mixiユーザー(id:12907415)

2020年07月14日17:17

18 view

日本人の姿勢4

姿勢を整える(日本人の姿勢になる)と動作が変わります。

例えば野球。

つま先に体重が載った状態(西洋式)でボールを投げると初速が早いボール(腕や肩などの上半身の筋力、回転力がメイン)になります。

対してかかとの前に体重が載った状態(日本式)でボールを投げると球速は早くはないものの全身(骨と筋肉)のパワーが伝わり、球速が終わりまで落ちない重いボールになります。

実験でふりかぶった手を誰かに前から手で支えてもらうとつま先荷重だと押さえられて振り下ろせないと思います。

しかしかかとの前荷重で同じ動作をすると振り下ろせるのです。

どちらが優れているかではなくどちらが合うかですが。

例えばサッカー。

つま先に体重を載せて蹴るとスピードが速い球になります。(主に足の筋力、回転力がメイン)

対してかかとの前に体重を載せて蹴るとスピードはそこそこだが重い勢いのある球になります(全身の骨と筋肉の力)

試してみましたがボールをコントロールしやすいのは日本式でした。

例えば介護。

人を抱えて持ち上げる際、つま先荷重だと日本人は腰を痛めるリスクがあります。

対してかかとの前荷重で持ち上げると腰が楽で軽く感じると思います。

介護や荷物を持つ際は日本人に合う身体に負担のかからない姿勢になると良いと思います。

ありがとうございます。

成田第一整骨院 くぼのや治療院http://seikotuin.jp

1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月15日 20:22
    ありがとうございます。勉強になります。手(チョキ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月16日 19:32
    たっつあん!先生、コメントありがとうございます。この理論はいろいろ役に立っておりますウインク

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する