mixiユーザー(id:1280138)

2015年06月12日18:59

5378 view

印象操作

生活困窮 娘絞殺の母に懲役7年
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3463653

朝日や、毎日の記事を見ると、すごく気の毒なケースに見えるが、そうだろうか?

『家賃滞納、明け渡し執行当日に長女を絞殺した母
2015年06月09日 10時11分

 千葉県銚子市の県営住宅で2014年9月、中学2年女子生徒が死亡しているのが見つかった事件で、殺人罪などに問われた生徒の母でパート、松谷美花被告(44)の裁判員裁判の初公判が8日、千葉地裁(佐々木一夫裁判長)であった。


 松谷被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。

 起訴状などでは、松谷被告は同年9月24日朝、自宅で寝ていた長女可純さん(当時13歳)の首をはちまきで絞め、窒息死させたとしている。

 事件当日は、県営住宅の家賃滞納を続ける松谷被告に対し、部屋の明け渡しを求める強制執行が行われる日だったとされる。検察側は冒頭陳述で、「充実した学校生活を送っていた可純さんを殺害した残忍な犯行。短絡的で非難されるべきだ」と主張。弁護側は「経済的に苦しくなり、家賃滞納が続いた。強制執行の予告を受け、正しい選択ができなくなった」などとし、経緯に同情すべき点があると訴えた。

 公判では、松谷被告が2012年5月頃から家賃滞納を始め、周囲に金を無心する一方、可純さんの小遣いや身の回りを優先していた状況が浮かび上がった。

 検察側は松谷被告が元夫や可純さんとやり取りしたメールを証拠として提出。その中で松谷被告は、元夫らに数千円単位の借金を繰り返し求め、「可純の小遣い」「部活動の交通費」などを理由に挙げていた。

 可純さんがアイドルのコンサートに出かけ、会場でグッズ購入を迷った際には、松谷被告が「買いなさい。今しか買えないんだから」と連絡。可純さんのクラス担任だった教師が証人として出廷し、「可純さんの持ち物から、経済的に困っているようには見えなかった」と証言した。

 元担任が「可純さんはお母さんが大好きだった。お母さんも可純さんの幸せを一番に考えていた」と話すと、松谷被告はうつむきながら、目頭を押さえていた。

2015年06月09日 10時11分 Copyright コピーライト The Yomiuri Shimbun』(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150609-OYT1T50031.html

『生活苦で母親が娘殺害、弁護側は情状酌量求める

 千葉県銚子市で母親が生活苦で13歳の娘を殺害した事件の初公判で、検察側は「金に困っての犯行だが、他にも方法はあったはずだ」と指摘。弁護側は「一人で悩んだうえの犯行だった」などと情状酌量を求めました。

 銚子市の元パート従業員・松谷美花被告(44)は去年9月、県営住宅で中学2年だった長女の可純さん(当時13)を首を絞めて殺害した罪などに問われていますが、8日の初公判で松谷被告は「間違いありません」と起訴内容を認めました。

 松谷被告は可純さんと2人暮らしで、2年ほど家賃を滞納していて、事件当日は家賃を滞納していた県営住宅の明け渡しを求める強制執行の日で、裁判所の委託を受けた業者が証人として出廷しました。松谷被告は、業者が部屋に立ち入った際に遺体の横で可純さんの体育祭の映像を見ていて、「この映像が終わったら私も後を追って死ぬ」と話していたと証言しました。

 また、8日の初公判で、検察側は「金に困窮しての犯行だが、他にも取れる手段はあったはずだ」としたうえで、「松谷被告が可純さんのためにアイドルグループのコンサートチケットを購入したり、関連グッズを大量に買い与えたりしていた」として、娘のために浪費をしていたと指摘しました。一方、弁護側は「被告人自身が浪費をしたことはなく、可純さんのためを思ってお金を使い、生活に困窮し、1人で悩んだうえでの犯行だった」などと情状酌量を求めました。(08日19:24)』(TBS)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2513102.html

『生活苦で13歳娘殺害、母親が起訴内容認める

 千葉県銚子市で母親が生活を苦に13歳の娘を殺害した事件の初公判で、母親は「間違いありません」と起訴内容を認めました。

 銚子市の元パート従業員、松谷美花被告(44)は去年9月、県営住宅で中学2年だった長女の可純さん(当時13)を首を締めて殺害した罪などに問われています。

 松谷被告は可純さんと2人暮らしで、2年ほど家賃を滞納していて、取り調べに対し、「このままでは生きていけないと思い、一緒に死のうと思った」と供述していましたが、8日の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めました。

