mixiユーザー(id:12941520)

2021年01月16日02:29

7 view

ジョコ・ウィドドと中国の関係

■中国製ワクチンは「ハラル」 イスラム教徒最多国で認証
(朝日新聞デジタル - 01月15日 09:35)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6377494

ジョコ・ウィドド(インドネシア語: Ir. H. Joko Widodo、1961年6月21日 - )は、インドネシアの政治家。第7代大統領(在任: 2014年10月20日)。スラカルタ市長、ジャカルタ首都特別州知事を歴任した。闘争民主党に所属。

生い立ち
1961年6月21日、スラカルタの大工の家に生まれた。誕生時の名前は「ムルヨノ」と名付けられた。幼少期は貧困家庭だったため、貧困家庭の子供を受け入れ対象としていたティルトヨソ・ソロ第112小学校に入学し、12歳の頃から父の家具工房を手伝うようになった。3度に渡り立ち退き処分を受けたが、この経験から官僚的な行政への不信が幼心に刻まれ、後年のスラカルタ市長就任時の政策に影響を与えたと言われている。

第112小学校卒業後はソロ第1中学校に入学。ソロ第1高校への進学を希望していたが、受験に失敗したためソロ第6高校に進学し、卒業後はガジャ・マダ大学林業学部に進学し、木材加工について研究した。

1985年に大学を卒業し、アチェ州の木工業会社に就職するが、社風に馴染めず帰郷し、叔父の経営する木材会社で勤務した。1988年に第一子が誕生し、同時期に家具製造輸出会社を設立した。当初の経営は順調だったが、詐欺被害に遭って一旦倒産し、1990年に母から3,000万ルピアを借りて会社の再建を行った。主にヨーロッパの企業を相手にして実績を伸ばし、また仕事を通じて目にしたヨーロッパの都市計画の効率性は、後年の政治家としての政策に反映された。

外交
2014年11月9日、APEC首脳会議に出席し、中国の習近平国家主席と会談。中国が主導するアジアインフラ投資銀行への参加を表明した。インドネシアにとって中国は最大の貿易相手国であり、中国からの投資も増加しており、ジョコは「海洋国家構想」実現のため中国との関係強化を目指している。その一方、中国との南シナ海領有権問題については対話での解決を第一とする反面、違法操業を行う中国漁船を爆破するなど安全保障では妥協しない姿勢を見せている。また、軍事力強化のために2019年までに国防費を年間200億ドルに拡大するとしており、中国からも無人攻撃機など武器を購入している。

同11月10日には、日本の安倍晋三内閣総理大臣と会談し、海洋協力のための事務レベル協議を立ち上げることで一致した。また、2015年3月22日に日本を訪問し、「経済協力と合わせ安全保障面の協力も進める」として、沿岸警備での日本の技術提供を求めた。5月4日には自民党総務会長の二階俊博と会談。日本人の観光ビザ免除を表明し、二階が提唱する「世界津波防災の日」制定について協議した。

同11月13日、ASEAN首脳会議に出席し、インドのナレンドラ・モディ首相と会談。石炭の輸出入や防衛産業の協力強化について協議した。

人物
仕事の姿勢は現場重視で、広大なインドネシア各地を大統領就任からの3年余で500回近く視察した。地方首長時代も、立ち退き対象の露天商が納得するまで何十回も食事を共にしたり、洪水被災地にボートで駆け付けたりしていた。座右の銘は(働く)。

庶民派として知られ、1986年12月24日に結婚したイリアナとの間に子供が2男子1女子と3人いる。国政経験がなく、それまで無名に近い存在だったことから、同様の境遇だったアメリカのバラク・オバマ前大統領と比較されることが多い。

趣味はヘヴィメタル鑑賞と歌唱で、レッド・ツェッペリン、メタリカ、ナパーム・デス、フィア・ファクトリー、ラム・オブ・ゴッドが好きなバンドとして挙げられており、市長・州知事在任中の2011年と2013年には、スラカルタで開催されたロック・フェスティバルを訪れているまた、大統領就任時にはナパーム・デスがFacebookページでジョコを祝福するコメントを出している。

2013年5月には、メタリカのベーシストロバート・トゥルージロからサイン入りのベースギターをもらったが、政府高官への贈答の疑いに当たるとして自主的に政府当局である汚職撲滅委員会に預けることになった。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31