ホーム > mixiユーザー(id:12410478) > mixiユーザーの日記一覧 > 歪んだ認知をどうするか 2

mixiユーザー(id:12410478)

2019年05月30日17:21

126 view

歪んだ認知をどうするか 2

この事件については、言いたいことが二系統あります。
A 犯人の思考の誤り
B 居場所の問題。
今日は、Aについて。

昨日に引き続き、この岩崎が、秋葉原の加藤智大タイプの、
「世の中が許せない。ぶっ○してやる」と、犯行に及んだものと仮定します。
後で述べるように、これはまちがった認識です。

「認知の歪み」という言葉を昨日使いましたが、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E3%81%AE%E6%AD%AA%E3%81%BF
本来は、こういうものだそうです。

私は精神医学は全く素人ですから、この定義を安易に使うと思わぬ不備が出てきそうです。
いろいろ考えましたが、「間違った認識」としましょう。これならば、妄想も中に入れることができます。


1 私は上皇の御落胤である。
2 私は天才だ。
3 私の悪口をみんなが言っている。
4 国賊民主党の鳩山は、朝鮮人の女中が生んだ子だ。
5 私が不幸なのは、社会が悪いせいだ。
6 今日は、うまくいきそうな気がする。

と、様々なパターンがありますが、
こうしてみると、みんな「正気だ」とわかります。

たとえば、1ですが、「高貴な方の御落胤だ」という妄想は、よく聞きます。
しかし、「私は、埼玉県所沢市北狭山二丁目の、東芝エルイートレーディング株式会社 総務係長 田中守さんの落とし胤だ」という妄想は、聞いたことがありません。

全てが願望の反映です。
自分がそう思いたいから出てきた認識でしょう。
3や4のようなネガティブなものも、願望の裏返しにすぎません。同じでしょう。

刑事事件の裁判では、責任能力が問題になります。
しかし、どう考えても、正常な状態と妄想はなだらかにつながっているとしか思えません。
飲酒時と飲んでいないときのようなものです。
どこで線を引くか…
「指紋を拭く」などの合理的行動がとれるかどうかだそうですが…
どうでしょうかね。疑問ですね。
これらは、完全に正気かつ、完全におかしい人です。

1のご落胤妄想に近い妄想を抱いている人や、4の鳩山由紀夫朝鮮人妄想の人は、実は周囲にいます。
普通に付き合っています。いい人だから、無くて七癖と思ってますし、間違っていても、論理的だからです。
同様に、統合失調になって、妄想の声が、「あいつを殴れ」と言ったので、殴ったは、論理的に筋が通っているとしか言いようがありません。
統合失調の人に、殴られたり刺されたりしたらたまりませんが、
そこまでいかない人は我々と同種の人です。

たとえば、6の「うまくいきそうな気がする」は、根拠がありません。しかし、そのように現実をゆがめて生きているのが我々です。
人生途上のいいことも悪いことも、振り返ったら「奇跡」みたいなものですから。
(ある心理テストで、宝くじについて、「どの売り場で買っても当たる確率は同じ」と答えた人は、正常よりもウツ傾向があるとしていました。よくわかります。)

しかし、
社会のせいでおれはうまく行かないという認識が、どんなに正しくとも、
(確かに社会は悪いです。そのせいで上手くいかない人は大勢います。それは別の問題、Bの問題とさせていただき、機会があったら述べたいと思います。)
だから社会の見ず知らずの人を殺していいというのは、間違いです。
論理として筋が通りません。
1の御落胤妄想は、いかにも頭がおかしいですが、この犯人のおかしさとは、明らかに質が違います。。
私に言わせれば,1よりはるかにおかしな人です。。

どうして、こうなるのか。

助け合い、絆という言葉をアプリオリに受け入れるからです。

いじめの原理がしばしば、「和」「クラスのまとまり」であるのと同じです。

絆なんてあるとは限らない。社会があなたを見向きもしなくても当然だ。
ここからスタートするべきです。



■犯行はわずか十数秒、無言で19人を襲う 川崎死傷事件
(朝日新聞デジタル - 05月29日 11:02)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5639680
4 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月30日 21:14
    やっちゃんさんこんばんは。
    いわゆる「認知の歪み」があったとして、何故どのように生じるのか?ですね・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月30日 21:16
    > mixiユーザー 

    それについては、私は無知ですが、どうも生きる力とコインの裏表のような気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月31日 06:17
    私は、「認知の歪み」と言う言葉は、子育ての為にアドラー心理学を学び始めて知りました。
    アドラー心理学を考えたアルフレッド・アドラー自身が世界で初めて、児童相談所をつくりました。ですので、アドラー心理学は、子育てや教育、人間関係に強い心理学なんです。
    また、アドラーが「教育は予防になる」と言っています。

    鬱も、「認知の歪み」を改善しなければ改善しないそうですね。
    私も診療内科や精神科について詳しくないので分かりませんが…投薬治療での鬱などの改善はなかなか難しいそうですね。
    診療内科に長年通い、15年位(もっとかもしれません)鬱が続いてまともに働けていない同級生がいます。長年、通院していて鬱が改善せずっておかしいです。やはり、きちんと認知の歪みに自分自身で気付き、改善方法を知らなければ良くはならないんだな〜と思いました。

    人は誰でも「私的感覚」と言う考え方や価値観が違います。
    性格の基本が出来上がるのが、0〜10歳の間に誰によってどのように育てられたか。兄弟の何番目かなどによって影響されます。
    そこで出来上がった長年の性格や考え方は、自分ではなかなか気が付かないですし、改善方法も分かりませんから難しいですよね。
    近年、子供達が巻き込まれる事件が多く、犯人の育った環境だったり普段の様子が公表される度、つくづく「教育は予防」なんだなと考えてしまいます。

    母親の影響は、子供達に影響が強いらしく、自分自身の考え方を子供達が引き継いで欲しくないので、大人の人材育成の場である志塾と言う所へ行く事になっています。
    まずは、自分自身がきちんとしていなければ子供や他人をどうこう出来ませんので。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月31日 07:31
    > mixiユーザー 

    書き込みありがとうございます。
    面白いのは、おっしゃる「私的感覚」は、一種の歪みと言わないまでも偏差であり、夢や希望といったものも、偏りだということです。
    偏ってよい…という自己肯定の感覚を作り出すのが幼児教育の重大な使命かもしれません。

    アドラーはよくわかりません。ざっと読んだだけです。

    ただ、いろいろなケースに接すると、親がしっかりしていながら抜けているところがあると、うまくいく。反発の使用がないですし、親そのものや親の陰画にならなくて済むのではないかと思います。

    私事ですが、私自身も家内も、取るに足らない人間なので、真似してほしいともこうはならないで欲しいとも思いませんでした。
    道元が言う通り、現実と虚偽があるのではなく、全てが夢ということでしょうか。いわゆる反面教師や陰画は、元となるものがしょぼいといい成果を挙げませんから。幸運なことに二人の娘はとも社会的には、しっかりしています。
    しかし、このあたりは、親の育て方というより、圧倒的に運です。自信をもって断言できます。モネ吉さんも、親の育て方次第などと、ご自分を追い込まないでくださいね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する