mixiユーザー(id:12410478)

2020年09月19日08:34

118 view

公立図書館の大半は、潰すべきだ。

■「善意でもやめて...」 破れちゃった図書館の本、セロハンテープで修復すると大変なことになるらしい
(Jタウンネット - 09月18日 18:10)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=241&from=diary&id=6237393

貸すというのが、信じられない蛮行です。
まず、話題のベストセラー的な、あるいは必読の名著的な本が貸し出しの対象となっています。簡単にいうと、民業圧迫です。

たとえば、ぼくのパソコンのマウスは、日本近代文学大系「夏目漱石集」です。図書館が、旧蔵書ということでただで配っていたものです。色が暗いので、マウスパッドの代わりに使っています。方々に貸した挙句、配るなら、貸すのをやめるべきです。本が売れなくなるだけです。
漱石をただで配るのは、一理あります。どこにもあるからです。ただし、日本近代文学大系のようなシリーズには、他では入手できない、貴重な本もあると思います。珍しい作家の作品が、短編集などに紛れ込むなど。その判断は、本当にできているでしょうかね。。

それから、貸すという以上、破損、紛失…の可能性があります。
本は店頭にない、絶版が当然のものです。
だから、貴重な資料は長期的にみれば、失われます。
大変な蛮行です。

本が売れなくなるような貸し出しをし、貴重な文化遺産を摩耗させる図書館など、ない方がましですね。

…と考えると、ネットの閲覧には可能性があります。
ただし、物質感がありません。端末状の電子ブックなどは、その物質感が出るように、画面をわざわざ、ザラザラに見えるようにしています。

そういう努力をするべきです。
ところが、国会図書館のデジタルサーチなどは、画面の半分が操作画面です。これでは、どうにもなりません。インターフェースの改良をしないと。
7 11

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月19日 13:20

    公共サービスと民業圧迫の関係は、ビミョーな部分がありますね。

    例えば市のプールやジムも、民間フィットネスジムからすれば迷惑な存在でしょう。

    郵便局も銀行や保険会社や宅配業者からすれば、民営圧迫だったわけです。

    ただ少し考えると、タダで貸すというのは結構リスクがありますよね。

    単純に盗まれますし。

    当然破られたり、傷つけられたりしますもんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月19日 15:36
    > mixiユーザー 

    図書館は、もっとエグいです。
    さすがに批判されましたが、一時はベストセラーを三十冊も買って貸しまくったほどです。フィットネスクラブの前で、市のジムが「うちは、タダだよ〜」とビラ配るようなものです。

    郵便貯金は、そもそも、為替ですよね。それがゆうちょ銀行という株式会社になりましたが、住宅ローンは他銀行に丸投げしているようです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月19日 20:30
    > やっちゃん


    言われると図書館は完全にタダですもんね。

    自治体のスポーツ施設でも、少しはカネ取るわけだし。

    ただ漱石全集を100円で借りるかと言われれば、私は借りませんね。

    出版業界に問題があるとも思えるのが、本って出版されて何年経とうが、売れなかろうが価格が変わらないでしょ?

    たまに興味を持った古い本が、1000円・2000円で売ってると、やっぱり図書館で探すわけですよ。

    後、現在は規制があって、出版後半年やら一年経たないと図書館には置けないはずです。

    絶版レベルの文化的な側面まで語られると、私にはちょっとわからないなぁ。

    ただ国会図書館には必ず貯蔵されるわけですから、完全に絶滅危惧種にはならないですよね?

    ウチは子供が多いので、図書館がなくなると困るのが本音です表情(嬉しい)

    図書館って絵本がありがたいんですよ。

    絵本ってページ数ないのに高いですからね。

    郵便局の話が出ましたが、私は郵便局の民営化には賛成です。

    民間で完全に賄えている仕事を、税金を投入して行う理由がわかりません。

    批判覚悟で言いますが、狭い区域にハガキやら手紙を配って、税金で給料をやる必要性を感じません。

    田舎のサービスが悪くなったやら文句言う人もいますが、山奥に住んで東京と同じサービスを受けようとする心理を疑います。

    そんなもん、税金を垂れ流してたから出来てただけじゃん。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月19日 20:49
    > mixiユーザー 

