ホーム > mixiユーザー(id:12410478) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:12410478)

日記一覧

院生のころ、よく言われたのは、「修士論文は、ステグマだ。何人(ナンビト)も、修論から決して逃れられない。」という趣旨の言葉です。これには、さまざまなバリエーションがあります。「修論がダメなら見込みはナシ」「修論を元にして、十本くらいの論文を

続きを読む

この問題は、大きく分けて三つの議論の対象があります。A 合意そのものについて。1 確かに、政府間で解決するというのは、疑問があります。2 金で解決することに、疑問があります。3 いわゆる「右」の人は、頭が悪い人が比較的多いですから、これは強

続きを読む

師 佐藤六龍のこと。
2017年12月28日07:44

自殺や殺人は、間違いなく不幸ですが、それらは明らかに心理的要因で発生します。わが師、故佐藤六龍は、占いや超常現象研究の大家でした。(私は、『洩天機』全五巻、『そこが知りたい子平の秘伝』を師と共著で上梓しました。といっても私の寄与部分は、漢文

続きを読む

チャーハンは、パラパラがいいというのは、好みの問題です。食べ物に原則を付けるのは、どうも好きになれません。多くは必ずしも正しくありませんし、グルメごっこは、みっともないからです。天厨菜館のような、正統派パラパラチャーハンも好きですが、街の中

続きを読む

社会政策と判例と。
2017年12月26日11:17

警察の検挙基準は、全国一斉に変わりますね。DVを検挙するようになったのも、最近の話。また、社会人が女子高生と交際しても検挙されなくなったのも最近だそうです(金銭の授受があると検挙されるそうです)これらは、フェミニスムの主張というような世論の

続きを読む

努力とは。。
2017年12月25日06:52

いろいろ言いたいことがある記事です。まず、「出世と貢献度は、あまり関係がない」これは、言いたいですね。たとえば、企業。上役に胡麻をするなどではなくても、いわく言い難い力により、出世する人は出世しています。昇格してからうまく行かなくても、責任

続きを読む

高校のころです。よく覚えていませんが、自宅に同級生が遊びに来ました。そいつは、全く欲がないヤツで、地頭は優秀なのにまったく勉強しません。普段は、非常に飄々としていて、いるかいないかわからないようなヤツです。酒でも飲んでしんみりしたのでしょう

続きを読む

子どもといってもさまざまな進路がありますが、子ども一人を、文系大卒にするのに、少なく見積もって2000万円かかるそうです。また、待機児童の問題もあり、仕事をしながら産むのが不可能な状況です。子どもの数は、増えようがありません。それなのに、少

続きを読む

恐ろしいことです。籠池は、詐欺師です。あいつがいかにおかしな人間か…ということは、名門私立中学への架空の推薦枠の話で、もう決着がついたも同然です。籠池には、全く同情できませんが、保釈はおろか、家族との接見も認めないのは、口封じ以外の何もので

続きを読む

宗教には、個人の倫理道徳レベルを上げる力は、実はありません。たとえば、鈴木大拙は、大戦の時に主戦論者でした。キリスト教の歴史については、言うまでもがなです。…そういうものだと知った上で、宗教を信じる途も、十二分にあります。ですが、布教を使命

続きを読む

状況世田谷区喜多見七丁目の遊歩道 大学院生のころ。友人と。近くを歩いている小学生に教えたら、「アッ 本当だ」といっていた。午後二時ごろ 晴れ(少なくとも周辺に一切の雲はない)北の方、世田谷区成城、調布市入間町方面の上空を、ピンポン玉のような

続きを読む

「欲望は伝染する」
2017年12月19日07:35

まさに、このルネ=ジラールの名言通りの展開です。たとえば、大学だって、級友が、「あいつ、大学に行くんだって。ププッ」「あり得ねぇ…」「受ける〜 腹痛いんだけどw」「○○君の彼女、本当に可哀そう!」といい、家では、「お前、大学だけは行ってくれ

続きを読む

私たちは、事件があると、言葉に置き換え、意味を見出しています。そこが、躓(つまづ)きの原因です。たとえば、ナイフで心臓を刺す、毒を飲ませる、ピストルで撃つ…は、殺人と置き換えることが出来ますが、人間のすべての行為について、言語による置き換え

続きを読む

習い性となるのか。
2017年12月17日12:15

入浴中の死亡は、交通事故の五倍だそうです。http://www.mag2.com/p/news/149601これは、秋田県のデータですが、以前、見た東京都のデータでも、時間当たりの不慮の死亡率は、トップだとか。ヒートショックは、確かに警戒しなければならないでしょう。ですが