 検察側は「金に困窮しての犯行だが、他にもとれる手段はあったはず」としたうえで、「可純さんのためにアイドルグループのコンサートチケットを購入したり、毎月数万円の小遣いを与えていたりした」などと、当時の生活ぶりを指摘。一方、弁護側は「ひとりで悩んだうえでの犯行だった」などと、情状酌量を求めました。(08日11:39)』(TBS)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2512577.html

『銚子市の県営住宅で9月、中学2年松谷可純かすみさん(13)が死亡しているのが見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された母親、美花容疑者(43)が県警の調べに対し、家賃滞納の理由を「母子家庭の子供だから、と世間から思われないよう娘に持ち物や服などを買い与えることを優先させた」と説明していることがわかった。滞納が原因となって、部屋の明け渡しの強制執行が行われる当日に事件は発生。相談相手もいない中で追いつめられたとみられる。(加瀬部将嗣、大嶽潤平)

 ◇ 良好だった関係 ◇ 「娘が体育祭でしていた鉢巻きでやった。住む所がなくなると生きていけなくなると思った」

 美花容疑者は9月24日午前9時頃、4日前に中学校で開かれた体育祭で可純さんが使った赤い鉢巻きで、首を絞めたとされる。可純さんは布団の上でうつぶせの状態で襲われた。登校時間は過ぎていたが、捜査関係者によると、「体調が悪い」と言う美花容疑者を看病しようとしていたという。美花容疑者は部屋の中でぼう然としており「自分も死のうと思った」と話したが、自殺のための行動はしていなかった。

 バレーボール部に入っていた可純さんは、誰にでも笑顔で話しかける明るい性格。将来の夢はモデルだったという。隣接する東庄町の学校給食センターでパート勤務をしていた美花容疑者も、周囲では元気で明るいとの評判だった。可純さんが小学生の頃に入っていたミニバスケチームや中学のバレー部の試合の応援に姿を見せていたといい、同じ県営住宅に住む女性は「殺人の被害者と加害者になるような仲には見えなかった」と話す。

 ◇ 離婚で2人暮らし ◇ 美花容疑者は、可純さんが生まれた直後、現在は福岡県に住む男性(50)と離婚。
捜査関係者によると、銚子市には2007年、「生活費が安い」という理由で移り住み、可純さんと県営住宅で2人暮らしをしていた。美花容疑者の毎月の収入は、パート代と前夫からの仕送り、児童扶養手当などで月15万円前後あったが、12年7月から1万2800円の家賃を滞納し始めた。

 調べに対し美花容疑者は、家計について「世間体で娘の持ち物や服を買ったら、支出が収入を上回るようになった」と話している。関係者によると美花容疑者は、前夫に少額の支援を頼むこともあった。美花容疑者の親は県外に住んでおり、音信不通で相談できなかった。

http://www.yomiuri.co.jp/local/chiba/news/20141002-OYTNT50357.html

同じように、困窮している母子を知っているが、アイドルグループのコンサートチケット購入・毎月数万円の小遣い・関連グッズの大量の買い与えはありえないのでは?

「母子家庭の子供だから、と世間から思われないよう娘に持ち物や服などを買い与えることを優先させた」と言うのも、問題があるような。

友人宅は、制服は卒業生のお下がりをもらったし、極力出費しないようにしていた。
娘さんも、それほど大金を使う趣味はない。
節約ばかりでは気の毒なので、たまに差し入れしたりしているが・・・。

パート代+夫からの仕送り+児童扶養手当=月15万円前後

と言うのも、印象が変わるよね。借金返済を、どのぐらい回していたか知らないが、15万円は普通に生活できる金額では?

祖父母の生活のレベルはどうだったのだろう?殺す以前に預けることはできなかったのか?
元夫は無理でも、そのあたりは・・・。
生活水準を下げることはできなかったのか・・・?

