mixiユーザー(id:124952)

2021年05月04日09:54

24 view

5月連休は……

 5月連休に入ったが……何もしてない、な。

 土曜、当初は映画を観に行くつもりだったが、1日は映画の日、しかも、遊びに行く場所も少ないせいで混雑しており、断念して、結局、1日、映画レビューを仕上げて終わり。

 日曜は、午前中ぐうたらし、昼からバイクに跨がり、出掛ける……とは言っても、昼飯ついでに買い物に出掛けただけだけど。
 ガストで昼食の後、幸浦のナップスに行って、ランディンググローブを購入(これまで使っていたのは破れてしまっていた)。
 その後、遠回りして……とも思ったが、今日も何だか一雨来そうな気配(土曜は夕方、豪雨に雷になったからね)……と言う事で、急ぎめに戻り、家の近所のホームセンターによって魚の餌やら洗剤やら買って帰る。
  
 連休3日目となる月曜、朝からキッチンの掃除。
 まずは換気扇を洗う、昨年末は1年放置の結果、大事になってしまったので、酷く汚れる前にやってしまおう。
 洗剤も、マジックリンの泡噴射のものを買っておいた。酷く汚れる前、そしていい洗剤があれば掃除も楽々だな。次は夏休みにやるとしよう。
 その後、換気扇を洗って汚れたシンクを洗い、更にクレンザーで磨いているうちに興が乗り、仕舞い込んでしまったメタルポリッシュ(メッキパーツのあるバイクは手放してしまったからねぇ)を引っ張り出して来て、ステンレスボウルを磨き、鏡面仕上げにしてしまう……意味がない。
 
 昼前に買い物に行き、天ぷら盛り合わせを買った。
 昼飯には蕎麦を茹で、天ざるにした。

 昼から、映画を観に行く。

 今日は、Kinoシネマみなとみらいで、
 「ビーチ・バム」。
 これは、「スプリング・ブレイカーズ」以来7年ぶりとなるハーモニー・コリン監督の新作……とは言え、2017年の映画なのだが。
 出演は「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒー。共演はスヌープ・ドッグ、アイラ・フィッシャー。

 デビュー作の詩集が成功し、天才と絶賛された詩人ムーンドッグ。だがその後は、大富豪である妻ミニーの財産に頼り、詩を書く事もなく、フロリダのキーウエストで、酒と女に入り浸れる怠惰な日々を過ごしていた。
 そんな日々の中、娘の結婚式で久々にミニーの元に呼び戻されたムーンドッグは、式の直後にある事故を起こし、無一文のホームレスになってしまうのだが……

 これまた、ハーモニー・コリンらしい映画。
 「スプリング・ブレイカーズ」もそうだったが、これまた酒と女の乱痴気騒ぎに、ドラッグ、音楽、セックス、そして破壊と熱狂……映画は徹頭徹尾これ。
 そこに、詩と言う「文学」が加わり、それを映像で見せる……世の中の「楽しい」の殆どを突っ込んだような映画だ。
 (例外的にギャンブルが入ってない……そりゃそうだ、主人公を始め、みなへべれけになっているのでギャンブルはさすがに出来ない)
 マシュー・マコノヒーは、その騒動の中心にいて、終始ハイテンションでげらげら笑いっぱなし……って、これはこれでなかなか大変だったのではないだろうか?

 大学生の「春休み(スプリング・ブレイク)」と言う人生における別世界を、ある種のファンタジーとして描いた「スプリング・ブレイカーズ」に対し、これははるかリアルで、えげつなく……そんなクソみたいな現実をも楽しんでしまえる、と言う点で大きな進歩を見せている。
 
 映画の最後で、全てを得たムーンドッグは、その全てを懸けた大花火を打ち上げる――
 「人生の全てに意味があり、そして無意味だ」
 そんな達観、誰にも出来るものではない……でも、だからこそ見える世界もある、と言う事か……


 映画の後、挽肉買って帰り、夕食はやけくそハンバーグ……今日はちょっと焼き過ぎた。
 
 夕食後、何にもしてないのに眠くなり、19時過ぎには寝てしまった…… 
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年05月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最近の日記

もっと見る