続きを読む

原発高コスト論者として有名な、大島堅一 立命館大学教授の意見の骨子です。https://news.yahoo.co.jp/byline/oshimakenichi/20161209-00065303/(資料として、後に付けておきました)ただし、これでも随分控えめな主張です。(大島氏を「甘い」などと批判し

続きを読む

フクシマを振り返りましょう。https://matome.naver.jp/odai/2139169016828098101にまとめられているように、共産党の吉井議員が今日の惨事を予言しています。(断っておきますが、ぼくの支持政党は、共産党でも新左翼でもありません。)吉井議員の質問は、国

続きを読む

似た例に、障がい者の適用除外というものがある。最低賃金を適用しないというもの。ところが、何百個もの弁当にご飯を盛りつける、タイマー付きフライヤーで、延々とから揚げを揚げる、といった弁当工場の労働、荷物の積みおろしを延々とするだけの物流の作業

続きを読む

以前にも同じ趣旨のことを書きましたが…私は素人ですが、診察料引き上げは、理解できます。赤字の病院も多いですから、自然の流れだと思います。ただし、理解できないのは、インスリン注射の「在宅自己注射管理料」などです。この問題は、興味があるので調べ

続きを読む

久しぶりに、食い物の話でも。てんや の天丼は、自動フライヤーです。それでも、街の凡百のそば屋の天婦羅よりもうまいです。特に、種が冷凍だということを考えると、善戦もいいところですが…チェーン店という宿命があって、珍しいネタがないのは、残念です

続きを読む

この問題は、マイミクさんが何人か扱っておられ、考えました。直感的に、とんでもなく嫌だな…と思って、放っておいたのですが。たとえば、女性に置き換えると、わかります。終電に配慮する、話題に気を付ける…などがあっても、その他の扱いは、お互いに同じ

続きを読む

春日部市は、大昔、親しくしていた女の子が住んでいた、仕事(研数学館春日部校)で、三年ほど通った、ホームのラーメン屋のファンだった…という縁しかありません。だから、政治については全く知りませんが、一般に開票は、もっと興味をもって見張るべきだと

続きを読む

広小路と石膏ボード
2017年12月09日10:05

都心の住宅密集地に住んでいる身としては、他人事ではありません。関東大震災にしても、地震による直接の被害より、正午に起こったから炊事中の家が多く、火災の被害の方が大きかったといいます。行政も手をこまねいているわけではありません。昔の広小路と同

続きを読む

神道には教義がありません。これは、何を意味しているかというと、異端がないということを意味しています。たとえば、大正天皇の結婚の際、諸外国の使節が奉賀を述べたりするから、結婚式を挙げる必要が出てきました。外国の宗教である佛教やキリスト教は問題

続きを読む

随分前の話になりますが、ある教え子の女子大生が私のところに来て、「愛情が持てる人と結婚したい。経済的なことは、それから二人で築き上げていく。」と言いました。私は、即座に「それは、違う!」と言い、理由を説明しました。まず、器量、才覚…に乏しい

続きを読む

素晴らしいが…
2017年12月06日18:48

一体、医療費はどのくらいになるのでしょう。昔の透析のように、お金がないから死んだ…ということになりかねません。一錠九万のエイズ薬(原価数百円)で暴利を貪るアメリカの企業などを排斥しないといけません。しかし、全ての製薬会社を公営というわけには

続きを読む

悪しき日本の象徴。
2017年12月05日09:52

またしても、日馬富士暴行問題になりますが…コイツの引退会見やってましたが、反省するどころか、「礼儀を教えてやった」という態度。いやになりました。この問題には、道理や法令でモノを考えない、日本人の悪いところが集約的にあらわれていると思います。

続きを読む

この議員の行動が正しいかどうかは、コメントしません。しかし、話題になるくらいの問題提起をすることは、重要です。単なる言葉にとる訴えでは、現状は変えられません。(それにしても、この記事を書いた人は、大学でどういう教育を受けたんだろうか。いいた

続きを読む

ヘイトスピーチは、それ自体が悪いことです。「死ね」などは、脅迫や侮辱です。刑事事件なのに、よくまあ、肯定できるものだと「感心」します。それに、存在しない「朝鮮人」を誹謗中傷の対象にするのも、おかしいです。たとえば、「大学生」というものは、千

続きを読む

前もお話したことがありますが、60年代に、南の島(沖縄のどこか?)で、新婚旅行のカップルを撮った写真を何枚か見たことがあります。ビックリしました。詳しくは覚えていませんが、25歳新郎の顔つきは、今の40くらい。21歳の新婦は、30くらいです

続きを読む