mixiユーザー(id:1299833)

2019年12月12日14:44

28 view

『アイリッシュマン』

マーティン・スコセッシの『アイリッシュマン』観る。ザ・ジョーカーのときにも言えたことであるが、凄まじいヴァイオレンスの向こう側に見えてくるものに注目したい。あるいは男のドラマとみなしてしまうこともできるかもしれないが、この男とはあまりにも愚かで、振り回されていることに気づかない。さて、この男なるものは、愚かであるがゆえに愛くるしいものではないだろうか。それは贔屓眼すぎるだろうか。そして残された時がわずかだとわかったときのみに、自分の愚かさを理解できるが、自分への憐憫さえ持ってしまうのではないだろうか。そんなはかなさのようなものが描かれているとしたら、意外にもこの映画は仏教的なのかもしれないと途方もないことを考える。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031