mixiユーザー(id:124952)

2020年11月01日22:49

15 view

水曜は……

 水曜日、今日は仕事の後、ブルク13で映画……だとすると、クルマではなく、バイクだな。
 ブルク13には、駐車料金サービスがなく、駐車場はまるまる払う必要があるが、バイクなら駐輪場は3時間サービス。上手く時間調整すれば、食事して、映画観て、駐輪代はゼロで済む。安上がりだ。
 フォト
 と、言う訳で、今日はコレで出勤。

 仕事終わりに、予定通り、横浜ブルク13へ。
 フォト
 今日の映画はこれ。
 「空に住む」。

 これは、作詞家・小竹正人による同題小説を原作に、「ユリイカ」の青山真治が「共食い」以来、7年ぶりに監督した映画。
 主演は、多部未華子。主演で映画化。共演は「愛がなんだ」の岸井ゆきの、「植物図鑑」の岩田剛典。

 小さな出版社に勤める28歳の小早川直実は、両親の事故死の後、、叔父が投資用に保有する渋谷のタワーマンションの一室に住むことになる。
 まるで“空”に住んでいるかのようなその部屋で共に暮らすのは、長年の相棒、黒猫のハルだけ。喪失感を抱えながら浮遊するように生きる日々。そんな彼女の前に突如として現れたのは、同じマンションに住むスター俳優・時戸森則だった……

 これは、高級ホテルのような部屋、近所にはスター俳優……と言う、庶民には、まるで縁のない、正に“天上の世界”の物語。
 両親の死と共に、それまでの暮らしを失い、喪失感と共に、そんな世界で暮らすようになった直実は、最後まで観ていても何を考えているのか掴みづらい――もっとも、彼女を演じた多部未華子でさえ、よく判らなかったというのだから当然かも知れないが――それでも、これは家族の物語であるのは理解出来た。
 時戸森則は、家族になる事を「ぞっとする」と言う。そして、プライベートに遠慮なく踏み込んで来る叔母の明日子には苛々させられる……その感覚は判る。自身、そうした人間関係を疎ましく思う時があるからだ。
 この物語は、そうした極端とも思える人間関係の果てに、それまで疑う事もなかった、両親と言う“家族”を失った直実が、“家族”と言うものをあらためて整理するものなのだろう。

 多部未華子は、直実と言う難役を上手く演じていると思う。十代の少女のような表情を見せる事もあれば、大人の女性としての強さを見せるシーンもある。破水した後輩を叱りつける場面では凄みさえあったほどだ。

 自分的には面白いと思ったけれども、、タワーマンションを舞台とする浮世離れした印象が、かつてのトレンディドラマを感じさせ、食わず嫌いで敬遠する人も多いだろうな……また、観ても評価は分かれそうな感じだ。
0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月02日 10:20
    タワマンって聞いただけでダメな私は、劇場観賞はスルーにします。配信でなら、見るかも。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年11月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

最近の日記

もっと見る