mixiユーザー(id:12891713)

2014年12月19日05:01

1262 view

宮下眞二 『英語文法批判』 (XIII) 7C(終了)

 最後に、いはゆるプロパーの英語学者ではない学者への影響として、中部大学の三浦陽一教授の例を挙げる。三浦教授は政治思想史専攻で、米国の大学への留学経験があり、ジョン・ダワー『敗北を抱きしめて』(岩波書店)の共訳者でもある。この三浦教授が、自身のブログ「ごきげんようチャンネル」で繰り返し三浦つとむ、宮下の言語過程説を取り上げ、宮下を「天才」と呼称するのみならず、ほとんど毎日更新してゐたブログの執筆を3月に休止し、言語過程説に依拠した体系的な英文法の執筆に着手したといふ。その完成を刮目して待ちたい。(宮下への言及の一例はhttp://soundsteps.jugem.jp/?eid=705、論文の一例はhttps://office.nanzan-u.ac.jp/cie/gaiyo/kiyo/pdf_11/kenkyu_02.pdf

 このやうに数こそ少いが、宮下の理論を摂取し、利用する人々が確実に存在することは筆者にとつても喜ばしいことである。

 さて、引用だらけの文章を長く書きすぎてしまつた。『英語文法批判』といふ著書が、一体何部出回つたのかはわからないが(おそらく数千部であらう)、いつたん世に出てしまへば、少部数であらうが、著者が亡き人であらうが、それを読んで何かを考へる読者が存在する限り、それ自身の生命を保つものだ。小生の手元には、この本が3冊ある。一冊は初刊当時に予約購入したもの、一冊は近年ネットオークションで入手したもの、もう一冊は、これも近年、神田神保町の古書店で手に入れたものである。

 今回、不完全ながらも宮下の理論を祖述してみて、改めて傑出してゐた点がわかつたと同時に、実感として理解できない、または納得しがたい個所もいくつか残つた。それは筆者が、まがりなりにもここ数十年、英語に関連した職務に従事してきたからこそ感じた点であり、そのやうな経験に照らして、宮下の理論を検証する必要を痛切に感じてゐる。自身の命数を考へる年齢になつたためか、多少なりとも自分の経験を生かすことができないかと考へるやうになつたためか、とにかく、いづれそのやうな報告ができればいいと思ふ。

 最後に、宮下の死去前後の事情を描いた増田春樹の文章(『英語はどういう言語か』の「宮下さんの死と宮下紀行」)と、宮下の最初の著書『英語はどう研究されてきたか』の「はしがき」から引用したい。

   「その宮下さんが、自らの命を断ったのは、一昨年(昭和五十七年四月四日未明)の熱海での事であった。迂闊にも、私は彼の北見での生活について殆ど何の関心も抱いてない事に気付いたのは、死の前年の十一月、横須賀さん(三浦つとむ夫人)から、彼の所在についての照会があった事によって知らされた失踪の事実によってであった。その後、何度かの失踪の事実を聞くにつけても唯々心を痛めるばかりであった。その日、横須賀さんから彼の訃報を聞いた時この思いは後悔の念となっていた。(略)

   知らせを聞いてすぐに私は熱海へ向かった。早速熱海警察署に向かい父上とお会いした。当日は日曜日で署内はひっそりと静まりかえっており、二階に父上と警察官一人がいるきりであった。一時間程で四人の兄弟姉妹が到着した。すぐに署内の霊安室に案内され、懐かしい宮下さんと会った。いつものように無精髯の彼であった。亡骸を納棺した後近くのお寺に安置した。宿はすぐ近くの旅館にとった。写真のない葬式(仮葬儀)は寂しいというので、横須賀さんを通じて「翻訳の世界」の方に当日手配していただいた。その日は雪も降り出し、吐く息も白い程の寒い日であった。お昼頃奥さんとその御両親も北見から到着した。(中略)ひつぎの中には宮下さんの三冊目で最後の著書となった『英語文法批判』(彼はまだこの本を手にはとっていなかったのである)と『英語はどう研究されてきたか』(処女出版)と『現代言語学批判』(実質的に彼の編著である)の三冊を納めた。彼はこの三冊の本を残してこの世を去ったのである。市営の火葬場で荼毘に付し、私達は御遺族に別れを告げ帰路についた。」
(『英語はどういう言語か』213−214頁)

