mixiユーザー(id:12941520)

2021年02月19日00:19

46 view

ジミー・ライ(黎智英)

■リンゴ日報の創業者を再逮捕 現地報道、警察は公表せず
(朝日新聞デジタル - 02月18日 19:25)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6417608

黎 智英(れい ちえい、ライ・ジーイン、ジミー・ライ、英: Jimmy Lai Chee-ying、1948年12月8日 - )は香港の実業家。ジョルダーノ、蘋果日報、ユーメディアの創業者。中国広州市出身で、祖籍は中国広東省仏山市順徳区。香港に永住権を持ち、英国市民パスポートを所有している。中華民国のパスポート(中華民国護照(中国語版))は取得可能だが、台湾の居留證のみを所有している。2020年国境なき記者団により、蘋果日報(アップルデイリー)主宰の功績が認められ、特別賞を受賞している。現在73歳のジミー・ライは、香港国家安全維持法により起訴、拘留されている。

政治的地位
黎智英は、六四天安門事件は個人的およびキャリアに大きな影響を与えたと述べ、この事件がなけれなければ、「ウィークリーウィークリー」と「アップルデイリー」はなかった。1989年の民主化運動の間、ジョルジョのジョルダーノは多数の民間Tシャツを印刷し、「Hello! 降りてください!」 「行こう! 私たちは怒っています!」 彼は香港の人々のために街頭パレードを着ており、それ以来彼は政治に関与していた。

事件後に黎智英のreadme、1989年6月4日によると、まだ彼はの理解以来、香港の人々の行進に参加する20万シャツを寄贈し、操作ジョルダーノの要求で香港民主党のベテランマーティン・リー、1990年代、ライは言いました中国プレミアため、6月の事件に参加するための努力、公開書簡では特に厳しい批判のに李鵬は、中国本土の事業にあるすべての北京政府が遮断された後に、ジョルダーノは、ジミー・レイはすべて安く、自己を販売する一方で全株式を強制的にこれは、メディア業界の発展に焦点を当てています。黎智英自身と彼の「Yu Media」は、香港民主党と密接な関係があります。1997年に香港の主権が引き継がれた後、ほとんどの香港メディアは「親中国」と見なされ、自己検閲が流行し、その下位のメディアは依然として強く批判しました。中国共産党で厳しい批判のための香港特別行政区政府とプロ確立キャンプコミュニティのための体制香港メディアは、香港メディアの政治のユニークな、特別な位置で、レバノンに沿って反共産スタンスを宣伝しました。黎智英の出版物「Weekly Weekly」および「Apple Daily」は、香港政府と北京政府を批判することが多いため、中国本土では禁止出版物として分類されています。

2007年には、RTHKのテレビ番組が「メディアウォッチ」の訪問ジミー・レイ、民主主義の見解についての新聞は、プログラムがリッチの黎 智英その純資産その後、ほとんど何も、唯一の希望ではないと主張した行為兄 ( I )、と彼は言いました: 「民主主義がビジネスでサポートされている場合、これは取引であり、取引はすでに販売されています。」

メディアの確立
1990年、ジョルダーノの株式を売却することを決定し、香港にメディアグループを設立して「ウィークリーウィークリー」を設立。

1995年、「Apple Daily」が設立され、1日の流通量は70万部を超え、当時、その富は5億米ドルを超えた。

1999年6月、オンライン小売「Apple Fast Selling」(adMart)を設立。これは期限切れの並行輸入品の販売を訴え、最終的に10億香港ドル(NT $ 40億)の損失に終わった。

2001年、メディアキャリアを台湾のメディア市場に拡大し、台湾の「週刊ウィークリー」を設立。

2003年5月、台湾の「Apple Daily」を設立し、香港のゴシップとパパラッチ文化を台湾にもたらした。

2008年10月、メディアグループの最高経営責任者(CEO)を辞任し、取締役会長(董事会主席)を務めた。

2009年以来、台湾でテレビを組織し、何度もライセンスを申請してきましたが、2010年12月28日に正式に発売されました。

2009年、中華民国のIDカードの申請に成功し、中華民国の市民権を取得。

2013年3月、台湾のメディア販売事件で反メディア独占キャンペーンが開始された後、台湾の「Apple Daily」や台湾の「Weekly Weekly」などの印刷メディアを販売しないと述べた。

2014年5月1日から、香港の「Apple Daily」の社長を務めた。12月11日、彼は傘革命への参加と中央運動への参加で警察に逮捕された。彼は香港Apple Dailyの社長職を辞任した。同年12月14日、彼は取締役会長およびメディアグループの執行取締役として辞任を発表した。

2015年4月、Time Magazineの 「最も影響力のある100人」に選ばれた。

逮捕
2020年8月10日、香港国家安全維持法を制定して民主派への取り締まりを本格化した当局は、黎智英と同紙幹部ら7人を同法違反などの疑いで逮捕した。同日、香港の民主活動家周庭も同じ容疑で逮捕されている。11日、蘋果日報は1面に「アップル・デイリーは戦わなければならない」との見出しを立て、警察に連行される黎氏の写真を掲載した。香港市内では早朝から同紙を買い求める市民の長い列ができた。黎智英は12日未明に保釈された。

文春オンラインによれば、中国各地のメディアはジミーライの逮捕を喜び、「シャンパン・パーティーを開きたい」などと書いたそうである。

2020年に入って以降、違法な集会に参加したなどの容疑で既に2回逮捕されている(2月28日、4月18日)。

再収監 国家安全維持法によるもの
日本経済新聞によると、2020年12月31日香港最終法院(最高裁)は、香港国家安全維持法によって起訴されていたジミー・ライは、保釈を取り消され、再収監となった。2021年2月1日の審理まで拘留されることになった。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年02月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28