mixiユーザー(id:12290887)

2020年03月30日23:31

370 view

昔の時刻表で、なつかしい光景を思い出す

 以前のつぶやきでも書きましたが、私の運転士の師匠が「もう要らないから」と言うことで鉄道模型と国鉄時代の古い時刻表を巨大な箱に入れて私に送ってくれました。
 鉄道模型は今後手を加える事にしまして、多数の時刻表は時間の出来たときにじっくりと読んでみようと考えていました。
 
 本日、1980年8月号を見てみることにしましょう。これは昭和55年ですので、私が高校時代の頃です。

フォト


この頃の交通公社の時刻表のお値段は600円。まだ消費税もなかった頃ですね。



この頃の列車の特徴ですが、この画像を御覧下さい。

フォト


 冷房のある臨時列車一覧とあります。この時刻表は8月号ですので夏休みであり、繁忙期の臨時列車が多数運転されていました。当時はまだ冷房装置が付いていない車両が多数存在していました。電車は冷房装置が整備されていましたが、気動車や客車はまだ冷房装置の付いていない車両が存在していました。定期列車でも編成内の一部の車両に冷房装置が付いていないのも当たり前でしたね。まあ窓を全開して対処していましたが、まだこの当時はそんな事が当たり前の感覚でしたね。


フォト


 この昭和55年当時はブルートレイン全盛期でした。
 九州各地から大阪駅や新大阪駅を目指す、寝台特急の「明星」、「あかつき」、「なは」、「彗星」がブルートレインや、583系電車で運転されていました。更にブルートレインの後には、多数の急行荷物列車が九州から汐留駅を目指して走っていました。


フォト


 私はブルートレインで最初に思い出すのは、この当時に住んでいた青森市で毎日のように見ていました寝台特急「ゆうづる」たちです。
 夜の青森駅のホームに立ちますと、他では見ることの出来ない光景を体験できました。
 上野行きの「ゆうづる」が青森駅のホームにズラ〜ッと並ぶ光景は本当に壮観でした。
 画像をよく見て下さい。

 青森駅の発時刻ですが、
ゆうづる2号・・・18時50分発
ゆうづる4号・・・18時54分発
ゆうづる6号・・・19時15分発
ゆうづる8号・・・19時20分発

 上野行きのブルートレインの「ゆうづる」が4本も青森駅のホームに並ぶのです。しかしこれだけではないのです。


フォト


 奥羽本線経由で青森から大阪に向かう寝台特急「日本海4号」も青森駅のホームに並びます。
日本海4号・・・19時23分発

 つまり5本のブルートレインが、函館からの青函連絡船8便と18便からの乗客を乗せて上野や大阪に向かうのです。



フォト


 これらの「ゆうづる2〜8号」までの編成ですが、この編成表からどんな形式の車両を使っているかおわかりでしょうか?
 2号〜6号は11両編成の寝台車に荷物車が連結されています。これは集中電源方式の24系客車で、青森運転所所属の24系24型客車です。
 そして8号は12両全てが寝台車でして、これは尾久客車区所属の14系14型客車です。この編成はゆうづる8号と9号以外に、上野〜盛岡間の寝台特急「北星」と上野〜金沢間の「北陸」の運用にも就いていました。