同じように困っている母子は多いと思う。
社会システムとして、そう言った方々を救うシステムも必要と思う。
その前に、祖父母に元夫に頼ることはできなかったのだろうか?と思う。
思うに、そう言った困っている方を優先的に、市の臨時とか生活を補償できる方向になればと思ったり。

公が〜と叩く前に、この母子にとって何が良い方法だったのだろう?と思えてしまう。

23 19

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月12日 19:31
    > mixiユーザー 破滅的といいますか・・・。生活費が安いと言うことで銚子市と言うのもよくわからない。知り合いが周りにいれば、そのあたりの知恵を教えてもらうことができただろうに、違う土地に行くのは・・・。
    祖父母がどこにいるかわからないけど、近くに住めれば、もう少し変わったように思えたり。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月12日 19:44
    こんばんわ。
    事実なら完全に印象変わりますね。
    何か庇って損した。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月12日 20:04
    > mixiユーザー ふと思い出しましたが、従妹が母子家庭。でも、娘さんは祖父母に預けて従妹自身は病院勤務しながら看護学校に行き、正看を取ったそうです。ついでに、私の姉も母子家庭で病院勤務だったり・・・。
    努力して、なんとか生活している母子も多いと感じます。
    私の友人は、心臓病・喘息の持病があるので、なんとか頑張っていたけど、生活保護を受ける流れになりそうです。彼女の娘さんも、看護師を目指していますが。

    子供のことを思うなら、もう少し取るべき方法があったかもしれませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月12日 20:11
    > mixiユーザー 私も、朝日の記事を読み気の毒に思いましたが、いろいろな記事を読み合わせると考えさせられます。困窮している母子家庭をどう救うかも大切ですが、支出の優先順位が・・・。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月12日 20:36
    ニュースから失礼します。中学生なら、そろそろ自分の家庭環境を考えて、お小遣いの額とのギャップに気づく年齢です。

    私自身はお小遣いなんて貰ったことがないのですが、遠足のおやつを買うなどで買うのに必要な分だけのお金を貰ってはいたので、そういう風に工夫できなかったのかなと思いました。

    また、被告自身に問題があるのに、記事の内容だけで、公務員批判する方々はきっとこの事件はすぐに忘れてしまうんでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月12日 21:54
    普段は母親擁護をする人が何でこんなに攻撃的なのかと思ったら、お知り合いとの比較がソースですか。
    月収が15万円って、普通に少ないですよ。
    パートですから、年収は180万円です。
    そこから、ローンの返済をするんです。
    経済的には、無駄遣いしなくてもカツカツだと容易に想像できます。

    私も、母子家庭ですが、いくら経済的に困っていても、子どもには惨めな思いはさせたくないという気持ちはありました。
    子どもにしてやれなかったことは、私の中では後悔しか残っていません。
    自分にお金をかけていたわけではないでしょう?
    子どもに惨めな思いをさせたくないと思えば、たまには子どもにもお金をかけるでしょうね。
    それは罪ではないと思いますが。

    繰り返しになりますが、子どもは、元夫と同程度の暮らしを送る権利があります。
    だから養育費もあるわけで、そして母親の収入がパートの給料と公的補助を合わせて10万円程度なので、父親の支払った養育費は多くて月額5万円です。
    そもそも、多額の借金を作ったのは父親だとも報道されており、送金が養育費なのかローンの返済なのかも不明です。
    そして母親の収入に照らし合わせれば、この金額は少ないと思います。
    しかし、給食の調理員をしていれば、調停などの方法も取りづらかったと想像されますが?

    母子家庭が貧困である場合、子どもが高校生になると、バイトさせて生活費を入れさせる親がとてもたくさんいます。
    あなたの感覚では、それは現実的な良い母親なのでしょうか?
    川崎の事件でも、何か方法はあったと思います。しかし、その手段を選べない理由がある場合が多いのであり、だからこそ母子家庭の貧困が社会問題になっていると考えます。
    その辺を良く踏まえてご意見を社会に発信されますよう、お願いします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月13日 00:03
    銀行の残高操作をするエンジニアが元凶です。私の口座からどこへ流れたか、y多分政治家じゃないですかね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月13日 00:23
    本当に子供のことを考えていればまず家賃は支払っていると思います。。追い出されないと思ったのかは不明ですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月13日 03:59
    > mixiユーザー 娘さんも薄々気付く年頃のような・・・。私も、中学時代は必要な時に貰う程度。大金は・・・好きな歌手のアルバムを数ヶ月ごとに買う程度。「国が〜」「公務員が〜」と批判するのは簡単だけど、解決にならないんですよね。100%の支援をしようとすると、税金がいくらあっても足りない。こういった方が、どうすれば支援できるか。給食の作業員に雇ってもらっていたのはありがたいことだけど、周りの人に相談できなかったのかなと・・・。民生委員の活用とかできれば良いような。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月13日 04:18
    > mixiユーザー うちの姉も、公立のほうが収入が良いと言ってました。ただ、姉は私立だったから結婚退職後、再雇用していただいたと言うメリットも。数年前、腎臓病で数ヶ月入院、闘病した時も、勤務先の病院は待ってくれていたと。
    私の友人も、高校入学1ヶ月後父親が死去したので、辞めて働いたそうです。たぶん奨学金で・・・という方法もあったかもしれませんが。娘さんは看護系の高校へ。親戚や姉のケースを交えて、どう進んでいくか相談にのりたいと思います。

