mixiユーザー(id:12941520)

2021年02月27日01:56

29 view

ココカラファインとは?

■マツキヨとココカラ、10月統合=業界最大手、売上高1兆円規模
(時事通信社 - 02月26日 21:01)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=6427051

2008年(平成20年)4月に、大阪市東成区に本社を置くセガミメディクス株式会社と東京都府中市に本社を置く株式会社セイジョーの株式移転による経営統合により、株式会社ココカラファイン ホールディングスを設立。「ココカラファイン」の社名は、「ココロ」と「カラダ」を元気(ファイン)にしたいとの願いが込められている。

2010年(平成22年)10月に株式会社ジップドラッグと株式会社ライフォートを傘下に持つ株式会社アライドハーツ・ホールディングスと合併し、商号変更した。この合併により、マツモトキヨシホールディングス(マツキヨHD)、スギホールディングスに続くドラッグストア業界3位となる。

2019年(令和元年)8月16日、マツキヨHDに対して独占交渉権を与え、経営統合の協議を始める覚書を締結し、結論を出すめどは2020年1月末までとしたことを発表した。2020年1月31日、2021年10月をメドにマツキヨHDと経営統合すると日本経済新聞により報じられ、同日に経営統合に向けた資本業務提携などの基本合意を締結したと発表した。

グループ会社
持株会社であるココカラファインの他に、子会社11社で構成されている。

株式会社ココカラファイン ヘルスケア - ドラッグストア・調剤事業。2013年4月にセガミメディクス株式会社を存続会社として、株式会社セイジョー、株式会社ジップドラッグ、株式会社ライフォート、株式会社スズラン薬局、有限会社メディカルインデックスの5社を吸収合併し、商号変更。同年10月に株式会社コダマと有限会社くすりのえびなを吸収合併した。
株式会社岩崎宏健堂 - 山口県、広島県にドラッグストア(クスリ岩崎チェーン)を展開。2013年11月にグループ入り。
株式会社ファインケア - 介護事業。2012年2月にタカラケア株式会社から商号変更。
株式会社愛安住 - 東海地方を中心に福祉用具の販売やレンタル、住宅改修等を展開。2017年9月にグループ入り。
株式会社ココカラファイン アソシエ - 店舗運営や事務のサポート業務を行う。2014年4月設立。
株式会社ココカラファイン ソレイユ - 特例子会社。2014年12月設立。
株式会社シーエフエナジー - グループ企業向け電力小売事業。2018年9月設立。
株式会社小石川薬局 - 調剤事業。2019年2月にグループ入り。
株式会社ココカラファイン フリュアヴァンス - 物流事業。2019年10月設立。
株式会社CFIZ - ドラッグストア事業。2020年4月1日にエイチ・ツー・オー リテイリング株式会社の合弁会社として設立。関西地区のイズミヤ系列のショッピングセンター内に両社の得意分野を融合した新業態「ココカラファイン+イズミヤ」を展開する。
株式会社フタツカホールディングス - 兵庫県を中心にドラッグストア事業・調剤事業・通所介護・居宅介護支援事業・保育事業を展開する。2020年11月にグループ入り。

グループ内の展開店舗
セガミメディクスとセイジョーが経営統合して当社が設立された当時、グループ内の店舗は関東地方・甲信地方・関西地方の一部・中国地方の一部・四国地方・九州地方の一部・沖縄県に展開しており、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・愛知県は両社がそれぞれ展開されていた。

2010年10月にアライドハーツ・ホールディングスと合併。ジップドラッグとライフォートが当社傘下となり、セガミメディクス及びセイジョーでは未出店でかつ、ジップドラッグ・ライフォートでは出店している三重県・和歌山県・鳥取県・島根県が補完された。さらに東海地方・関西地方におけるグループ内の店舗数が大幅に増加した。

また、これまでグループ内で未展開であった地域も進出しており、2011年6月にセイジョーがフィール旭川店(店舗ブランドを「ココカラファイン」に変更後、現在は閉店)の開業に伴って北海道へ進出し、同年10月にスズラン薬局を子会社化したことで北海道でのグループ店舗数が増加。 北陸地方へ は2012年10月にジップドラッグが「ココカラファイン アピタ敦賀店」の開業により福井県へ進出し、同年11月にはコダマを子会社化したことで、グループ内では未展開だった新潟県が補完され、長野県のグループ店舗数が増加。同時に、東北地方南部への進出も果たした。また、2013年4月30日にコダマが「ココカラファイン小国店」を開業したことより、山形県へ進出し、同年8月9日にはココカラファイン ヘルスケアが「ココカラファイン イータウン砺波店」の開店により富山県に進出した。

同年10月1日にココカラファイン ヘルスケアがコダマを吸収合併。翌月には岩崎宏健堂を子会社化したことで広島県・山口県の店舗網が補完された。

2015年4月24日にはココカラファイン ヘルスケアが「ココカラファイン ラスパ白山店」を開業したことにより、石川県へ進出し、北陸地方への全県出店を果たした。(ただし2019年3月に閉店し再び石川県は空白となった。ラスパ白山店の跡地はクスリのアオキが出店している。)

2019年2月時点
グループ全体で1,459店舗(ココカラファイン ヘルスケア:1,395店舗、岩崎宏健堂:64店舗)を展開している。
5 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年02月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28