mixiユーザー(id:1208808)

2020年08月30日16:46

9 view

映画『ブックスマート』

女子による下ネタ満載の青春コメディ。イタイけど笑っちゃう面白さ。

でも、それよりも目からウロコだったのがキャスティング。

主役の生徒会長の女の子はかなりドスコイ、相方の親友もけっこうけっこうゆるい体型。出演キャストのほとんどが容姿的に残念なチーム。作中でカッコイイと言われている生徒会副会長も、たいしたことない。ほぼ同世代の話の『WAVES』と比べると、キャストの容姿偏差値は天と地ほど違う。この映画のキャスティングが現実世界に近いんだろうと思う。
振り返って考えてみると、これまで見て来た青春映画にでてくる子って、大抵スタイルや顔だちがそれなりに整ってて、地味でもあんまりブサイク寄りの子っなかったような気がする。おまけに太ってる子がいても、それはキャラ設定としてのおデブ。ところが、この映画では、ブサイク寄りでも、太っていても、それがキャラ設定として使われていないので、容姿についての言及はない。ようは、普通の高校生はたいしてスタイルも良くないし、顔立ちがそこそこ整っているわけでもない、っていう当たり前のことを再現してるだけなんだと思う。それを斬新だと思うのは、映画の中に体型や容姿の多様性があまりなかった、ってことなのかもしれない。まあ、自分がそんな映画ばかり見て来たのかもしれないけど。

この映画のキャスティング思想はいいとは思うけど、
美しい人たちによる映画には、そういう映画ならでは魅力もあるので、
全てがこの映画みたいなキャスティングなって欲しくはないなあ。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する