mixiユーザー(id:12410478)

2020年09月17日11:18

62 view

大学生について。コロナのお陰で、この先、さまざまなことが露呈する。

1 講義や演習は、クオリティが全て。
今回の騒動で、講義や演習の内容がいかに薄いか、世間は気がついたといいたいところだが…どうか。

2 キャンパスに入るのは、確かに大きな権利。
学生は勉強以外を目当てにしている。
早慶の学生すらダブルスクールをしていたことを考えれば、わかる。彼らの判断がただちに正しいわけではないだろうが、大学の講義が見切られているのは、現実。

3 平時も、取りたいコマが重なる、他学部聴講は名前ばかり。講義や演習のラインナップが少ないなどの問題があった。

4 講義は集団でやらなければならないものだろうか。
ここを第一に反省するべきだと思います。

■コロナと夏休み…TikTokに集まった気づき むしろ生まれた「一体感」自分で答え「こんな機会はない」
(ウィズニュース - 09月17日 07:00)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=220&from=diary&id=6235053

自分には、新しい制度を単独で主導する力はあるわけがないですが、大学の枠を離れた、チャットのような形式の講義が望まれるところだと思います。そうして、単位を厳しくすれば、大学間格差も、教育という面では、是正できるかもしれません。

しかし、大学も高校も、メンバーは、過重な労働になることを嫌います。やるとしたら、外部から世論を盛り上げるしかないと思います。
7 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月17日 21:17
    良い悪いは別にして、コロナ禍で当たり前だと思っていたことに対していろいろ考えさせられる機会が増えましたね・・・?大学生の時、講義だけでなく大学の友人なり、他学生との交流なんかも楽しかったのですが、そういうのがムツカシイ中、いろいろと考えさせられますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月17日 21:21
    > mixiユーザー 

    今の大学生の本音を聞くと、後者の方に価値があったということでしょうね。笑点の座布団運びの山田君ではないですが、いろいろなものが「不要不急」となると思いますが、そこで逆転が起きると思います。意外なものが非常に価値があるということがわかると思いますね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する