ホーム > mixiユーザー(id:12410478) > mixiユーザーの日記一覧 > 安否確認だけすればいいです。

mixiユーザー(id:12410478)

2020年02月13日09:51

103 view

安否確認だけすればいいです。

私の住む地区の周囲、散歩コースは、地勢の起伏があります。

丘と丘の間の場所は、日当たりも悪く、古いアパートが並んでいます。雨が吹き溜り、昔は水が出たところ。つまり、都心の便利なところにあっても、高級住宅地化しません。

では、マンション化はどうかというと、所有者の異なる個々のせまい地所の集合体です。たとえば、30軒が同時に土地を手放すことなどないので、マンション化しません。その30軒を買収するなり嫌がらせするなり、酷い場合は放火したりダンプを「特攻」させるなどして土地をまとめようとしたのが、かつての地上げです。
もう、バブルは崩壊し、そんなことは割に合わなくなりました。

昨日は、旅行が趣味の人と話しましたが、鬼怒川にしてもどこにしても、コンクリートのホテルは、廃れます。30年もたったら、だれも宿泊しないレベルになります。だから、マンションはだめだということですが、そういう建物が建つにも限界があり、代々住んでいる東京の古層のようなものが残っているというところが好きです。

住民もそういうところだと偏りがありません。
老人たち。住むには非常に便利なところですから、息子たちの世代も孫を連れて帰ってきます。
バランスがとれているから、他人のことは無関心であり、たとえば、近所の奥さんの化粧が濃いなどという、チェックを互いにしません。記念館がたつような有名文化人もチラホラと住んでいます。だから、東大を出た人が学歴を振り回すような滑稽なことにはなりません。

歳をとったせいか、下らない人とかかわりになりたくなりました。仕事上の接点があるならともかく、話を持ちかけもしないのに、過度に上から目線の人は、嫌です。車好きの人の無邪気な車自慢といったものならいいのですが。中には、私に、尼子経久とはどういう人物だったかを講釈する人もいました。「1550年ごろの雲州の情勢については、論文があります」といったら、急に黙り込みました。言いたいことがあるなら、黙ることもないのに。
ご近所ではそういうことは一切ありません。

老いは、明日は我が身です。
現役後の身の振り方は、参考になる場合が多いです。何かしらの仕事が続く人は、恵まれています。

一人暮らしの人もいます。
典型的には、70年代のハーモニカアパートに住んでいる人。散歩コースの先にあるのですが、建て替えの機会を逸して、噂によると区が生活保護者向けに一括して借り上げたとのことです。

貧しい若者はいても、三日に一度しか風呂に入らない若者はいません。銭湯は500円もしますから、風呂なしの物件は、一般向けには成立しないからです。

ただし、どういう人もお年寄りは、他人に無関心です。モノがわかってくると、そうならざるを得ないでしょうね。
そういう人が、「孤独死」という言葉を聞くと、おせっかいに感じるのではないでしょうか。考えてみれば、他人の死に方です。あれこれ指図がましいことは言えないと思いますが。

しばらく前に異臭がしました。ところが、異臭というよりは、ご飯を乳酸菌発酵させたようないい匂いです。
一週間くらいたったら、ロールが張られ、お巡りさんがいっぱいいました。
事故物件ということになったのでしょうか。建て替えられましたが、ぼくは、その死臭に、全くいやな感じがしませんでした。

これが、自然です。
人がひとりで死ぬのも、自然でしょう。そりゃあ、朝から晩まで忙しそうなおじいさん、おばあさんと手をつないで散歩するおじいさんなどと比較すると、そういう一人暮らしはかわいそうだということになるかもしれないですが、他人と比較するのが人生ではないはずです。

