mixiユーザー(id:1265720)

2021年12月26日00:00

48 view

【競馬】第66回 有馬記念 予想

2021年 中央競馬 G詰汁枡記 第25弾は、有馬記念、
年の暮れのグランプリレースである。

今年の下半期 G気慮朕妖な勝敗は、12戦 6勝と、なかなかの的中率だ。

3歳路線に弱く、古馬路線に強かった。(荒れ過ぎの秋華賞には通用しなかった)
つまり、安いトコしか獲れなかったワケだけど、
当たりグセがついてきたのはイイコトだ。

現地馬券も、11月に笠松競馬場に行ってから、名古屋競馬場、中京競馬場と、
高的中率である。(ただしプラス収支まで行かない)

有馬記念を前に、大御所がかなり引退してしまったけど、
ここは古馬路線、キッチリと獲りたい。


特別登録の時点では 17頭であったが、
キタサンブラックの全弟、エブリワンブラックが除外で、(ちょっと早かったかな)
フルゲート 16頭での発走である。


じゃあ、今回は、このように買おうかと思う。


◎ クロノジェネシス
○ タイトルホルダー
▲ ウインキートス
△1 ステラヴェローチェ
△2 エフフォーリア
△3 アリストテレス


本命は、凱旋門賞 7着からの、クロノジェネシスにした。

北村友一騎手が乗れないのは残念であるが、仕方ないコトだ。
グランアレグリアやコントレイルは引退レースを勝ってターフを去っていったが、
果たしてどうなるか。

デキがヨくないと陣営自ら公言しているが、
大事に走りたいけど、勝負にも出られるのがイマの調教法だろうと信じる。

グランプリばっかり勝っても、ってなるかもしれないけど、
牡馬も蹴散らし勝ってきたのだ。

花道を飾ってほしい。


対抗は、菊花賞勝ちからの、タイトルホルダーにする。

大外は勝てないとか、イマの中山芝コースは内が止まらないとかあるけど、
菊花賞馬の有馬記念直行の連動ゲートは高いのだ。

どっちのデータが勝つのか、見モノである。


穴の位置には、エリザベス女王杯 10着からの、ウインキートスを置く。

目黒記念を勝ったり、オールカマー 2着だったり、
昨今の牝馬のほうが強い説を実証してると思うんだけど・・・。


ステラヴェローチェは、タイトルホルダーが大外枠に敗れたときの押さえだ。
菊花賞馬よりも安定した成績だからか枠からなのかバゴ産駒だからなのか、
コッチのほうが人気があるけど。

エフフォーリアは、ダービーから直行の天皇賞(秋)で、見事に優勝した。
横山武史騎手は去年は関東リーディングで、今年は G汽献腑奪ーにもなり、
ノリにノっている。ノリの息子だけに。

アリストテレスは、去年の菊花賞 2着馬である。
有馬記念初出走というコトで押さえておきたい。


さてさて、キセキであるが、買えば来ないのは相変わらずだが、
この馬だって菊花賞馬だ。

もしラストランで来ちゃったら、負け惜しみで、メチャクチャ賞賛するだけだ。


今年も、このご時勢で、レース体系を維持できつつ、楽しませてもらった。

その感謝を忘れずに、ワシも全力で投票したい。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年12月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031