mixiユーザー(id:1360988)

2016年11月27日23:36

208 view

模型20

 旧日本軍の九七式57ミリ砲搭載タイプと47ミリ砲搭載タイプの
迷彩色を筆で大まかに塗った。寒くて吹きつけ塗装の排気を外に
出すには窓を開けなければならず氷点下では無理。
 とりあえず基本色塗装の終わった物に筆で迷彩を大まかに塗る
ことにした。今回は2輌の作業をした。


左が47ミリ長砲身タイプ、右が57ミリ短砲身タイプ
フォト



5ミリ砲タイプの砲塔左の茶色部分が少ない。砲塔上面まで延長が必要だ
フォト



茶色は十数年前、タミヤの九七式の塗装図にある色を混色し作った土地色
を使用。カーキ部分は土草色にしたかったがストック無し。
フォト



57ミリ砲の旧車体は基本塗装が土草色の方が良いようだ。調合するか・・・

1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する