mixiユーザー(id:1289241)

2017年06月03日21:28

266 view

『逆物語』 ダブルリードの秘密



『タカシくん…おーい タカシくん、大変なことになったんだ』


目を覚ました。ぼんやりしてて、よく見えない。


タカシくんは、枕元にあるはずの眼鏡を取ろうとしたが、体が動かせなかった。


『…体が固定されてて、…しかも、なんだか変なにおいがする…』


『僕がクスリを飲ませたのがイケなかったんだ。起きたらこんな姿に』


『とにかく、メガネを探して。どこかに落ちてるんじゃないかな…』


『そんなものどこにも無いよ。あっ、助けて〜タカシくーーーん!!』


僕を呼ぶ声は、次第に小さくなっていく。


顔に、何か飛んできた。酢飯の匂いだ。次々と飛んでくる。


『やめて、もう食べられないから…そんなに食べられないから〜』




ピピピピピピピピ…


ふと目が覚めると、いつもの部屋だった。

僕は、メガネをかけて、起き上がった。


【自主制作アニメ】寿司くん 第二十九話

メガネのレンズに、いたずら書きがされていた。どういう事だろう。


僕は、パソコンを開いて、検索してみた。
0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月03日 21:50
    何て言われてるのか、良く分からなかった。

    これは英語なの? やっぱり日本語なのか。

    僕には理解できない。




    きっとwebで調べれば分かるんだ。


    僕はパソコンを開いて、検索した。


    【自主制作アニメ】寿司くん 第二十六話


    …やっぱり、本当のところは、タカシ君に聞いた方がいいのかもしれない。


    僕はそっとパソコンを閉じた。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する