mixiユーザー(id:12923117)

2020年04月08日09:34

44 view

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』感想

〜「Mommy マミー」「たかが世界の終わり」などで高い評価を得ているカナダ出身の若き俊英グザビエ・ドランが、初めて挑んだ英語作品。2006年、ニューヨーク。人気俳優のジョン・F・ドノヴァンが29歳の若さでこの世を去る。自殺か事故か、あるいは事件か、謎に包まれた死の真相について、鍵を握っていたのは11歳の少年ルパート・ターナーだった。10年後、新進俳優として注目される存在となっていたルパートは、ジョンと交わしていた100通以上の手紙を1冊の本として出版。さらには、著名なジャーナリストの取材を受けて、すべてを明らかにすると宣言するのだが……。物語は、ドランが幼いころ、憧れていたレオナルド・ディカプリオに手紙を送ったという自身の経験から着想を得た〜<映画.comさんより>

フォト


              フォト  フォト

「愛よりも、お金よりも、名声よりも、私は真実が欲しい」

始まってすぐ「そう、これ、これ〜!」と一気にドランワールド没入。
ぼかされるフォーカス、印象的な色使い、選曲、そして、音楽の使い方。

過去作を思い出してしまった場面バッド(下向き矢印)
・家族でのどこかぎこちない食事風景(とりわけ母親の描かれ方が似てる?)→『たかが世界の終わり』
・インクの滲み→『トム・アット・ザ・ファーム』

舞台は、プラハ&ニューヨーク&ロンドン

人気俳優と彼に憧れる少年の手紙のやりとり。
2人に共通するのは、父親がいないこと。母親に対してのアンビバレンツな感情。そして、セクシャリティ!?
年齢が離れた文通相手に、自分の悩みや本音を書き綴る。

彼らを不器用に支える2人の母親・・・って、これ定番ドラン?
ルパートにインタビューするのが、政治記者っていうのも面白い。
彼女、最初は、あまり興味なさげだったのが、どんどん入り込んで、最後には自分の予定を崩してまでも、話を続けてもらう。
ドノヴァンのマネージャー、そして、終盤に出てくる謎の老人の配置もいい。

キャストたちが醸し出すアンサンブルが、前作同様、見事にドラン色に染まっている。
どのシーンもドキドキさせられるし、見応えがある。

何よりすごいなって思ったのが・・・。
観終わって、冷静に振り返ると、実は、物語そのものは、そんなに優れたモノではないと思うし、これは果たしてかなりの感動作だったのか?と考えると・・・それほど・・・そうでもないのだ。
だが、だが、だが、観ている最中は、とにかく魅了される。
次にどういう仕掛けがくるのか、どういう驚きがあるのか、常に、ドランがイタズラの如きの何かを隠し持っている雰囲気が漂っていて、とにかく目が離せないのだ。
ドラン作品に魅了される理由の一つはそこだと思う。

ラストシーンは、観賞前にSNSの感想で知ってしまっていたのですが、まさに『マイ・プライベート・アイダホ』のオマージュ感たっぷりでした。

で、そこに、美しいストリングスで有名なあの曲がかかったものだから、もう、もう、もう、こっちは興奮のるつぼでしたよ。
「きゃあぁあああああああ〜〜」
苦味と甘味が奏でるシンフォニー!(←もうタイトル言っちゃってるしあせあせ(飛び散る汗)
♪I can change, I can change...
胸に、心に、沁みまくりました。

音楽は、ガブリエル・ヤレドさんで、ドラン監督と組むのは、今作で、3回目かと。

そうそう、この作品、ジェスカ・チャスティンが出演するはずだったんだけど、撮影はしたもののストーリーの流れに合わないってなって、カットされたのよね。
でも、チャスティンもそれには納得したそうで。

まあ、誰にでもおススメっていう作品ではないかも。
でも、私は・・・やられました(笑) 4つ☆
7 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月08日 11:02
    「ドラン作品に魅了される理由」の分析が凄い!さすがのケスさん。
    そうか、だから私もドランを追いかけちゃうんだって納得している私。

    確かに万人向けではないけれど、登場人物の心に寄り添って観ることができれば、やられますよね。
    ジェスカ・チャスティンが出るはずだったとは。どういうシーンだったのかな、気になる。
    それと、ドランはディカプリオからお返事貰えたのかも気になっています。映画じゃないけれど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月08日 22:47
    なんか、これまでドラン氏の映画を見てないと、「垣根」を感じるのかな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月09日 08:47
    > tamaさま

    いえいえ、簡単な言葉でしか書けない感想・・・いつもお恥ずかしい限りでございます(^-^;
    ドラン作品、毎回、何かが仕掛けられている感じがしてならないんですよねウッシッシ

    >確かに万人向けではないけれど、登場人物の心に寄り添って観ることができれば、やられますよね。

    そうそう。あと、定番のドラン要素に、妙な安定感に包まれてホッコリしたり!?わーい(嬉しい顔)

    ジェスカ・チャンティンは、確か、芸能ゴシップ記者みたいな役だったかと。違ってたらごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)
    ディカプリオからのお返事、気になりますね。
    この映画が公開されてから、ディカプリオが気づいて、手紙探して、お返事出してたりして?うまい!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月09日 08:49
    > レスリー・チュンさま

    その「垣根」わかります!!!
    私、スターウォーズとかアベンジャーズとかハリーポッターとか宮崎駿監督作とか、ほんと、観てなくて・・・。
    あちこちに垣根あります(^-^;
    もう、そういう時は、一歩下がって、皆さんの投稿を、傍観してる感じですあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月09日 18:09
    >ディカプリオからのお返事、気になりますね。
     どうやら返事は貰えなかったようですね・・・なので、文通の下りは、もし返事が貰えていたら、と言う妄想が元になっているのでは、と・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月09日 23:44
    > mixiユーザー アベンジャーズと、ハリポタについては、分かります。
    出来れば、ドラン作に抱かせる「垣根」を優しく、崩す、お言葉も頂きたかった。しかし、折角、こっちで掛かるも、流石に、この状況では、出かけられないです。
    駿さんは、今更そんなに、奉らなくてもいいけれど、アニメーションも、いい大人が見ても、面白いものは、御座いますので。そこんとこ、よろしくです。
    あと、一歩下がらず、たまにで良いので、素直な一言を、ごくタマにで良いので、残してくれるとありがたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月10日 09:46
    > はらさま

    なるほど、やはりというか、そうだったんですね。
    そうですね、その妄想が物語の発想につながったんですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月10日 09:54
    > レスリー・チュンさま

    ドラン作の垣根を優しく崩す言葉
    .魯泙譴丱魯泙
    ◆屮疋薀鷓遒好きでよく観てる」と言ってれば、きっと周りから「おおっ〜。やるなあ」という目で見られる(笑)
    作品の特徴がわかりやすいので、そこが大丈夫なら、すんなり溶け込める

    はい、アニメーションは私、大昔よりは、今、そこそこ観るようになりました。
    以前よりは、垣根自体は、かなり低くなってます(^-^;

    >あと、一歩下がらず、たまにで良いので、素直な一言を、ごくタマにで良いので、残してくれるとありがたいです。

    了解です♪

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する