ホーム > mixiユーザー(id:12410478) > mixiユーザーの日記一覧 > 所有権の制限も考えるべきです。マンションの場合は、難しいですが。

mixiユーザー(id:12410478)

2019年05月06日06:57

171 view

所有権の制限も考えるべきです。マンションの場合は、難しいですが。

最近、聞いた話です。
友人のA氏の父親が、90をいくつも過ぎてから、亡くなりました。
相続財産は、銀行預金100万円と、かなりの資産価値がある家屋敷。

ところが、故人は、A氏が生まれる前に、関西の方で、子どもを何人も作った末に、離婚しています。
1 探偵社を使って、父の子ども、該当者が物故していたら、代襲相続人である孫を探してもらう。
2 100万を先妻の子に渡す代わり、A氏の妹が年老いたA氏の母と同居している家の相続権は、妹に認めさせる(父親が離婚後に建てた家だから。後妻であるA氏の母親の寄与はありますが、厳密に言うと、先妻の子どもたちにも相続権はあります。)
という作戦で、一年以上かけて解決しました。

1は、最初に見つけた腹違いの長兄が非常に協力的で、順調に、相続人全員の氏名や処番地が分かったそうで予定よりも安く済んだそうですが、
交渉の交通費やら弁護士費用やらで、50万はかかったそうです。

家屋敷の妹さんへの相続は問題なく認めてもらった上に、100万円は、ゆずりあう形になり、最後は、生れてはじめて会う、腹違いの兄弟や甥姪と、大阪の料亭で和やかに会食したそうです、よかったと言っていました。

うまく解決したのは、A氏は人柄も頭もいいからでもあります。A氏が無能であり、相手がやくざみたいな人だったら、やぶ蛇ということも考えられました。

こういう場合、「風化」を狙う人もいるでしょうね。
相手がどういう人物かわからないから、トラブルを避けたいからです。

また、行方不明など、探しきれない場合もあれば、
相続財産に興味を持たない場合もあります。A氏の腹違いの御兄弟がそうで、亡くなったことも知らなかったそうです。長年、母子家庭で生活していたから、財産というより、実父に関心がなかったのでしょう。

そういうケースの場合、本人はいいかもしれませんが、不動産が宙に浮きます。

近所の空き家がそうでした、新しい家が建って、ホッとしました。
放っておくと白アリの巣になるそうです。倒壊の危険性や、浮浪者が住み着く可能性もあります。浮浪者が住むのは良いです。むしろ有効な利用ですが、火事でも起こされた日には…

もっと、酷いのはマンション。
所有権は放棄できません。
(だから、「住めなくなるまで住む」は、法律的に大間違いです。マイナスになる資産は自治体も寄付を受け付けません。)

だから、皆が積立金を払わなくなり、持ち主が亡くなって、誰も相続しない状況になったら…
たとえば、タイルが剥離して、通行人を傷つけたら、管理組合が連帯して損害を賠償しなければいけません。だから、ゼロではなく、マイナスの資産なのです。

そういうことを考えると、墓地のように、
「十年間、音沙汰がなければ、国庫が没収する」
という規定を作ってもいいと思いますが…

その規定が苦しいのは、やはり、マンション。
一室の相続が進まず、所有者と連絡がつかなくなっても、他の部屋に人が住んでいたら、マンションごとぶっ壊すわけにはいきません、

考えよう! マンションの諸問題
https://mixi.jp/view_community.pl?id=4565617



■空き家850万戸、自治体の撤去は118件 進まぬ交渉
(朝日新聞デジタル - 05月05日 18:31)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5607613
11 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月07日 10:27
    私の祖父と祖母が亡くなり、二人の住んでいた家が空き家になりました。

    不動産屋に売却しようとしましたが、タダでも買えないと言われました。

    (実際私もタダでもいらないのですが)

    市役所に土地を寄付しますと申し出ても拒否されました。

    ここまでは私も理解できます。

    事実、私も価値がないと思っていますから。

    しかし納得いかないのが、客観的にも資産価値ゼロと見なされた不動産にも、役所は当たり前のように税金をかけてくるのです。

    いやゼロに何かけてもゼロでしょ?!

    しかも役所は、土地の管理まで我々遺族に求めてきます。

    まさにやっちゃんのいう、ゼロどころかマイナスの話です。

    倫理観を無視すれば、空き家問題でもめている当事者であっても知らんぷりをするやり方は、一つの手段として理解できます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月07日 10:53
    > mixiユーザー 

    おっしゃる通りです。
    課税は、おかしいです。
    行政訴訟しかないですが、金もエネルギーもかかります。

    しかも、そねがマンションやビルなら、上物にも課税されてかなりの額になる場合もあるようです。

    知らんぷりするのは、いい手ですね。倫理的にも間違っていないかもしれません。まあ、こういうことがあるから、東京一極集中が起きるわけです。行政の無策以外のなにものでもないと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月12日 09:40
    別のニュース記事からたどりつきましたm(_ _)m

    > アラビカさん 
    リアルな体験談、読みいってしまいました。
    価値0(管理費でマイナス)に税金という不条理。
    むしろ管理を支援すべきでしょう。

    > やっちゃんさん 
    拝読して、最近気になっていることを思い出しました。
    「相続放棄」ってどうなんでしょうね?
    そんな余計なことするよりも
    「知らんぷり」しておく方が楽ってことでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月12日 14:02
    > mixiユーザー 

    相続放棄についてです。

    そこは(国や自治体にとって)うまくできてまして、全てを放棄するのならできます。

    つまり、不動産以外の現金や家財も含めて全ていらないというのならばできるわけです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月12日 14:58
    > アラビカさん
    ご説明ありがとうございますm(_ _)m

    確かに、現金または家財を諦めきれない人にとって、
    相続放棄は選択しづらいですね。

    しかしその一方で、現金や家財も諦めるので、
    相続放棄します、という人も多い気がします。
    現金はその後の税金や管理費の支払いでいつか底を付くし、
    家財は引き取るのも処分するのも手間かつ有料ですから。

    相続放棄は、
    手続きが煩雑なのか、期限が短過ぎるのか、世間体が悪いのか、
    もしくは、当方が知らないだけで、やる人は皆やっているのか
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月12日 22:08
    > mixiユーザー 

    ご返信が遅れて、申し訳ありません。
    私の理解では、
    アラビカさんが、おっしゃる通りです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月13日 23:14
    マンションにそういうリスクがある事
    全く知りませんでした

    売りたくても手放せない、寄付もできない
    そういうものなのか

    そういえば祖父が亡くなった時
    祖父と同居して家を継いでた三男の叔父に、家屋くらいしか相続するものはなかったので
    母含む兄弟たちは相続放棄をしたのですが

    代襲相続人の孫が金を寄越せと言ってきました

    その孫の親であるロクデナシの叔父はその子らに1人一千万円以上の遺産を残してるんですが

    祖父の家は売っても推定3百万、それを兄弟6人の数で割ったら50万ですかね

    人間大金を手にしててももっとほしいもっとほしいと思う人もいますね

    父親である叔父の病気の世話も拒否、死後のお骨の受け取りも拒否、すべて三男の叔父に押し付けてきた事を問いただしたら放棄すると言ったそうです

    遺産相続は大変です…

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する