しかし、それでは、隣室の人など周りが困りますから、三日に一度、安否確認をするべきでしょう。



「勝手に孤独って呼ぶのは失礼」 「孤独死」という表現に疑問を呈するツイートが話題に
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=85&from=diary&id=5969904
10 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月13日 10:15
    昨日、近所の89歳のお婆さんのお通夜に生きました。お孫さんが一人暮らしのお婆さんの所へ行ったら亡くなっていたようです。警察が検死をして吐いたものが気管に入ったためと分かったと言っていました。30年もご近所にいたので悲しいのですが、自分も先が短くなったので家族にあまり迷惑を掛けずになくなりたいものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月13日 10:29
    > mixiユーザー 

    そうですね。いつか亡くなりますから、周囲にあまり迷惑をかけず、本人もあまり苦しまなければ、まずはよし、という最期でしょうか。
    「孤独死」というのは、おせっかいだと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月13日 10:47
    この地方では三世代家族に曾孫が生まれ、すでに自分の息子が亡くなりお嫁さんが残っていて四世帯になると、一番年上の人が出てゆく習慣があるようです。女手一つで息子を育て、孫の面倒をみた家を出されるのでつらいのではないかと思いましたが、家にいれば息子のお嫁さんとの葛藤もあるし地域の習慣として受け入れていたようです。楢山節考を思い出しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月13日 11:03
    > mixiユーザー 

    是非はともかくも、なんらかの家族関係の調整の知恵なのでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月13日 11:11
    > mixiユーザー そうだと思います。でも、寂しいと思いました。しかし、時々、お孫さんが見に行っていたので発見もできたのだと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月13日 11:33
    全く同感。死はそもそも孤独です。去年、長年世話していた一人暮らしの大家がなくなりましたが、病院との連絡がつかず最後はみとることができませんでした。でも、苦しむようなコトはなかったようで少し救われました。ベッドの周りに家族がいて、「ありがとう」と言い残して死ぬ、なんてフィクションです。
    大原麗子という女優さんの死がよく孤独死の例に挙げられます。あんなきれいな人が、とか大女優なのに…とか。関係ない他人が抱くこうあったほうがいい、というフィクションです。僕のとらえ方は、わがままだろうが、女一人頑張って死んだ、というひとことです。寂しかっただろうとか、悲惨とか、余計なお世話ですし、死者に失礼でしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月13日 11:41
    > mixiユーザー 

    > 関係ない他人が抱くこうあったほうがいい、というフィクションです。

    おっしゃる通り! 私は、これが言いたかったのです。
    テレビをつけると、「絆」とか言いますが、河合塾の亀井信明さんという方(現、高等教育総合研究所代表)の『親と子の大学入試』という書物の先駆的な示唆があります。「親と暮らしたい」「幼馴染の近くにいたい」というのは、劣等生の方に目立つ心理です。
    いささか、暴言になりますが、私の考えでは、他人にすがりたいというのは、その相手が孫や子でも、弱いからでしょうね。
    自分が弱いからといって、他人にも当てはめるのは、失礼千万です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月14日 11:11
    先日NHKでまさに「こうあってほしい」的な、臨終についての特集をしていましたね。徐々に弱っていくお年寄りを家族で見守って最後に臨終を迎えるかのような・・・。たしかにそれは素晴らしいことなのかもしれませんけど、そうでない人も多くいて、ただ・・・その人たちがすべて他人が思うような「かわいそう」なのか?は本人のみぞ知るですね。

    ワシも独身ですから、孤独死するのか?病院で死ぬのか?はわかりませんけど・・・・。その死に際一つをとって幸せ不幸せなのか・・・?を判断するべきではないかな?とは思ってしまいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月14日 20:59
    > mixiユーザー 

    私は子どもがいます。
    もしも、あと二時間後に死ぬとわかったら、子どもには「夕方、もう一度来てくれ」などというでしょう。
    見守ってほしいとは思いません。気も使わないで、一人で人生をかみしめることができると思うからです。

    それにしても、「かくあるべきだ」というのは、生意気です。私は、他人の領分に土足で入り込むような真似はできません。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する