

続きを読む

ほんとに一貫性のない、思いつきだけの莫迦としか言い様がない。それ以上に、この超絶莫迦で無能な大臣を1ミリも無能と思わず、あほらーーんと優雅に飛ぶ飛行機を待望しちゃう脳天気な庶民が居るならば、それまたよほど絶望的としか言いようがなかろうね。先

続きを読む