mixiユーザー(id:1289241)

2018年01月23日14:22

467 view

3月2日の満月の夜の夢。

今朝がた、椅子に腰かけながら、うたた寝をしていた。

夢の内容は、ノートに記された俳句のページだった。

3月2日、テーマは、ひな祭り。

友人の誕生日が3月2日。1日違いの、ひな祭り。

十二ひとえの絵がノートに書かれ、花丸を貰っていた。


( ゚Д゚)y─┛~~季語だけでなく、『月』そして『タヌキ』が指定され

それで俳句を詠んだ場面らしい。

夢の中で、ひたすらに考える。

ひな祭り 月夜の狸 玉光る…

こんな感じで何か、タヌキの玉と、月の玉を賭けた言葉遊びで詠むらしく

肝心のひな祭りに、そぐわない狂句ばかりが組み合わされていた。


目が覚めても、俳句を思い付かないまま、中の句を満月の夜で締めるべきか

ずっと考えていた。何か知らない名句でも在るのだろうかとネットで検索してみるが

特にヒットせず。しばらく放置することに。



( ゚Д゚)y─┛~~…まさかと思って、月ごよみを調べてみることにした。

2018年3月2日。月の満ち欠けは…

【満月】


Σ(゚д゚) エッ!? 偶然にも満月だった!? 予知夢である。

タヌキに何の因果が在るのかは不明だが、何か特別な事が起こるかもしれない。

破壊的なイメージは無かったので、良い知らせだとは思うけど。


(´ε`;)ウーン…珍しいタイプの予知夢って事で。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する