ホーム > mixiユーザー(id:12410478) > mixiユーザーの日記一覧 > たまには文学の話を。村上春樹は、ノーベル賞を取らなくてよい。

mixiユーザー(id:12410478)

2019年10月06日11:57

104 view

たまには文学の話を。村上春樹は、ノーベル賞を取らなくてよい。

ノーベル賞は、1901年に始まっています。

そのとき以降に存命だった著名な小説家、哲学者(ベルグソンも受賞しています)で、受賞から漏れた主な人は、
プルースト、トルストイ、ボルヘス、ジョイス、カフカ、フロイト、フッサール、ハイデッガー、カール=ポパー、ウィトゲンシュタイン…
(生前、無名だったカフカはやむを得ないでしょう)

仮に、専門家を相手にした「二十世紀に存命した小説家、哲学者のベストテン」を選ぶとしたら、この十人のうち、六人は入るでしょう。そして漏れた人も二十位以内には入ると思います。
フロイトは、批判者が多いですから洩れるかもしれませんが、業績は巨大です。
ウィトゲンシュタインも、哲学をどうとらえるかによって、無視する人もいるでしょうが、ベストに挙げる人もいるでしょう。ポパーも似ています。

一方、このような大物に迫る(超大物)、受賞した大物は、
フォークナー、マルケス、ベルグソン
くらいでしょう。

何を言うか、ジイドやロマン¬=ロラン、カミュやスタインベックがいるではないか…という反論があるかもしれません。
しかし、方法の新しさがありません。

方法は、現実を切り取る方法です。

たとえば、私は、カフカの『巣穴』や『アメリカ』を読んで、現実とは何かと深く悟るものがありました。
現実の恐怖は、現実とは違う。
むしろ、ありのままに世界を見ることが、現実の恐怖だ。
そしていうまでもなく、
ありのままにみることが、幸福でもあると。

同様にプルーストを読んで、時間の観念を変える人もいるでしょう。

生き方への影響です。

それが積み重なると、ちょうど、体育会の青年が賢くなると「目上に絶対服従」が虚礼だと気付くように、ゆっくりと世の中がよくなるのではないでしょうか。

そういうものがなくてもいいなら、江國香織や吉本ばなな、さらには、梶原一騎が受賞したっていいことになります。

日本人はどうかというと、
川端康成、大江健三郎ですが、どうですかね…

と考えると、村上春樹は、受賞に値するでしょうか…


カフカ 『巣穴』のあらすじが載っています
http://blog.livedoor.jp/bunken_u_tokyo/archives/1915187.html

■文学賞2年分、平和賞候補にグレタさん=7日からノーベル賞発表
(時事通信社 - 10月06日 07:31)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=5815462
9 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月07日 10:49
     コメントが付かないので、無理矢理コメントします。(暴論ですが、御容赦ください)。

     アルベルト・モラヴィアってどうなんでしょうか?。「深層生活」しか読んだことがありませんが、オウム真理教事件や現在のテロとかヘイトスピーチとか移民排斥につながるテーマが40年以上前に小説になっています。重要な作家だと思います。
     それから、ディラン・トマスも日本ではあまり有名ではありませんが、有名な詩人ですね。そもそも、ボブ・ディランは、彼を尊敬して、自分の芸名に取り入れていますね。
     この2人、漏れた人リストに追加希望です。

     ソレルスの若い頃の作品は好きですが、だんだんダメになったような気がするので、彼は載せなくていいです。
     それから、良い作家は、第一次世界大戦で戦死したり餓死したり病死したりで消えているんですよね。カフカは早世と言われていますが、長生きしている方ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月07日 11:59
    > mixiユーザー 

    モラビアは偉大な作家ですが、方法的に上記のような大変な変革をしたとまでは、言えないかと思います。

    トマスは、どうですか。
    ウォルターデアメーアなど、同様の候補は多いと思います。

    若いソレルスは、私も好きですが、保守だった作家が、ヌーボーロマンに変わった感がありますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月07日 12:27
     そうですね。方法的な革新となると、かなりの作家は除外されますね。

     それを考えると、自動的に文章を生成する実験が、クロード・シャノンあたりから始まっており、数学のマルコフ過程などを組み合わせると、かなり人間の発話に近い文章を生成できたり、ノーム・チョムスキーの変形生成文法(パーニニのパクリとの話もありますが)や、現在のコンピュータが人間の呼びかけに対して自動的に応答する仕組みを作っていた人々も、ノーベル文学賞の受賞対象者として良い気がします。
     これらのアイディアは、アラン・チューリングという数学者まで遡れますが、ノーベル賞は数学研究や数学から派生した研究を受賞対象としていませんので、言語学・論理学・数学・情報工学という分野は、ノーベル賞は全く評価していない事が分かりますね。

     もちろん、ワープロやスマホの入力システムなど開発した人々は、言語を進歩させたのか、ダメにしたのか評価は分かれますが、文学に大きな影響を与えたことは確かだと思います。

     こんな事を書くのは、ノーベル生理学医学賞では、CT(コンピュータ断層撮影)を開発した人が受賞しているからです。CT(コンピュータ断層撮影)は、道具の発明というよりも、数学的な変換によって二次元画像を復元するという数学理論の研究の成果です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月07日 12:34

    文学作品をきちんと読める人は、頭のレベルが高いと思っています。

    類は友を呼ぶでしょうが、周りに文学作品を読んでいる人も全然いないんだよなぁ。

    当たり前ですが、ジャンプや東スポ読むのとレベルが違うんですよね。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月07日 12:50
    > mixiユーザー 

    なるほどね。
    しかし、CTは確実に医学に貢献していますが、ITはどうですか…
    むしろ、レコードに対するCDと同様に、退化させているという見方ができます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月07日 12:51
    > mixiユーザー 

    いえ、とんでもないです。
    面白いのですよ。特にカフカやポーなど、恐ろしい物語は、インパクトがあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月07日 12:59
    ITは言語を破壊していると僕は考えておりますので、表彰すべき技術では無いですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月07日 14:46
    > mixiユーザー 

    ただ、ITというより制度の新しいものから、新しい文学が、『電車男』のように立ち上がる可能性はありますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月07日 15:08
    SF小説は、そうですよね。ノーベル文学賞は、SF小説家やファンタジー小説家は対象にしていないようですが、今後、ノーベル文学賞の対象範囲も、そうした分野まで拡大されるかも知れませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月07日 15:54
    > mixiユーザー 

    いやぁ。
    SFからは絶対に出ないでしょう。ネタはもうないからです。存命人物でないと受賞出来ませんから。
    今日的な観点からは、レイブラッドベリは可能性があったかもしれませんが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月07日 16:14
    現在の作家ではなく、未来の作家についての希望的観測です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月07日 17:25
    > mixiユーザー 

    現在被らない方法が到底見つからないということほ、未来も同じでしょうね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する