ホーム > mixiユーザー(id:131148) > mixiユーザーの日記一覧 > ベターハーフ

mixiユーザー(id:131148)

2017年12月06日14:14

149 view

ベターハーフ

豪男性議員が議場で同性パートナーに求婚、同意の返事に喝采
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=52&from=diary&id=4891168

 同性愛者って元々そんなにいるもんかねぇexclamation & question
 昔はそんなにいなかったんだけど、時代が下るにつれて女が強くなって、それで女に対して理想の高い男はこぞって、男に走ってしまうんだと思ってましたがダッシュ(走り出す様) 結婚披露宴のスピーチなんぞでよく引き合いに出される、プラトンの『饗宴』の中にある「アリストパネスの演説」によれば、

 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20111128-OYTEW60908/

 生まれついての同性愛者ってのは昔から、一定の割合でいたみたいですね。(先の日記「神聖隊」に続いてギリシャネタになるけど。)

 だから同性であれ異性であれ、“より良き片割れ”が見つかった人は良かったけど、一番の問題はそれじゃ子供が出来ないってこと。
 法律的に結婚できるようになっただけじゃなく、養子縁組とか人工授精とか、この先また新たな課題が出てくるでしょうが、それはまあ追々解決して行くしかないっか。(それが面倒臭くて今までこの件は棚上げされてたんでしょうががく〜(落胆した顔)) 

 
0 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月06日 20:02
    「子供を持つ事」だけが『結婚』じゃないと思いますが・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月07日 12:53
    > mixiユーザー 
     同性なり子供のできない夫婦なり、自分たちが死んだ後にも残るような何かを成せるのなら、それこそベターハーフと言えるけど、凡庸な男女にとっては子作り→子育てが、一番わかりやすい仕事だと思います。(私ももうやだ〜(悲しい顔))
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月07日 21:23
    > mixiユーザー そうなんですよね。父はお気に入りの子と私と『結婚』させて『子作り』して欲しかったらしい。
    でも、生活力の無い母は、一生懸命に作った料理を「こんなまずいの食えるかexclamation ×2」と言っておぜんひっくり返す父の行動にただ泣くだけ。私は「こういう人生は送りたくない。」と焼き付けた。父が「女の幸せは『結婚』」って説得してもダメexclamation ×2
    生まれるのも一人だし死ぬのも一人。ただ死後何本線香が立つのかが気になります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月08日 13:54
    > mixiユーザー 
     奥様は亭主運が悪かったのです、ただそれだけです。(モーパッサン『女の一生』より)

     お父様が良き夫でなかったのなら、多少欠点のある男性と一緒になっても、「まぁ父ちゃんよりはマシだからがく〜(落胆した顔)」と、結構前向きな結婚生活が遅れたかもexclamation & question

     うちの母みたく「父ちゃんみたいないい男は他におらん目がハート」 と言い続けて死んだりすれば、逆に「父ちゃんみたいな男がおらんので失恋」って、娘が結婚できないケースもあるしねぇ。(姉がそれ涙)

     私はある時点から「同じ男なんて2人はいない双子座」、「身内と他人を比べるなんてナンセンス天秤座」と悟って、最初はテキトーに結婚したけど、これがハズレで射手座
     今の亭主はそれなりに欠点はあるけど、「まぁ前の野郎よりはマシ。」ということで、何とかやってるから、何事も経験ですよあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月08日 17:26
    > mixiユーザー 父は本当は気が小さい。それを隠す為酒に手を出してしまったのです。だから『酒』は怖い。
    戦前生まれの田舎育ちだから、「娘の『結婚相手』は僕が決めるexclamation ×2」って言って勝手に決めようとしたからなのね。
    そう、母は亭主運が悪かったのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月09日 15:16
    グループができるとホモセクシュアリティに限らずいろんな種類の異端が2%発生するそうです
    その後、分母が増えるとその異端同士がつながり、情報交換するなど社会が生まれ、更にその2%の異端が生まれます
    また、異端社会以外でもその異端に敵視や憧れ、共感などが生まれます
    日本の社会は割と穏健派が多く危害を受けなきゃ何してても良いよという気風が強かったです(宗教で迫害されるのは排他主義が多いです)がSNS社会が強くなってから同調圧力が高まりましたのでここ数年は史上稀な異端児激増中です
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月10日 00:01
    > mixiユーザー 
     時代が下るにつれて異端は増えて行くのでしょうが、それにつれて何が異端かも変わって行くのでしょうね。
     離婚は(私が1回目のそれをした)30年ほど前は、まだ異端視されてたけど、その代り不倫に関しては今ほど厳しくなかったような気がします。

     同性愛についても古代ギリシャでも日本の江戸時代以前でも、白眼視こそされなかったものの、それとは別に子孫を残し家を存続するための結婚・子作りをちゃんとやってから!という但し書きが付いてて、それを人生のメインに据えるということは、現代と同じくやはり異端だったがく〜(落胆した顔) 

     個人の幸福を重視すれば、同性愛も妊娠中絶も安楽死も止むを得ないとしつつも、かと言ってみんながそれをやれば社会が乱れる!と予想されるようなことには、一応くぎを刺しておくのが、ローマ法王庁の役目なんでしょうがクリスマス
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月10日 03:43
    西洋文化がそれ程強くない江戸時代以前は早婚が基本でしたから恋愛適齢期には大体が子作りを終わっていて同性愛を含め不倫は今程は問題にはならなかったようです
    現代は後継もさることながら甲斐性が多分に関係してますから中高生が妊娠するとなると大変に話題になります
    また、核家族化も進んでいるので養育自体も選択肢が限られ外注つまり甲斐性となります
    江戸時代も外注先は有りましたが現代と比べ圧倒的な物価安とネットワークが進んでいたため相対的負担は低かったです
    つまるところ包摂的な社会の構築ですよね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月10日 19:38
    > mixiユーザー 
     外注と言えば、代理母みたいな人は江戸時代にもいて、貝原益軒は妻との間に子が出来なかったから、3人の女性を1年ずつ囲って、子作りに挑んだとか?(結局できなかったけど失恋)
     月々のお手当とか成功報酬などは聞いてないけど、安くはないだろうから、富裕な武士や商人みたく、女性1人でも家族ぐるみ、一生面倒見るなんてことは、誰でもは出来なかったのでしょうあせあせ(飛び散る汗)

     大名といえども石高に応じて、養える側室の数は限られてたから、「お殿様が減俸されたんで、私もリストラされるのかしらげっそり」と側室が青くなってるシーン、時代劇にもあったっけあっかんべー

     
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月13日 21:32
    うちの父と千葉にいる伯父は前世はカップルだったんじゃないかって思わせる程べったりと仲がいい。父は「お兄ちゃんなら、何でも言う事聞いてくれる揺れるハート」だものね。それが『兄弟愛』だと言う伯父も伯父だけどね。四国を二週間で巡って洗濯物を我が家に来て洗濯したり、父が病院で入院中に父に現金渡してトラブルの種まいたり、郵便で手紙の中に現金入れて送ってくるし、可愛い弟の『家庭崩壊』につながっていいんだねexclamation & questionそういうとこに頭がまわらない。一度電話で「父に『現金』送らないでくださいちっ(怒った顔)exclamation ×2」と言ったのですが分からないらしくて。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する