mixiユーザー(id:1360988)

2019年05月29日22:40

33 view

廃066合同探索1日目2

 5月25日合同探索初日、最大の目的地である滝上町拓雄、私は7年ぶりです。


上雄柏から拓雄への道、交通量が少なくマツの落ち葉で道の半分が埋まっている。
フォト



拓雄にあっさりと到達、旧道、草に埋もれているはずだが、伐採作業の道が付けられ普通の林道、歩きやすかった。20年前にこうだったらすぐに学校を発見できたのに。
フォト



右が旧道の幹線道路、左が学校に続く枝道だが、作業道となり本通りと化している
フォト



拓雄中学校の表札のある校門
フォト



道路と校地の間にある木製の校門
フォト



校門横の廃校と廃集落の記念碑
フォト



校舎のすぐ脇を作業道が貫通しているが倒壊した煙突は無事だった
フォト



土台
フォト



校地横の道、伐採作業道になる前はこんな感じだった。
フォト



記念碑近くの表面の草が剥ぎ取られている
フォト



20年ほど前まで残ていた小屋、窓がアルミで新しかったので当時は気が付かなかったが昔の建物だったようだ。
フォト



帰り道、枝道に入った。ここは滝上森林鉄道のオシラネップ線跡の林道
フォト



手掘りの掘割、手掘りだそうだ
フォト



20年ほど前、車でここを通り先に行こうとしたが藪が深く、脱輪し転落する恐れがあり断念。
フォト



掘割の壁面
フォト



手掘りの跡の溝
フォト



見飽きない
フォト



絵になる風景
フォト



そこは深見沢林道、周囲を伐採したので開けた感じになっていた。
フォト



続く

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する