ホーム > mixiユーザー(id:12410478) > mixiユーザーの日記一覧 > 「人前で化粧してはいけない」というタブー。考え方が古いのでは?

mixiユーザー(id:12410478)

2017年06月06日09:13

696 view

「人前で化粧してはいけない」というタブー。考え方が古いのでは?

昔の化粧は、欠点を隠すものでした。
だから、確かに、風呂や便所と通底するものがあったかもしれません。

しかし、今は、化粧は表現です。
全く別のものに変わるという、アイデンティティの変容ですから、いいのではないでしょうか。

大体、マナーというものは、明かに人迷惑なものを除いては、
コンビニの客のクレームと同じで、
一部の理があるからと言って、それをカサにかかって押し付けてくる、そういう図々しさや攻撃性というものがあり、昔から好きになれません。

また、
「素顔を人に見られたくない」が日本文化だ…
というところは、大いに違うでしょう。
中古の貴人の未婚の女性だけでしょうね。

この問題は、なかなか、面白いです。
私は学部も院も国文でしたので、
「結婚するまで、処女であるべきだ」という、戦前から高度成長にかけての一般常識を調べたことがあります。
それは決して庶民が持っていた価値観ではありません。
江戸末期の武士の価値観、明治のキリスト教経由の日本のエスタブリッシュメントの価値観が、庶民に乗り移ったものでした。

ワインが流行ると、いつの間にか、バーでグラスを回すようになるのと同じ。そんなフランス人は(一部マニアは知りませんが)パリの酒場では見たことがありません。

お直しならセーフ!?  電車で化粧する人の心理、それが気になる人の心理
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=134&from=diary&id=4606885
9 25

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 09:27
    昔のいわゆる和式の便所・厠には鏡がなかったように思われますが、トイレを化粧室という言い方もあります。トイレに鏡が置かれるようになったのはいつからなんでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 09:39
    > mixiユーザー 

    近代ホテルと、軌を一にしています。西洋式の帝国ホテルなど、皇室が大株主だったくらいで、国策会社でした。それまでの、母屋から離れた便所から、母屋に付属して便所が設けられ、パウダールームも付属した形ができ、カレーと同じであっという間に全国に広がったと思われます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 09:45
    トイレと洗面所が一緒になったのは「水洗」が大きいんでしょうね。上下水道の配管はひとまとめにしたいでしょうから。化粧に関しては逆に「ジロジロ見るな」と言いたいですね。赤の他人に関して「見て見ぬふり」こそ、日本の伝統でしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 09:47
    ニュースより失礼します。
    色々調べられたそうなのでお聞きしたいのですが、外国では、主に日本に西洋文化を持ち込んだ欧州では人前で化粧するのは娼婦という感覚ではないのでしょうか?
    以前そのような話を聞いたことがありまして、電車内で化粧する女性を見た外国人が驚いたということです。
    これらは観点としては古いものかもしれませんが「これからは女性も人前で堂々と化粧を!」という時代は、少なくても私達が生きている間は来ないように思えます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 10:03
    > mixiユーザー 

    もしかしたら、東京の西洋式ホテルの水洗化は、早かったかもしれませんね。そこまで知りませんが、今度調べておきます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 10:06
    > mixiユーザー 

    なるほどです。西洋の価値観と考えれば、つじつまが合います。私が「調べたのは、処女に関してです。古文は専門ですから、何となく知っているということで、化粧についてはあまり調べていません。ちなみに結髪は、明治期には、井戸端で行っていましたから、おっしゃる通りに考えれば、整合性がありますね。ありがとうございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 11:17
    こちら地方だからなのか、電車で化粧してる女性は見かけませんが、都会ではよくあることでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 11:37
    > mixiユーザー 

    それほどではありません。稀な例をあげつらう底意地の悪さを感じます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 11:42
    マナーや常識を口うるさく言う人は、意外にただ個人の価値観を押し付けているだけの人もいるのではないでしょうか。

    (自戒を込めて)

    ちなみに私はこれを「My Justice」と呼んでいます(笑)

    電車内の化粧など、良い大人がジャンプ読んだりスマホゲームに熱中しているみっともなさと、大差ないように思えます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 11:48
    > mixiユーザー まれだということは、女性一般に公衆の中では化粧はしないというのが常識となってるのでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 11:49
    > mixiユーザー 

    最近、そういう輩が多くなって嫌ですね。
    人と自分は違うのだから、黙っていればいいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 12:06
    > mixiユーザー 

    文句を言われるのが嫌だからかもしれません。堂々と化粧している人もいます。若い人ですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 12:57
    >昔の化粧は、欠点を隠すものでした。

    えええexclamation & question

    江戸末期までの化粧は身分や経済力・地位を証明するものだったハズですがexclamation & question
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 16:04
    > mixiユーザー 

    戦前から高度成長、バブル前くらいまでですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 18:24
    > mixiユーザー 

    それは歌舞伎の世界では?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 18:53
    > Dr.まり子さん
    歌舞伎役者だけではなく、江戸時代のお公家(男性)も化粧をしてましたし既婚女性は鉄漿してたそうですよ。

    主さん、横 失礼しました(:D)┓ペコリ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 19:20
    皆さん、ありがとうございます。
    私が昔と言ったのは、戦前からバブルの頃までを指しましたが、
    江戸に目を転じると、
    歌舞伎、婚礼、それから祭礼など、それぞれ異なる意義のものが見つかります。
    祭礼の稚児などは。また違った意味でしょうし。

    暇があったら多様な化粧について考えてみたいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 19:39
    みんなの日記から
    いけないっていうか、私はみっともない投稿思います
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 19:55
    > mixiユーザー 

    どこがですか? 理由をおっしゃってください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 19:57
    > mixiユーザー みっともないという思考に『理由』が必要ですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 20:01
    > mixiユーザー 
    必要ですよ。必要ないなら、穴でも掘って、その中へ叫んでください。
    お引き取りください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 20:05
    > mixiユーザー はーい💕(^ ^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 21:25
    > mixiユーザー 
    少し古いでしょうが、
    山崎千里さんが、すごいですね。「今日はガングロ、明日は美白で目力のある私」など。化粧は新しい局面を迎えていると思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月06日 23:28
    My Justice が現れた(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月07日 06:37
    > mixiユーザー 
    >アラビカさん

    化粧も、My Justiceも、悪い意味で人のことに興味を持ち過ぎだと思います。たとえば電車の中の赤の他人の女性に声を掛けるなどということは、一生に一度あるかないか…ということだと思います。あきら香さんが言われた通り、人の幸せを願うという、淡い素朴な感覚があればいい、それだけだと思います。他人ですから、節度が必要でしょう。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年06月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930