 たしか、これらのゆうづるは、発車30分ほど前に青森運転所からDE10の牽引で青森駅に順番に据え付けられます。そして青森機関区から水戸までの牽引を担当する青森機関区所属のED75が単機でやって来て客車と連結します。そんな光景が5本連続して続くのです。日本海4号だけは秋田機関区所属のED75 700番代の牽引となります。この当時はまだEF81は青森駅まで来ていませんでしたので青森県内を走る電気機関車はED75だけでした。
 実は、このゆうづる2号の前に、奥羽本線経由で上野駅を目指す「あけぼの4号」がいますが、この当時はまだ20系客車を使用していたような・・・?
 最後尾は切妻のナハネフ23でして、秋田で2両増結して最後尾はナハネフ22になります。また電源車にはパンタグラフを外したカニ22が連結されていました。
 青森駅のホームに立っていますと、カニ24やカヤ24やスハネフ14の発電用のディーゼルエンジンが唸っているわけです。青森駅は1番ホームから6番ホームまで有りまして、1番線から4番線までがゆうづる。5番線には日本海4号。そして津軽線専用の6番線には津軽線のキハ22の6両編成が停車しまして、全てのホームでディーゼルエンジンが唸っているわけでして、ホンマ迫力があります。実際この時間帯の青森駅のホームに立っていますと、全国でもこれだけの本数のブルートレインがズラ〜ッと並んで停車する駅なんて他には無いと思うのです。今思うと貴重な体験をさせていただきましてホンマ幸せです。

 21時台と23時台には583系電車のゆうづる10号〜14号と、東北本線経由のはくつるがホームに並びますが、4本同時には並びません。上野からやって来る下りの特急「はつかり」のためにホームを開けないと行けませんし、寝台特急を補佐する急行「十和田」や「八甲田」が上野に向けて旅立ちます。
 それにしても優等列車の本数は多いけどローカル列車の本数は・・・(泣)

フォト

 ところでこの画像をもう一度御覧下さい。
 あけぼの4号の左側に・・・「かっぱ」と言う列車がいたのですね!!
 これは知りませんでした。思わぬ発見があるものです。出来る事であれば、この列車名を復活させて欲しいものです。

