mixiユーザー(id:1360988)

2017年03月25日00:10

390 view

模型32チト1号車完成

 去年の3月31日から製作開始し1年の1週間前に完成。
チトは
20トン、最大装甲50ミリ、300馬力、〇新(丸の中に新)57ミリ砲
という当初案とその後の改正要求の
24トン、最大装甲75ミリ、300馬力、長57ミリ砲
というのを聞いたことがある。
今回は改正要求タイプを製作することにした。
 シタデルの二式砲戦車の砲塔が少しオーバースケールだったのでそれを使用し
たためだ。
 車体は他の日本戦車にはない角型の出っ張り、おそらく四式の75ミリ砲塔を
急きょ搭載するために車体部分の幅を広げたと思う部分を切り取ったのが最大の
決断。
 後は完全にSF、一式戦車と三式戦車を基に製作。砲塔上の車長展望塔と砲手
のハッチは左右逆にした。左が車長の戦車はアメリカのM24軽戦車と二式砲戦車
しか知らないため。


真横から
フォト



こんな感じで違和感はない
フォト



砲身は仮に取り付けた物が良い感じだったので特に手を入れずそのまま使用
フォト



正面、一式の拡大という感じ
フォト



車体右側、装甲窓は左右同じものを使用。四式、五式はピストルポート
付きの物の反対側は窓のみだが機銃が付いている。三式は片方は大型
の扉、機銃がないので左右にピストルポート付きの物を取り付けた。
一丁は車内搭載で対空用ということで良いかもしれない・・・
フォト



車体後部、砲塔は二式タイプ。機銃を付けるのなら後方か?
車体右でも良かったかな・・・
フォト



真上から、想像図ではチト1号車の砲塔はアンテナの基部
辺りになっているが、少しオーバースケールでもこの程度だ
フォト



機銃を車長側に取り付けても良かったかもしれない。
今度は四式試作車体に二式砲戦車砲塔を取り付けタイプにしてみたい。

 24トンの長57ミリは48.5口径ではなく試製57ミリ
速射砲の57口径でも良いかもしれない

2 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月25日 04:54
    素晴らしいです。おそらく、このような形だったでのでは?という説得力があります。1号車、私的にもこのようなイメージです。ドンピシャだと思います
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月25日 18:00
    > mixiユーザー 
     実際の図面くらい残っていそうですが発見されず、写真も出てきません。
    どこかに眠っているのでしょうが、九五式軽戦車の車体に12センチ榴弾
    砲を搭載した写真の出てきたので期待しています。
     車体の出っ張りはやはり1号車を直接改造したものなのでしょう。1号車
    、浜名湖に沈んでいないのかな? 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月25日 23:45
    図面がなくて写真が無いと言うのが不思議でもあり。戦後、全ての資料が破棄されたのかな?とも…にしてはやっぱり、変。戦後、しばらくの内は橋のたもとから戦車が見えてたという証言もあり。全く謎だらけです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年03月26日 00:20
    > mixiユーザー 
     あれだけ明確に他の車両とともに湖に投棄したという証言があり、まず投棄は間違いないのでしょう。
    しかし、他の車両はその後引き上げているようですがチトだけ引き上げていないのも不思議です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する