mixiユーザー(id:13533534)

2020年12月13日10:17

135 view

ひとつっていう、君への思い。

ひとつ
作詞:長渕剛
作曲:長渕剛
ひとりぼっちに させてごめんね
もう二度と
離さない 離れない 離したくない

君によりそい そばに生きるよ
もう二度と
忘れない 忘れさせない 忘れたくない

悲しみは どこから やってきて
悲しみは どこへ 行くんだろう
いくら考えても わからないから
僕は悲しみを 抱きしめようと 決めた

ひとつになって
ずっといっしょに 共に生きる
ひとつになって
君と生きる 共に生きる

月のしずくが 涙にゆれて
海に光る
逢いたくて 逢えなくて それでも僕は探した
星が降る夜 君を想い
ずうっと 歩いたよ
明日きっと 明日きっと しあわせになれるね

永遠のしあわせは どこから やってきて
永遠のしあわせは どこへ 行くんだろう
いくら考えても わからないから
僕は悲しみを 抱きしめようと 決めた

ひとつになって
ずっといっしょに 共に生きる
ひとつになって
君と生きる 共に生きる













































はい。午前3時半に大田原の自宅に到着しました。



夜9時。一年半振りの再会。すごくあかぬけてて、セクシーですごく可愛かった。(*´ω`*)



一体何があったのか包み隠さず教えてくれた。この案件の内容は誰にも言わない。言いません。



そして2人きりになれた。いつ振りかな?その中で、今後は僕が全力で君を守ると約束した。何かあったらすぐに言ってほしいとも伝えた。もう二度と悲しむことはさせたくない。



楽しい時間はあっという間に過ぎる。でも、その少しの時間でも君がいるだけで幸せ。



少し歌を披露した後に、今後の最終目標や何かを伝えた。



そしたら承諾してくれた。嬉しい。



自由奔放でいてもいいと言ってくれる。また会いに来てとも言ってくれる、そんな君が大好きで堪らない。



たくさんの思い出。離ればなれになった時の事も教えてくれた。



君が居なくなっても、僕はずっと君を追い求めていた。きっと何処かに居るんじゃないか?と思っても、それは今年限りにして諦めようと決めていた。その矢先の出来事。失いかけた願いに一筋の光が輝いたのだ。



もう悲しまなくていい。悲しみは何処かに吹っ飛んだよ。
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する