    ところが、郵政民営化は、庶民の郵便貯金をアメリカが狙ったものです。実際に郵便局に行っても、推薦されている保険は外資です。

    田舎の振興は難しい問題ですね。ただ、水など環境問題を考えると田舎が潰れると、都会も潰れますね。無医村にも郵便局があり、局員が安否確認を狙ってありっこない預金集めにまわる現状でいいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月19日 22:59
    図書館ってあって当然のもののイメージがあったので、そんぽ存在があるべきか?無くなるべきか?考えたことがなかったですね・・・。正直。高校生の時、結構受験勉強のため自習室にこもっていた気がします。(そのうち飽きて、自転車走らせて、場外馬券売り場に高3の夏に入り浸っていました)。大学生の時は、授業の合間に大学の図書館で雑誌読んでいた気がします。

    なんというか、図書館本来の使い方と自分自身使い方が違うなとは思いますけど・・・。図書館ってなんというか、公共の福祉の一環と言う気もしますね。お金のない方々の「最低限の文化的生活」のためのツールと言う気もしますけどね。私は・・・。無論上に書かれているように、民業圧迫しないように・・・と言うのは考えていく必要はありますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月19日 23:45
    > mixiユーザー 
    > アラビカさん 

    「潰すべきだ」とは、誇張もありますが、
    1 民業圧迫 2 資料保存 3 受験勉強禁止 の三つは、考えるべきですね。ところが、3の恩恵を受けた大臣クラスがいて、改革をしようとするとチャチャが入ります。
    ノーベル賞受賞者で理研の所長の、野依の、「塾を潰せ。なぜなら私は塾に行かなかったからだ」という発言のようなことが行われています。偉い爺さんでも、アフォはアフォ。それから、理研の割烹着事件が起きました。

    図書館は、もとはルーブル美術館のような、貴重な人類の財産を、王侯の独占物から市民へ…という流れの中であります。だから、そういう流れにない、宮内庁書陵部や金沢文庫などの方が純粋です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月20日 03:12
    音楽業界は販売からレンタル、ダウンロードと繋がり
    いまは、サブスクリプションという
    月額定額制となりました
    書籍類がこれに馴染むかどうかは難しいですけど
    何らかの仕組みを構築しないと図書館というシステムは今後
    問題だらけでしょうね
    公的な図書館にて税金で賄う
    それも購入金額を一回のみ、では
    出版社、印刷、流通、作家
    全てのコストを回収しきれません
    私設図書館が可能であれば
    入会金、閲覧利用料金などを回収すべきでしょうし
    本来なら月額料金も徴収して
    蔵書の保管、管理コストに充てないといけません
    文化的、学術的、などと云う理由づけは理解できますけど
    それらが公正に運営されてるとは限りません
    デジタルと云う技術がここまで発展してしまった以上は
    今までの遣り方だけでは対応し切れないですから
    早急に手を打たないと損失ばかり増えそうですね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月20日 09:54
    > mixiユーザー 

    そうだと思います。古本屋は原作者に印税を払っていませんし、図書館も伝統的に印税を払ってませんが、これからはそれだけでは済まないと思います。ネットが普及してから写真集が売れなくなるという現象も、本の世界にも波及すると思います。

    出版文化を守るとしたら、新しいやり方を考えるしかありません。また、日本の出版は、宅配便やシャツのクリーニングと並び、世界に冠たる突出したシステムですからなおさらですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月20日 11:21
    > mixiユーザー 
    3の受験勉強禁止は・・・今思えば申し訳なく思いますよね・・・。いくら税金で賄っているとはいえ、タダで場所を占拠して・・・光熱費ももまともに払わず・・・ですからね〜。図書館の社会的意義云々は別にして、書籍の作成・図書館の所蔵の維持にはコストはかかっているんだという認識のもと、運営方法の見直しは必要かもしれませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月20日 20:35
    > mixiユーザー 

    郷土資料の収集は、他の機関でもできますが、書籍の販売は書店にしかできないというよりも、書籍を販売するところが書店です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月20日 20:40
    > mixiユーザー 

    学習参考書の持ち込み禁止は、やってもいいでしょうね。ただし、ご多聞に漏れず、線引きが難しいです。うちの近くの公立図書館で勉強する受験生に、職員が情が移って、一緒にご飯食べたり合格祝いを上げたりしたことがあります。そういうことがあり、なあなあになるから、ルールは決めた方がいいでしょうね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する