 古い時刻表は本来の目的ではもう使用することは出来ません。しかしこういった使い方ではまだまだ使い道があるものです。
 見ているだけであの頃を思い出してしまいます。青森駅のホームに漂うディーゼルエンジンの排煙、ED75の甲高いホイッスル。静かに動き出す24系客車。最後尾に輝く、赤いゆうづるのテールマークと2個の尾灯・・・。やはりあの頃は良かったですね!
6 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月30日 23:44
    国鉄時刻表懐かしです。当時小学生 阿蘇、くにさき懐かしです。東北特急見ないままのち廃止。残念です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月31日 05:32
    国鉄監修交通公社の時刻表!今のJTB時刻表の前身ですね。愛用していました(^^)/(そのせいか今でもJR時刻表よりJTB時刻表の方が使い易いです)。1980/昭和55年8月号、表紙のカットはおそらく今は亡き山陰本線保津峡駅ですね(尤も…嵯峨野観光鉄道として奇跡の復活を遂げましたが…武庫川武田尾渓谷観光鉄道は何処に?)(え?)。当時は旅客列車にくわえて荷物列車=扱い上は旅客列車なので別枠にするのは語弊もありましょうが旅客は乗れないと言うことで=も載っているのは重宝しました(地元ではEF58=稀にEF61=のエスコートする[客車]編成に往年の客レをオーバーラップさせ眺めたモノでした)。[
    あけぼの]4号の注記、確か(この列車を青森〜福島間を途中下車しないでご利用になる時は奥羽本線経由であっても東北本線経由の運賃で計算します)と言った主旨の記載だったかと。同列車は勿論のこと、同じく間を走る[津軽]も確かそういう扱いでした(故に上野〜弘前間で乗ると上野〜青森間より手前で下りるにもかかわらず上野〜青森間より高く付いたとか…)(^^);上越線・羽越本線経由の[鳥海][出羽]なども上野〜秋田間では奥羽本線経由の運賃、首都圏〜北陸間の[はくたか][北陸]などは高崎〜直江津間上越線経由であっても信越本線経由の運賃…と言った特例もあったように記憶しています。
    [かっぱ]号、海水浴客目当ての臨時列車ですね(あれ?河童って…川に棲む淡水系では?海だったら[ウミガメ]とか[マーメイド]とかの方が?)(おい!)列車番号にMもDも無いところを視ると客レ!…この当時なら12系ですね。DE10にエスコートされ走っていたのですね。定期の客レのオハ61とは雲泥の差ですね(^^);(或いは50系に置換えられていたかも知れませんが…冷房の有無は夏場には決定打になりますね)。かつては宮原や向日町で日中待機している10系寝台車を引っ張り出して9600に牽かせた[はしだてビーチ]なんて列車もありました(12系登場前とにかく冷房車をと言うことで当時=昭和40年代前半=数少ない冷房車だった10系寝台車に白羽の矢が立った由)。
    [あけぼの]と[日本海4号]の前後の普通列車いずれも客レですね。50系?それとも在来一般型?ED75-700は確かMR管があったので支障は無いでしょうがあれ?EF81は?MR管ありましたっけ?北陸本線では50系の牽引機はMR管装備のEF70-1000限定運用でしたが…20系時代の[日本海][あけぼの][北陸]用にMR管装備車で限定運用でも組んでいたのでしょうか(然し改番されたと言う話は寡聞にして聞いていません。とはいえ改造したなら何らかの区分も欲しいところ)。速達性よりもが有効時間帯発着が重視される夜行列車とはいえまさか最高速度を95km/h以下に抑えてMR管無しでも大丈夫なようにしていたのでしょうか?(それが出来るならわざわざ長岡のEF58改造しなかったでしょうし…)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月01日 21:36
    > 青列車さん。私もJTB時刻表の方が読みやすいため今でも愛用していますが、流石に老眼のため文字の大きい時刻表になってしまいましたが・・・
    福知山線の廃線跡は、嘗てにハイキングコースになってしまいました。トンネルの一部はキノコ栽培の工場になりました。
    急行荷物列車は、廃止後に光が当たったというか、現役当時はあまり注目もされなかったような。
    「かっぱ」号ですが、果たして12系客車を使用したのかどうか? どうも12系ではなく61系客車だったのでは無いかと思うのです。というのが、当時は12系客車も定期急行に使われることが多く、この臨時の普通列車である「かっぱ」号につかわれる事は無かったと思うのです。そして五能線ですので冷房はそれほど必要ないと思われていたのではないでしょうか。実は青森県内を走るディーゼル急行は全て非冷房車(グリーン車を除く)でしたから。
    それからEF81ですが、全機元ダメ管を持っておりました。
    電機の場合、重連可能タイプ、20系客車や10000系高速貨物よりも後に登場した電機は最初から元ダメを付けています。北陸本線の50系客車牽引では客車の自動ドアの間系で元ダメ管の引き通しが必要で、そのためにEF70 1000番代限定となったわけで、この運用にEF81が入っても別段問題は無かったと思います。
    ところで東北新幹線開業前の東北本線筋は、長距離客車列車の宝庫でした。それらについての資料もありますので、またこの日記に掲載したいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月03日 05:57
    > くもじい様
    ご教授有難う御座います。EF81は元々MR管があったのですね。それなら50系も20系もどんと来い!ですね(^^);
    北陸本線のEF70-1000限定運用はいざとなったらEF81も対応出来たのですね(尤も…EF81の運用を増やすよりEF70で賄える運用はEF70に任せた方が予備車のやりくりでも有利だったのでしょう。それに…EF70なら赤2号塗装で50系客車とも統一感がありますが当時のEF81は赤13号ですから統一感では今ひとつなのも影響したのでしょうか?…って当時の国鉄が優等列車ならいざ知らずローカル客レに其処まで拘ったりはしなかったでしょうが…)(^^);

    東北本線の客レ、かつては上野から郡山や一ノ関へも直通する列車がありましたね。EF56・EF57は身近にいなかったのでさして思い入れはありませんがEF58の牽く長距離鈍行は乗ってみたかったです(地元でガキの頃乗れたのは極短距離でした)。1978/昭和53年のダイヤ改正でそれらの列車は直流区間がぶった切られてしまいましたが…軌道整備が進み線形も改良された幹線を電機牽引で高速運転する客レは蒸機牽引のそれやDL牽引のそれとはまた違う魅力があり意外と乗り心地も良かったのは懐かしい思い出です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年03月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031