   「最後に身内のことですが,達者でいれば一番喜んでくれた筈の亡き祖母と母の霊にこの出版のことを報告します。そしていまも元気に医療に従事している父にもこのことを報告します。子供の頃を振返ってみますと,学問と芸術に対する憧れと尊敬を私に初めて教えてくれたのは父であったからです。

   1979年8月
 宮 下 眞 二」
(『英語はどう研究されてきたか』5頁)

 『英語はどういう言語か』に掲載された学友・橋浦弘喜の追悼文によると、開業医であつた父君は、宮下の死に際し、「研究のために、生きていて欲しかった」いふ言葉をもらしたといふ。

(了)

1 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月15日 21:26
     宮下の生成文法批判を確認する中で貴ブログを見つけ拝読させていただきました。
     言語過程説の意義を理解され、現状の学界状況にまで言及されて興味深く読ませていただきました。

     小生は雑誌『試行』に変形文法批判が掲載された頃から読んでおりますが、仕事の関係もあり暫く遠ざかっておりました。退職後のここ数年、ネットでの情報入手も容易となり言語学、国語学、英語学等の状況をフォローしておりますが、ご指摘の通り学界からは言語過程説そのものが時枝批判により終わったものとの認識でほとんど相手にされていない現状です。

     雑誌『試行』事体が最盛時に8,000部程度で、その後全共闘運動も壊滅した状況では影響力が限られたのと、学界事体の閉鎖的な西欧崇拝体質によるもので戦後古代史学における古田武彦氏の九州王朝説もまた同様に学界での議論の対象とされていない現状です。

     現在、英語学では生成文法、認知言語学が主流となり国語学、日本語文法もまたこの影響下にあります。80年代からの日本語学習者急増に対し、従来の国文法では外国人への教育に対応できず教科研文法、記述文法等が開拓、適用されていますが三浦つとむが批判した通り欧米の屈折語文法の変形でしかないもので、それゆえに外国人には受け入れられやすという屈折した状況下にあります。

     この現状を正し、三浦つとむにより展開された言語過程説の科学性を広め発展させていくのは戦後レジュームの超克としてこれから始められねばならないと考えております。そして言語過程説が時枝の意図した通り特殊日本語の解明ではなく言語の特殊性と普遍性を明らかにした言語本質論でもあることを明確にするためにも英語研究での進展を願っております。
     三浦氏の活動も又、このような認識にささえられたものと感じております。またフランス語学の愛知県立大学名誉教授鈴木覺氏のフランス語時称論、関係詞論も注目すべき業績です。

     小生は日本語文法での現状批判を少しでも進められればと考えるものですが是非英語学での批判、展開を進められるよう願っております。■
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月16日 12:17
    > mixiユーザー 
     拙文をお読みいただ、きありがたう存じます。

     小生も理論的な仕事などできないと、長く考へてゐて、自分が何か言つても仕方がないと半分は卑下してゐましたが、自分の仕事であらうと、他人の仕事の紹介であらうと、何か伝へたいことがあるなら、とりあへず書いてみようと考へるようになりました。

     三浦つとむ-宮下眞二の言語過程説には、本質的な批判がなされてゐないと思ひます。それはおそらく、まだ十全には理解者されてゐないからでせう。

     極端なことを言へば、三浦の著書の一字一句をも漏らさずに解釈し、注釈を加へて行くことが、本質的な批判になる可能性もあると考へます。

     ともあれ、コメントととも合はせ、重ねてお礼を申し上げます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月16日 12:19
     先のコメントで一か所訂正があります。

     「三浦つとむ-宮下眞二の言語過程説には、本質的な批判がなされてゐないと思ひます。それはおそらく、まだ十全には理解(者)されてゐないからでせう。」

     (者)が余分でした。失礼しました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する