    バックアップ頑張ってください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月13日 05:10
    > mixiユーザー 情報は均等でないとフェアじゃないように思います。朝日の記事だけを読むと貧困家庭の悲劇。TBSの記事だけ読むと、私でなくとも視聴者は「え?」と思う。言われるように、ローンがあったかもしれないけど、そのあたりの情報がないので、何とも言えない。15万円も、最高でなのか、継続してなのかではかなり違うでしょうし。
    裁判の判例等が見れれば、詳細があるかもしれませんが、各紙の記事を読み合わせると疑問に思う人がおられるのが現実。

    親なら子にしてあげたいと思うのは当然の感情と思いますが、それは現実に沿ってでないと。子の側にすればアイドル・グッズなんかいらないから、命を返してと言うかもしれない。
    うちの親も裕福ではありませんでした。食べ物が質素だったから、周りの同じ年齢の方より元気。子に欲するだけ与えたかったかもしれません。学費のことも、もう少し・・・と思っていたかも。
    子に我慢を教えることも必要なのかもしれない。容疑者自身が、どのような家庭環境だったのか気になりますが、普通の金銭感覚とのズレを感じる。

    養育費も貰っている率は2割以下と聞きます。それだけに、困窮されている方々は気の毒に思います。極論、コスタリカのように公が強制的に徴収すべきかもしれませんが・・・。今回の記事では「仕送り」と表現。15万円の内訳を考えるには情報が少なすぎますね。定額ではなく一時的なものだったかもしれないし。

    >子どもが高校生になると、バイトさせて生活費を入れさせる親
    先ほど、NHKで母子家庭(小4の頃離婚)の17歳の青年が出ていました。親に苦労をさせたくないと、高校中退して製造業に勤務。十種競技が得意で、最高で全国三位の記録を持つそうです。母子がお互い納得して、それが現在の最良と選べば良いような気もします。全員、高校・大学まで行くのが良いのかどうなのか・・・。父子家庭で育った従弟は、中学卒業後大工に弟子入りし、独立して会社経営していますが。教育の機会を均等に与えるは理想ですが、それが彼らにとって最良なのか・・・。
    ひとり親支援や奨学金の充実は必要と思いますが、ともかく猫も杓子も大学へ・・・は正しいのだろうかと。
    私自身、そのあたり疎いので少しづつ勉強しなければならないと感じますが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月13日 05:13
    > mixiユーザー 政治家は、グーグルで艦船の位置がわかる!と言ったりするので、相当疎いと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月13日 05:22
    > mixiユーザー 1紙だけを見た場合と、他の記事を読み合わせた場合で印象が違う。残念ながら誘導しようとするマスコミも存在するように感じる。この事件を、困窮している母子と言う型枠にはめて考えて良いものか考えてしまう。ほかの方のつぶやきで「固定費から払うのが当然」と言う書き込みがありました。容疑者が、家賃をどう考えていたかはわかりませんが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月13日 08:51
    > mixiユーザー 
    誰もが進学するのが良い、とは言っていません。
    どちらかというと、進学の自由は剥奪されていると考えるべきです。
    しかし、私は進学云々は言っておらず、
    親が子どもを働かせてその給料を生活費の補填に使うことを問題視しています。
    こういう親は、だいたい2通りあって、
    ・パチンコなどで浪費している
    ・離婚の原因にモラハラなどがあってメンタルを病んでいて働けない
    です。
    どちらにせよ、子どものバイトに経済的困難の活路を見出すことが間違いであると思います。

    私もそうとう貧しい時期がありました。
    でも、その時にしたあんなことやこんなこと、それは母子家庭で経済的に困難ならするべきではないと、赤の他人にとやかく言われたくはないです。
    その考え方がすでに二次被害ですよ。

