ホーム > mixiユーザー(id:12410478) > mixiユーザーの日記一覧 > 少数の者の利権のため、受験生が犠牲に…

mixiユーザー(id:12410478)

2019年10月02日15:12

100 view

少数の者の利権のため、受験生が犠牲に…

最近、制度が変わって世の中が不必要に複雑になった…というものがあります。
ところが、その制度の変化は、特定の業者を富ませるために行われているという側面が濃厚です。

昨日、全引用した内山さんの日記をご覧ください。
個人事業主である内山さんからみた、消費税の問題点をぼくなりに考えてみました。ぼくの考えですから、違う論点があるかもしれません。

1 顧客から消費税をとり、納付しないで懐に入れることができる。明らかに詐欺に当たるが、税務署はそれを推奨している。

2 仕入れが無駄になった場合、消費税の還付がある。その趣旨がよくわからないし、不正の温床である。

3 外国人が購入した場合、仕入れの消費税を還付してくれる。これも不正の温床。

4 金融機関が端末を貸す代わりに、3%も売り上げをかすめ取ろうとしている。

おそらくは、4をやって銀行や端末を作った会社を富ませるために、1〜3を用意して零細小売業者を詐欺の共犯にしたてようということでしょう。

新テストも同じです。
新テストの致命的な問題点は、

A 国語のくだらない記述、英語の外部テストともに、教養を測れない問題である。テスト対策しか受験生はしないから、日本人はアホになるばかりである。

B (国語は)自己採点が非常に困難。量的にいい採点者が予想を出すことは不可能だから、いかがわしい業者が跳梁跋扈する。

C 採点をベネッセが落札している。ベネッセは高校に営業に行き、受験対策本も出す。典型的な、利益相反。
しかも、ベネッセと加計は、裏のつながりがある疑いがある。(←これについては、調査中)某旗振り役の慶應の元教授など、利益相反は、枚挙に暇がない。

D 低所得者、特にへき地在住者は、試験を受ける(たとえば、新潟県なら、新潟、長岡といった都市部にホテルを取って泊りがけで外部テストを何回も受ける)こと自体が、経済的に不可能である。よい人材の教育機会を奪う。国力が落ちる。

結局、
消費税も新共通テストも、
人の迷惑も顧みず、特定の事業者が莫大な利益を上げるシロモノです。


■2020年度から実施予定!大学入試センタ―試験に代わる「大学入学共通テスト」何が変わるの?
(ママスタジアム - 12月01日 09:02)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=176&from=diary&id=5399852
13 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月02日 18:44

    Dについて。

    私の極論ですが、東京に生まれて東京の学校に行き東京で働くという人生ほど、勝ち組はないと思っています。

    私の弟は富山県で育ち、京都の大学を出て、東京で働いていますが、「田舎から東京へ出て働いているヤツはやっぱり根性あるよ。ハンディを乗り越えて生きてるからね」と言うのですが、私もそう思うのです。

    (やっちゃんも同じような形ですね)

    私の弟が京都に進学したのも、当時東京の大学受験は東京へ直接行くしかなく、地方受験ができる関西の大学にしたのです。

    もちろん時代は変わっていますから、そこまでの地方格差はなくなっているのでしょうが、東京に住んでいることや県庁所在地に住んでいることはやはり今でも有利だと思うのです。

    民間のテストを受けて、民間の予備校に行かなければ大学に受からない仕組みになるのならば、田舎の貧乏人には手も足も出ないでしょう。

    やっちゃんも民間の予備校講師だけどね(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月02日 19:00
    > mixiユーザー 

    弟さんの時代より、少しは厳しくなっていると思いますが、
    現在は、都会の予備校に行かなくても、一流大学に合格できます。
    英語にしても国語にしても!読書量だからです。リスニングも、昔はFEN、今はネットやCSなどで鍛える方法があります。

    ところが、年数回、二万も払って外部テストを受けるのは、貧乏人にはキツいですね。
    食うや食わずのご家庭なら、本人がしっかりしていても無理です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!