mixiユーザー(id:12410478)

2020年02月01日08:28

122 view

店と従業員が悪い。

「お客さまは神さまです」
これは、三波春夫のセリフです。
もちろん、法律で決まっていることでも何でもありません。
「オイ、『お客さまは神さま』だろう!」と変な客が言って来たら、「神さまとは、どういう意味でしょうか」「野暮なようですが。お客さまは契約相手です」などと答えればいいだけです。そうして、客を納得させるしかありません。納得させるのは、精神の問題ではありません。あくまでも、技量の問題です。

では、三波春夫はどういうつもりで、「お客さまは神さまです」と言ったかというと、
https://www.minamiharuo.jp/profile/index2.html
の下の方にあるような、自分の芸が結実する場として、「神さま」と述べたものだとわかります。

それは、どんな商売でもそうでしょう。
たとえば、ラーメン屋で、客が「うまい」と言ってくれたとします。「うまい」と言ったのは、その、どこにでもいる客ではなく、客の背景にある、肉の流通システムやら入手できる香辛料やら、家賃を上乗せして営業するラーメン一杯の価格相場など、現代のシステムが「うまい」と言ったと考えられます。
そういうものを背負っている存在として、「お客さまは神さま」です。
つまり、三波春夫は、何ら、特殊なことを述べたわけではありません。

ちなみに、三波春夫は、浪曲歌手として格式があり、シベリア抑留時代に捕虜仲間に芸を見せたり、共に演劇を作ったりして芸を磨いた人です。だから、単なる、紅白歌合戦出場の男性流行歌手という以上に重んじられる人です。

解釈がまちがっている上に、「客に、神さまに対するように接しろ」とは、どう考えても無理があります。
どうせ、ワイドショーの出演者などが、三波春夫の言葉だと言って、適当なことを言いふらしたのでしょうから、
「接客正常化協会」などというものを作り、加入証のステッカーでも貼って対抗するのがいいでしょうね。

たまに、クレーマーがクレームを付けているところを見かけます。
みると、老舗ではなく、アルバイトが接客しているような店ですね。老舗は、ニコニコして腰が低くても、隙がありません。
しかも、クレームを付けられるアルバイトにしても、応援団のようなアルバイトではないです。弱そうなやつです。

他の不法行為と同じく、弱そうなヤツを狙います。
また、そういうクレーマーは、周りから相手にされていない人が多いでしょう。そいつから悪い噂が広がり、店の評判が下がるということはないでしょう。

「汚客に苦しむ」とは、店員さんご本人の技量の問題ではないでしょうか?
あるいは、企業の方針がおかしいということです。
また、末端の店員さんが、考えが浅はかなアフォな経営者の犠牲になっているともいえます。
物理の問題が解けませんという話と同じだと思います。
こういうのが記事になる方が、私には怖いです。

むしろ記事にするべきは、クレーマーの異常な心理でしょう。
本当に「お客さまは神さま」なら、セクハラだってなんだってやり放題でしょう。まさか、自分は、(拝めて絶対服従するべき)お客さまだと信じている人はいないでしょうね。
本当に信じていないにもかかわらず、信じているふりをして、弱い者いじめをするとは、旧日本軍の部下イジメと同じです、というより、一般に日本的イジメに広く当てはまります。
ここは研究するべき領域だと思いますね。


■“汚客”に苦しむベテラン販売員の本音トーク! 本当に「お客さまは神さま」なのか
(週刊女性PRIME - 01月31日 08:00)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=235&from=diary&id=5955793
10 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月01日 11:09
    お客の奴隷になるいわれはないですよ

    他人に対等に接する事を忘れちゃいけないですね
    礼節って大事
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月01日 12:20
    > mixiユーザー 

    そういうことを百も承知のヤツが付け上がって、ストレス発散してます。
    だから、こういう座談会で愚痴をこぼすような性質のものではないですよ。店員に対してネガティブな意見が多いのも、そういうところが原因かと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月01日 17:23
    日記のタイトルなどは、正に耳の痛い話です
    この方面でしたら
    本が一冊書けるぐらいのエピソードに事欠きません
    その中でも極最近の事例をひとつ
    何度か来られてる方で
    いつも泥酔しておられ
    店員に「おい!」と言う
    いや、「おい!」しか言わない(言えない?)
    僕は何度も見て対応もしたので何を求めて来ていてどう案内すれば良いのかは知ってます
    けれどとても高圧的な声で「おい!」なので店中が一瞬ビクッととなります
    正直、僕も腰が退けます
    先日は意を決して腹を括り
    「大声出さないで下さい、大声出すなら警察呼びますよ」と言ってみました
    それで少し気が弱まったのですが、コチラの手助けに未だ舌打ちしながら「おい!」と
    それに被せるように「警察呼びますよ!」と強めに、視線を逸らさずに言ってみました
    其処からは同一人物とは思えないほどの大人しさでそそくさと帰っていきました
    こう言うのは我々の手に負えない
    サッサと通報するに限ります
    これでまだグダグダ言ってきても
    「どうぞ、本部に苦情を入れてください『あの店員はなって無い』と言ってください」と続けるつもりですし
    残念だったのは、いつも対応に苦慮してる若手に現場を見せてやれなかったことぐらいですね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月01日 17:56
    > mixiユーザー 

    対応法は、それしかないと思います。
    全部が全部、そういう客ではないですから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月02日 15:23
    私も小売業なんで、いろんなお客様と対応しますけど、確かにこういう横柄な方はいますはいますね。ま・・・これも、初めの対応でそのお客様がつけあがるか否か?・・・ってのはあります。

    「お客様は神様です」は三波春夫が神様の前で歌うような神聖な気持ちで歌います・・・って意味だったような。第一神様はこんなことしません。するなら「貧乏神」です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月02日 19:07
    > mixiユーザー 

    うまり、付けあがらせた人の責任だと思います。価格など何かに転嫁されてみんなが嫌な思いをします。
    だからこそ、自分を被害者のようにいう、この日記は感心しません。事実、被害者なのでしょうが、力量の問題だと思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する