    離婚して、子どもに対して、離婚のせいで不幸にさせたくないという気持ちは普通のことです。
    私のマイミクさんにも、夫から借金を被せられていることをどうにもできず、経済的にカツカツの人もいます。
    メンタルも病んでいる中、動きがとれません。
    経済的に深刻な状況になるのは、借金やメンタルや、家庭状況の相互作用です。
    その人の暮らしぶりが完璧ではないせいにしないで下さい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月13日 17:07
    > mixiユーザー 基本は、自助・共助・公助だと思います。多くの方が生活を切り詰めながら税金を捻出し、そのお金で社会保障を行っているので、どうしても厳しい視線があるのは仕方ないのかもしれません。タレントの河本氏がバッシングされたのも、息子は高給取りなのに何故?という部分があったからだと。

     公的機関によるアドバイスがあったらよかったのかもしれません。借金は自己破産で逃れるとか、収入の少なさがあれば時給の高いところを紹介するとか。それらをワンストップで出来ればよいのでしょうが(数年前の、派遣村ではワンストップでしたが)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月13日 21:58
    > mixiユーザー 
    その当の公的機関の相談履歴では、年収などの具体的な金額を聞かなかったと明記されています。
    給食のパートは公的な職業なので、それをしながら生活保護は貰えないということで門前払いしたと。
    だから母親が絶望しているのです。

    また、自己破産も、素人がやろうとすると、弁護士さんに依頼することが多いのですが、弁護士費用に二の足を踏む人もいます。

    ワンストップどころか、どこも拒絶だったんですよ。
    そうされてみたことがありますか?
    その絶望を私は知っていて、その上で書いているんですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月13日 21:58
    追記。上のコメントのソースは、テレビのニュースです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月14日 02:35
    > mixiユーザー 公が悪い・・・でいいのかなぁ。受け付けられるだけ受け付けていたら、この国は大変なことになりそうな。
    給食のパート(時給850円)以外を選択すると言うのもあったのでは?と感じますが。
    子供が小さいとか、病気で・・・と言う方にまで、働きなさいという気はありませんが、もっと時給の高い所があったのでは?と。
    不明な部分(ローンの支払い等、家計の内訳)があるので、”いくらなら満足な収入なのか?”がわかりませんが。

    生活保護の計算サイトで計算すると、15万円ぐらいだったかと思います。医療費・住居費・税金等を考えると20万弱ぐらいでしょうか。では、このお母さんは20万弱働く能力はあったのではないか・・・と思います。
    ヤミ金に借りると大変ということは、大人ならTV等で聞いているのではないでしょうか。中学の費用をそこで借りてしまっては焼け石に水と気づかなかったのか・・・。自己破産はお金がかかる・・・でも、それは見通しの甘さにも思えたり。
    (夫の借金の返済が、毎月どの程度かわかりませんが。ただ、この母親名義は?元夫は、仕送り(部活費とか、少額と言う記事もありますが。)をしていたので、誰がどれだけの負担をしていたのか不明。)

    景気回復で、「その他世帯」が減少しているそうです。働けるのに仕事がない人が、職場を得て生活保護から抜け出しているそうです。もちろん仕方ない事情がある場合は手厚くと思ってしまいますが、今回のお母さんは、転職も考えるべきだったのでは?と思います。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年06月14日 10:47
    > mixiユーザー 離婚して働けなくなる女性は少なくないことは、私自身とか私のコミュでさんざんご存知だと思うのですが。
    銚子市は私は5回以上行ったことがありますが、大きな産業がなく、雇用はあまりないところです。
    また、私のように、メンタルを病んだり子どもが不安定だったりして、フルタイムや早朝などに働けなかったかもしれないのでは?

    日本では、モラハラを主要因として離婚することはできません。モラハラの実態は、婚姻関係の破綻を示すエピソードとしか取り上げられないのです。
    7年前なら、モラハラから離婚したとは、社会も本人も認識しなかった、でもモラハラでメンタルがやられていた可能性があります。

    あなたの知人の誰それさんが、こんなに節約して暮らしているのは確かに立派でしょう。
    しかし、貧困家庭として優等生な人ばかりではありません。
    貧困家庭として優等生でない人は人間として失格だと断罪できるほど、あなたは立派な人なのですか?
    裁判官も、相当の事情だと考慮したからこそ、この判決になっていると考えられますが、あなたはその裁判官よりもお偉いのですか?

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する